「Appleニュース」カテゴリーアーカイブ

Apple、2022年11月までにMacのAppleシリコンへの移行を完了

9to5Macが、マーク・ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、MacのAppleシリコンへの移行は何とか2年間の期限に間に合うようだと述べていると伝えています。

Appleは昨年のWWDCで、MacのAppleシリコンへの移行期間を約2年間と発表していました。最初のAppleシリコン搭載Macは2020年11月に発売されたことから、ガーマン氏は2022年11月が期限になるとしています。

M1Xチップを搭載した新しい「MacBook Pro」は数ヶ月中に、「Mac mini」はそのあとに発売される予定で、2022年にはMagSafeをサポートした新デザインの「MacBook Air」、2022年末までに新しい「iMac」や「Mac Pro」が発売されるそうです。

また、Intel Mac Proのアップデートも予定されていると述べています。

新しい「iPad mini」は8.3インチのディスプレイを搭載

9to5Macが、年内に発売されるとみられている「iPad mini」は8.3インチのディスプレイを搭載するようだと伝えています。

米国Display Supply Chain Consultants社のアナリストであるロス・ヤング氏は、第6世代のiPad miniはベゼルがスリムになりホームボタンが廃止されることで、ディスプレイは7.9インチから8.3インチへとサイズアップするとツイートしています。

9to5Macは先週、新しいiPad miniは、A15チップや、USB-C、Smart Connectorを搭載すると伝えていました。

2022年発売の「Mac Pro」はIntel Xeon W-3300シリーズを搭載

MacRumorsが、新しい「Mac Pro」は米国Intel社のワークステーション向けCPU「Xeon W-3300」シリーズを搭載するようだと伝えています。

リーカーの@Yukki_AnSは、2022年に発売される新しいMac ProはXeon W-33xxシリーズを搭載するようだとツイートしています。

Bloombergは以前、AppleはIntelベースとAppleシリコンベースの2つのMac Proを準備していると報じており、Xcode 13 BetaにはMac Pro向けとみられるIntel Xeonスケーラブルプロセッサー「CPUFAMILY_INTEL_ICELAKE_SP」の記述が見つかっています。

「iPhone 14 Pro」はチタン合金製筐体に

MacRumorsが、2022年発売の「iPhone 14 Pro」はチタン合金製の筐体を採用するようだと伝えています。

JP Morgan Chaseは、iPhone 14シリーズの大きな変更の一つはチタン合金製筐体の採用で、台湾Foxconn社がハイエンドモデルのチタニウムフレームを独占製造するとレポートしています。

Appleは現在、Apple Watch Series 6とApple Cardでチタニウムを採用しています。

iPhone 14シリーズでは他にも、5.4インチモデルの廃止や、サイドボタン埋め込み型または画面埋め込み型のTouch IDの採用も予定されているようです。

Face IDは数年内にMacに搭載

9to5Macが、マーク・ガーマン氏によると、顔認証のFace IDは数年内にMacに搭載されるようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleはすべての主要製品にFace IDを搭載することを最終目標としており、数年のうちにMacにFace IDが搭載される見込みで、すべてのiPhone/iPadもTouch ICからFace IDに移行するだろうと述べています。

Apple、A13チップ搭載の新しい外部ディスプレイを開発

9to5Macが、AppleはA13チップを搭載した新しい外部ディスプレイをテストしているようだと伝えています。

情報筋によると、新しいディスプレイは「J327」というコードネームで、CPU、GPU、Neural Engineなどを組み込んだA13チップを搭載しているとのことです。A13チップはeGPUなどの役割を果たすものとみられます。

マーク・ガーマン氏は以前、Appleは価格を抑えた外部ディスプレイを開発していると報じていました。

ミニLEDディスプレイ搭載の「MacBook Air」は2022年中頃に登場

MacRumorsが、ミニLED採用の「MacBook Air」は2022年中頃に発売されるようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、Appleは13.3インチのミニLEDディスプレイを搭載した新しいMacBook Airを来年の中頃に発売するだろうと述べているとのことです。

新モデルはデザインが新しくなり、iMacのようなカラー展開となるとされています。

新しい「iPad mini」はA15チップ、USB-C、Smart Connectorを搭載

9to5Macが、新しい「iPad mini」は、A15チップやUSB-C、Smart Connectorを搭載するようだと伝えています。

コードネーム「J310」と呼ばれる新モデルは、iPhone 13シリーズと同じくA15チップを搭載し、ポートはLightningコネクタからUSB-Cに変更され、磁気コネクタのSmart Connectorが採用されるとのことです。

新しいiPad miniは、スリムベゼルでホームボタンのないiPad Airに似たデザインで、秋に発売されるとされています。

また、Appleはコードネーム「J181」と呼ばれるA13チップを搭載する新しいエントリーレベルの「iPad」も準備しているそうです。

新しい「MacBook Pro」は9〜11月に発売 「iPhone 13」は常時表示ディスプレイ搭載か

9to5Macが、Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、miniLEDディスプレイを搭載した「MacBook Pro」は9月から11月の間に発売されるようだと伝えています。

ガーマン氏はPower Onで、新しいMacBook Proはもっと早い時期に発売される予定だったものの、ミニLEDの厄介な問題により生産が遅れたと述べています。

また、今年の秋に発売される新しい「iPhone 13」は、Apple Watchと同様の常時表示モードを備えた120Hz駆動のディスプレイを搭載する可能性があるとしています。

新しい「MacBook Pro」、UHS-II SDカードリーダーやバックライト付きTouch IDを搭載 メモリは最大32GBに

9to5Macが、ルーク・ミアーニ氏によると、新しい「MacBook Pro」はUHS-II SDカードリーダーや、バックライト付きTouch IDを搭載するようだと伝えています。

ミアーニ氏は信頼できる筋からの情報として、UHS-II対応のSDカードリーダーを搭載し、Touch IDボタンにはバックライトが内蔵されるようだとレポートしています。また、メモリオプションは16GBまたは32GBで、64GBは用意されないようです。