「Appleニュース」カテゴリーアーカイブ

「iPhone 14」は5.4インチモデルを除く3機種のラインナップに

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、2022年発売の「iPhone 14」は1つの6.1インチモデルと、2つの6.7インチモデルのラインナップになり、5.4インチモデルは含まれないようだと伝えています。

iPhone 14 Proは、48メガピクセルのカメラを搭載し、48メガピクセルと12メガピクセル(4つのセルを結合して出力)の同時出力をサポートするようです。

iPhone 14 ProのCMOSイメージセンサーのピクセルサイズは1.25umで、12メガピクセル出力では2.5umとなり、iPhone 12(1.7um)、iPhone 13(2um)や既存のAndroid端末よりも大きくなるため、スマートフォンカメラの画質は新たなレベルに引き上げられるだろうとクオ氏は述べています。

また、2023年モデルについては、画面埋め込み型のFace IDを搭載するだろうと予想しています。

クオ氏は先月、2023年モデルは、少なくとも1つの上位機種がディスプレイに埋め込んだ指紋スキャナーや、ペリスコープ望遠カメラ、ノッチや穴のない本当のフルスクリーンディスプレイを搭載するだろうとコメントしていました。

「iPhone 13 Pro」の3Dレンダー画像

91Mobilesが、業界筋より提供された「iPhone 13 Pro」の3Dレンダー画像を公開しています。

iPhone 13 Proのサイズは、iPhone 12 Pro(高さ146.7×幅71.5×厚さ7.4mm)とほぼ同じ高さ146.7×幅71.5×厚さ7.6mmで、背面カメラ部分はiPhone 12 Proよりも大きくなっています。

MySmartPriceが公開したiPhone 13のレンダー画像と同じく、iPhone 13 Proもノッチは小型化され、イヤースピーカーは上部に配置されています。

「iPhone 13」の3Dレンダー画像

MySmartPriceが、業界筋より入手した「iPhone 13」の3Dレンダー画像を公開しています。

デザインはiPhone 12と似ており、サイズもiPhone 12とほぼ同じ146.7×71.5×7.6mmとなっているとのことです。また、前面のノッチは小型化され、イヤースピーカーは上部に移動しています。

iPhone 12では背面の広角カメラと超広角カメラは縦に並べて配置されていますが、iPhone 13では対角線上に配置されています。

「Apple Event」、日本時間4月21日(水)午前2時より開催

Apple Inc.が、日本時間4月21日(水)午前2時より「Apple Event」を開催すると発表しています。

Appleは、紛失防止タグ「AirTags」や、「iMac」「iPad Pro」「AirPods」「Apple TV」の新モデルを準備していると噂されています。

春の新色のiPhone 12シリーズ用ケースとされる写真

9to5Macが、春の新色のiPhone 12シリーズ用ケースとされる写真がTwitterに投稿されていると伝えています。

この写真は今月開設されたTwitterアカウントで投稿されており、新色はカンタロープ、ピスタチオ、カプリブルー、アメジストの4色がラインナップされています。

今月上旬にWeiboに投稿された情報では、新色は5色で、春の発表イベント後に発売されるとのことでした。

次のAppleイベントは4月20日(火)開催ーーSiriが明かす

MacRumorsが、Siriによると次のAppleのスペシャルイベントは4月20日(火)に予定されているようだと伝えています。

言語を英語(アメリカ合衆国)に設定したSiriに、「Apple Event」や「次のAppleイベントはいつ?」と話しかけると、「スペシャルイベントは4月20日火曜日にカリフォルニア州クパチーノのApple Parkで開催されます。詳細はApple.comで確認できます。」と答えるようになっています。

Appleは、紛失防止タグ「AirTags」や、「iPad Pro」「iMac」「AirPods」「Apple TV」の新モデルを準備していると噂されています。

Apple、Apple TVにHomePodやカメラを組み合わせた製品などを開発中

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはApple TVとHomePodを組み合わせた製品などを準備しているようだと伝えています。

情報筋は、AppleはApple TVセットトップボックスに、HomePodスマートスピーカー、ビデオ通話用のカメラや、スマートホーム機能などを統合した製品を開発していると述べています。

さらに、iPadとHomePodを組み合わせたようなタッチスクリーン搭載ハイエンドスピーカーの発売も検討しており、ロボットアームを使ってEcho Show 10のようにユーザを追従する機能を探究しているそうです。

ガーマン氏は、これらの製品の開発はまだ初期段階で、主要機能の変更や発売の見送りの可能性もあるとしています。

新しい「iPad Pro」と「iPad mini」のダミーの写真

9to5Macが、ソニー・ディクソン氏が新しい「iPad Pro」と「iPad mini」のダミーの写真をTwitterに投稿していると伝えています。

新しいiPad ProとiPad miniのダミーは、現行モデルと同様のデザインで、ディクソン氏によるとiPad miniは若干厚くなっているようです。

「探す」アプリが他社製アクセサリに対応

Apple Inc.が、他社製アクセサリを見つけることができるようになった新しい「探す」アプリケーションを公開したと発表しています。

周辺機器メーカー向けに探すネットワーク対応アクセサリプログラム(The Find My Network Accessory Program)が用意され、探すAppと互換性のある製品に「Works with Apple Find My」バッジが付与されます。

ユーザは、iOS 14.3以降が稼働するiPhone/iPod touch、iPadOS 14.3以降が稼働するiPad、macOS Big Sur 11.1以降が稼働するMacの探すAppのアイテムタブで追跡できます。

探すネットワークに対応したVanMoof社の電動自転車「S3」「X3」、米国Belkin社の完全ワイヤレスイヤフォン「SOUNDFORM Freedom True Wireless Earbuds」、Chipolo社の紛失防止タグ「ONE Spot」が来週より順次発売される予定です。

Apple、他社製Find My‌ネットワーク対応アクセサリをテストできるアプリをリリース

TechCrunchが、AppleがMFiライセンシー向けのアプリ「Find My Certification Asst.」[App Store]をリリースしたと伝えています。

Find My Certification Asst.は、MFi(Made for iPhone)ライセンシーがFind My‌ネットワーク技術を採用したアクセサリが探すAppで動作するかテストできるアプリケーションです。

Find My‌ネットワークを採用することで他社製アクセサリも、探すAppでBluetoothを使用して検出できるようになります。

米国Belkin社は、探すAppに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「SOUNDFORM Freedom True Wireless Earbuds」を3〜4月に発売すると発表しています。