「Apple TV+」タグアーカイブ

PS5とPS4で「Apple TV」アプリを提供

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、「PlayStation 5」で「Apple TV」アプリを提供すると発表しています。

PlayStation 5では発売日の11月12日(木)より、Apple TV+やApple TVチャンネル、映画、テレビ番組などを視聴できるApple TVアプリが利用できるようになります。さらに、PlayStation 4でも提供されます。

「HomePod mini」と「Apple TV」はUWBベースステーションに

リーカーのジョン・プロッサー氏が、「HomePod mini」と新しい「Apple TV」はUWB(Ultra Wide Band、超広帯域無線通信)ベースステーションとして機能するようだと伝えています。

HomePod miniと新しいApple TVは、高精度な位置測位が可能な超広帯域無線通信用のU1チップを搭載し、家の中の他のU1チップ搭載デバイスの位置を追跡して、メディアコントロール、明るさ/音量調整、ドアロックや、「探す」アプリでU1チップ搭載デバイスが移動した際の通知などに利用できるようになるそうです。

HomePod miniは日本時間10月14日(水)のApple Eventで発表され、11月に99ドルで発売されると噂されています。Apple TVの新モデルは今回のイベントでは発表されないとのことでです。

スーファミのコントローラーのようなApple TV Remote用ケース

Elagoが、スーパーファミコンのコントローラーのようなApple TV Remote用ケースを発売しています。

R4 Retro Apple TV Remote Case」は、スーパーファミコンのコントローラーをモチーフにしたシリコン製のApple TV Remote用ケースです。

カラーはライトグレー、ブラック、レッド、ブルー、ホワイトの5色で、価格は14.99ドルです。

Apple、サブスクリプションバンドル「Apple One」を10月より提供

9to5Macが、Appleは「Apple One」というサブスクリプションバンドルを10月より提供するようだと伝えています。

Bloombergの報道によると、Appleは自社の複数のサブスクリプションサービスをバンドルしてより安い月額料金で提供する計画で、早ければ10月にも提供が開始されるようです。

バンドルは、Apple MusicとApple TV+が基本パッケージで、Apple Arcade、Apple News+、iCloudストレージを追加したバリエーションも提供されるとのことです。

iOS 13.5.5のベータ版のコードには、Appleのサブスクリプションサービスに関連する「bundle offer」(バンドル・オファー)や「bundle subscription」(バンドル・サブスクリプション)といった記述が追加されていました。

LGのテレビが「Apple TV」アプリに対応

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社が、2018年以降に日本国内で発売した有機ELテレビ/液晶テレビが「Apple TV」アプリに対応すると発表しています。

2019年と2020年に発売された機種は、本日よりソフトウェアのアップデートによりApple TVアプリに対応します。

2018年モデルは年内に対応する予定とのことです。

Elago、Siri Remote用ケースを発売

Elagoが、Siri Remote用ケース「R3 Protective Case」を発売しています。

R3 Protective Caseは、シリコン製のケースです。ストラップホール付きでリストストラップが付属しています。

カラーはブラック、ナイトグローブルー、ラベンダーグレー、ミッドナイトグロー、ネオンイエロー、レッド、サンドピンク、ホワイトの8色で、価格は12.99ドルです。

Apple、「Apple Music」「‌Apple TV‌+,」「‌Apple News‌+」のバンドルを計画

9to5Macが、AppleはApple MusicやApple TV+などのバンドルを計画しているようだと伝えています。

昨年Bloombergは、早ければ2020年にもApple Music、Apple News+、Apple TV+をバンドルして提供するために各社と交渉していると報じていましたが、iOS 13.5.5 betaのコードにはAppleのサブスクリプションサービスに関連する「bundle offer」(バンドル・オファー)や「bundle subscription」(バンドル・サブスクリプション)といった記述が新たに追加されているそうです。

Financial Timesは今年3月に、Appleは今年、一部の大手レコード会社とApple Musicの新たな複数年契約を交わしたものの、他のサービスとのバンドルについての合意は含まれていないとレポートていました。

今年発表されるAppleの新製品

MacRumorsが、Bloombergのマーク・ガーマン氏がPeriscopeのライブ配信で、フォロワーからの質問に答える形でAppleの新製品に関する情報を提供していたと伝えています。

ガーマン氏によると、今年発売される新しい「iPhone」は5.4インチと6.1インチのローエンドモデル2機種と、6.1インチと6.7インチのハイエンドモデル2機種の計4機種のラインナップで、ハイエンドモデルにはLiDARスキャナを搭載するとのことです。

他の製品については、デザイン刷新の可能性もある新しい「iMac」や、シザー構造キーボード採用の14インチ「MacBook Pro」、小型の「HomePod」、新しい「Apple TV」、16インチ「MacBook Pro」のアップデート(10〜11月頃)、睡眠トラッキング機能が追加された「Apple Watch Series 6」、紛失防止タグ「AirTags」、ハイエンドヘッドフォン(秋頃)などが今年発表されると述べています。

キッズモードとスクリーンタイムを搭載した「tvOS 14」、最大128GBの「Apple TV」

9to5Macが、Appleは新しい「Apple TV」を準備しているようだと伝えています。

iupdateThe Verifierのレポートによると、新しいApple TVはストレージ容量が64GBと128GBに倍増されるとのことです。

また、「tvOS 14」には、子供専用の個別アカウントを設定できる「キッズモード」や、Apple TVでどのように時間を費やしているか確認できる「スクリーンタイム」が搭載されるようです。