「Mac mini」タグアーカイブ

Apple、M2シリーズ搭載Mac/iPadを準備 「M3」は来年登場

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはM2チップを搭載した複数のMac/iPadを準備しているとレポートしています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleは以下のM2チップ搭載Mac/iPadを準備していると述べています。

  • M2を搭載した11インチと12.9インチの「iPad Pro」
  • M2を搭載した「Mac mini」
  • M2 Proを搭載した「Mac mini」
  • M2 ProおよびM2 Maxを搭載した14インチと16インチの「MacBook Pro」
  • M2 Ultraおよび「M2 Extreme」を搭載した「Mac Pro」

さらに、AppleはAR/VRヘッドセットの最新試作機にも16GBのメモリを備えたベースのM2チップを採用しているとのことです。

Appleはすでに「M3」チップに取り組んでおり、早ければ来年にも新しい13インチと15インチの「MacBook Air」(コードネーム:J513、J515)、新しい「iMac」(コードネーム:J433)、12インチラップトップへの搭載を計画しているそうです。

今年発売される「iPhone 14」シリーズは引き続きLightningが採用されるそうですが、2023年にUSB-Cに変更されるとガーマン氏は予想しています。iPhone 14 Proは常時表示ディスプレイを搭載すると述べています。USB-CについてはA14チップ搭載・5G対応の新しいローエンドiPadにも採用されるそうです。

iPadについては、来年か再来年に14〜15インチのディスプレイを搭載した機種が発売されると予想しています。

他にも、「HomePod」や「Apple TV」の新モデルも準備されているそうです。

コードネーム「B620」と呼ばれる新しいHomePodは、初代HomePodに近いサイズとオーディオ性能で、Apple Watch Series 8と同じ「S8」チップを搭載し、上部にアップデートされたディスプレイを備え、マルチタッチ機能の噂もあるとのことです。発売は来年になるようです。

さらに、コードネーム「J255」と呼ばれる新しいApple TVは、A14チップや容量がアップしたメモリを搭載するそうです。

新しい「Mac mini」の機種ID、Studio Displayのファームウェアで見つかる

MacRumorsが、スティーブ・トゥロートン・スミス氏によると、Studio Displayのファームウェアにまだ発売されていない「Mac mini」の機種ID「Macmini10,1」が含まれていると伝えています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は以前、AppleがM2チップ搭載Mac miniを今年に発売する計画であると述べていました。

また、9to5Macは先月、Appleがコードネーム「J473」と呼ぼれるM2モデルと、コードネーム「J474」と呼ぼれるM2 Proモデルの2機種のMac miniを準備しており、まもなく開発が完了するようだと伝えていました。

Apple、M2/M2 Proチップ搭載「Mac mini」を準備

9to5Macが、AppleはM2チップやM2 Proチップを搭載した新しい「Mac mini」を準備しているようだと伝えています。

Appleはコードネーム「J473」と呼ぼれるM2搭載モデルと、コードネーム「J474」と呼ぼれるM2 Pro搭載モデルの2機種のMac miniを開発しているとのことです。

M2 Mac miniの開発はまもなく完了するようで、今年発表される見通しとのことです。

M2チップは4つの高性能コアと4つの高効率コアからなる8コアCPUと10コアGPUを搭載し、M2 Proチップは8つの高性能コアと4つの高効率コアからなる12コアCPUなどを搭載するようです。

M1は8コアCPUと7〜8コアGPU、M1 Proは8〜10コアCPUと14〜16コアGPUを搭載しています。

Appleの27インチディスプレイは2021年、「Mac Pro」「iMac Pro」は2023年発売ーーミンチー・クオ

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏がAppleのデスクトップ製品の予想をツイートしていると伝えています。

クオ氏は、よりパワフルな「Mac mini」と、ミニLED非採用でより手頃な価格の27インチ外部ディスプレイが2022年に発売され、新しい「Mac Pro」と「iMac Pro」は2023年に発売されると予想しています。

Appleは2020年6月のWWDCで、最初のAppleシリコン搭載Macの出荷から約2年間でAppleシリコンへの移行を完了する計画を発表しており、Appleは2020年11月にM1 Macを発売したことから、当初の計画通りであれば2022年末頃に移行が完了することになります。

Appleは3月、5・6月、秋に新しいMacを発表

9to5Macが、マーク・ガーマン氏によると、Appleは今年の3月、5・6月、秋に新しいMacを発表するようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleは2022年に以下のMacを発売するとレポートしています。

  • M1 Proチップを搭載した「Mac mini」
  • M2チップを搭載した13インチの「MacBook Pro」
  • M2チップを搭載した「Mac mini」
  • M2チップを搭載した24インチの「iMac」
  • M2チップを搭載した新デザインの「MacBook Air」
  • M1 Pro/Maxチップを搭載した大型の「iMac Pro」
  • 2基または4基のM1 Maxチップと同等のAppleシリコンを搭載し、半分のサイズに小型化された「Mac Pro」

ガーマン氏は、3月にエントリーレベルのMacBook ProとMac miniのアップグレードされると予想しています。

iMac Proの発売もそれほど遠くなく、Appleは5月か6月頃に他のMacを発売する準備を進めているとの情報があるとのことです。

Mac Proは6月のWWDCで発表され、秋より出荷されるだろうと予想しています。Mac Pro向けには、20コアCPUと64コアGPUを搭載したチップと、40コアCPUと128コアGPUを搭載したチップの2種類が用意されるそうです。

M2チップはM1チップよりも少し高速で、8コアCPUと9〜10コアGPUを搭載するようです。

M3チップとM2 Pro/Maxチップは2023年に登場すると予想しています。

Apple、M2チップを搭載した複数のMacを今年発売ーーマーク・ガーマン

9to5Macが、マーク・ガーマン氏によると、AppleはM2チップを搭載した複数のMacを今年に発売するようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Touch Barを搭載せず、ProMotionとminiLEDの非採用や、ディスプレイ、プロセッサ、ストレージで差別化を図ったエントリーレベルの「MacBook Pro」を準備していると述べています。

このMacBook ProにはM2チップが搭載され、他にも今年に発売が予定されている新しい24インチの「iMac」、エントリーレベルの「Mac mini」、新しい「MacBook Air」にもM2チップが採用されるとしています。

M1 Pro/Max搭載「Mac mini」、5G対応「iPhone SE」、新しい「iPad Air」、春のApple Eventで発表

リーカーの@dylandktが、春のApple Eventでは、M1 ProとM1 Maxを搭載した「Mac mini」と、5Gに対応した「iPhone SE」、新しい「iPad Air」が発表されるとツイートしています。

新しい「iMac Pro」も春に発売される予定のようですが、製造に関する懸念があるそうです。

また、秋にはM2チップを搭載した「iPad Pro」と第2世代の「AirPods Pro」が発表されるとしています。

Apple、これまでで最も幅広い新製品を今年の秋に発表

9to5Macが、Appleは今年の秋にこれまでで最も幅広い新製品を発表する計画のようだと伝えています。

マーク・ガーマン氏はニュースレターのPower Onによると、Appleは4つの新しい「iPhone」、ローエンドの「MacBook Pro」、アップデートされた「iMac、新しい「Mac Pro」、新デザインの「MacBook Air」、第2世代「AirPods Pro」、3つの「Apple Watch」、ローエンド「iPad」、新しい「iPad Pro」などを発表するとのことです。

また、今年最初に開催される春のApple Eventでは、新しい「iPhone SE」と「iPad Air」が発表される見込みで、M1 Proチップを搭載したハイエンドの「Mac mini」や「iMac」も発表される可能性があるとしています。

キヤノン、リングタイプのページクリッカー発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社が、プレゼンテーション時にページ送り・戻しができるリングタイプのページクリッカー「PR5000-C」を発表しています。

PR5000-Cは、人差し指に装着して親指でページ送り・戻し、ブラックスクリーン、スライドショーの操作が可能なページクリッカーです。BluetoothまたはUSBレシーバーによるワイヤレス接続が可能です。

ソフトウェアは、PowerPoint、Keynote、Adobe Acrobat Reader、Googleスライド、Prezi、Amazon Kindle、プレビューに対応しています。

価格はオープンで、1月28日(金)発売です。

サンワサプライ、コンポジット/S端子対応のUSBビデオキャプチャーを発売

サンワサプライ株式会社が、VHSテープや8mmビデオテープなどの映像をデジタル保存できるUSBビデオキャプチャー「400-MEDI039」を発売しています。

400-MEDI039は、RCAコンポジット接続またはS端子接続に対応したUSBビデオキャプチャーで、映像から画像を保存できるスナップショットボタンも搭載しています。25cm長のUSB延長ケーブルとUSB A – USB-C変換アダプタが付属しています。

価格は4,980円で、サンワダイレクト楽天市場PayPayモールau Pay マーケットAmazonにて販売中です。