「Apple TV+」タグアーカイブ

キッズモードとスクリーンタイムを搭載した「tvOS 14」、最大128GBの「Apple TV」

9to5Macが、Appleは新しい「Apple TV」を準備しているようだと伝えています。

iupdateThe Verifierのレポートによると、新しいApple TVはストレージ容量が64GBと128GBに倍増されるとのことです。

また、「tvOS 14」には、子供専用の個別アカウントを設定できる「キッズモード」や、Apple TVでどのように時間を費やしているか確認できる「スクリーンタイム」が搭載されるようです。

iOS 14に新しい「iPad Pro」「iPhone 9」「Apple TV」に関する情報

9to5Macが、流出した「iOS 14」のコードには、新しい「iPad Pro」「iPhone 9」「Apple TV」などに関する情報が含まれていると伝えています。

新しいiPad Proは、広角レンズ、超広角レンズ、望遠レンズと、AR機能で利用するとみられるTOFセンサーを搭載するようです。

春に発売されると噂されているiPhone 9またはiPhone SE 2と呼ばれる低価格iPhoneは、「Touch ID」や、Apple Payで運賃を支払うことができる「エクスプレスカード」をサポートするとのことです。

tvOS 13.4 betaのコードには「Apple TV」の新モデルに関する記述が含まれていましたが、iOS 14には新しいApple TVのリモコンに関する情報も含まれているそうです。

ロジクール、マルチデバイスBluetoothキーボード「K380」に新色追加

株式会社ロジクールが、Bluetoothキーボード「K380」の新色ローズとオフホワイトを発売すると発表しています。

K380は、Mac、Windows PC、iPhone/iPad、Apple TV、Androidデバイス、Chrome OSデバイスに対応したBluetoothキーボードです。最大3台のデバイスに接続可能で、キーで切り替えることができます。

直販価格は4,130円(税別)で、1月30日(木)発売予定です。

Apple TV+の「ザ・モーニングショー」がゴールデン・グローブ賞にノミネート

Apple Inc.が、Apple TV+の「ザ・モーニングショー」が第77回ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたと発表しています。

ザ・モーニングショーはテレビ部門のドラマ作品賞と、主演のジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンの2人がドラマ主演女優賞にノミネートされています。

第77回ゴールデン・グローブ賞の授賞式は2020年1月5日(日)に開催されます。

「Apple TV+」がサービス開始

Apple Inc.が、ビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」の提供を開始しています。

Apple TV+は、月額600円でAppleオリジナルの番組、映画、ドキュメンタリーなどを視聴できるサービスです。様々な言語の吹き替え、字幕、音声ガイドが利用可能です。

Apple TV+は、iPhone、iPad、Mac、Apple TVのApple TVアプリや、Samsungのスマートテレビ、Roku、Amazon Fire TV、tv.apple.comで視聴できます。

7日間の無料トライアルを提供中で、9月10日(火)以降にiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVのいずれかを購入した方は、1年間無料で利用可能です。

「Apple TV+」、11月1日(金)より月額600円でサービス開始

Apple Inc.が、オリジナルのビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を11月1日(金)より開始すると発表しています。

Apple TV+は、月額600円でAppleオリジナルの番組、映画、ドキュメンタリーを視聴できるサービスで、7日間の無料トライアルも提供しています。

さらに、9月10日(火)以降にiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVのいずれかを購入すると、Apple TV+を1年間無料で視聴できます。

Apple TV+は、iPhone、iPad、Mac、Apple TVのApple TVアプリで視聴できます。また、スマートテレビ、ストリーミングボックス、ストリーミングスティックでも視聴できるようになります。

tvOS 12.2.1

Apple Inc.が、Apple TV 4KとApple TV(第4世代)向けに「tvOS 12.2.1」を配布しています。

このバージョンでは、パフォーマンスと安定性の向上が含まれています。

Apple、オリジナルのビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を発表

Apple Inc.が、オリジナルのテレビ番組、映画、ドキュメンタリーを配信するビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を発表しています。

Apple TV+では、司会者でプロデューサーのオプラ・ウィンフリーさんや、映画監督のスティーヴン・スピルバーグさん、M・ナイト・シャマラン、女優のジェニファー・アニストンさん、リース・ウィザースプーンさん、映画プロデューサーのJ・J・エイブラムスさんなどが参加するオリジナル作品が楽しめます。

Apple TV+は秋より100カ国以上で提供される予定です。

また、新しい「Apple TV」アプリと「Apple TVチャンネル」機能を発表しています。新しいApple TVアプリは、iPhone、iPad、Apple TV、Mac、スマートテレビ、ストリーミングデバイスで、テレビ番組、映画、スポーツ、ニュースなどを1つのアプリで発見・視聴できるようになっています。また、Apple TVチャンネルは、Apple IDを使用してShowtimeやCBS、MTVといったチャンネルを登録してApple TVアプリで視聴することができます。

新しいApple TVアプリは、iPhone、iPad、Apple TV版が5月より、Mac版は秋より提供されます。また、春からはスマートテレビでも利用できるようになります。