「Appleニュース」カテゴリーアーカイブ

「iPhone 12」ダミーユニットのハンズオンレポート

MacRumorsが、「iPhone 12」のダミーユニットのハンズオンレポートを公開しています。

今年の新型iPhoneは、5.4インチと6.1インチの「iPhone 12」と、6.1インチと6.7インチの「iPhone 12 Pro」のラインナップで、iPad Proのようなデザインに変更されると噂されています。

ケースメーカー向けに製作されたダミーユニットによると、5.4インチiPhone 12は初代iPhone SEよりも大きく、第2世代iPhone SEよりも小さいとのことです。

6.1インチiPhone 12 Proは5.8インチのiPhone 11 Proと比べるとわずかに大きく、iPhone 11に近いサイズ感で、6.7インチiPhone 12‌ Proも6.5インチのiPhone 11 Por Maxより大きくなっています。

5.4インチ「iPhone 12」のサイズ比較写真

MacRumorsが、新しい5.4インチ「iPhone 12」と、初代iPhone SE、iPhone 7のサイズを比較した写真を掲載しています。

このサイズ比較写真[1/2]は、MacRumorsフォーラムのユーザが投稿したもので、淘宝(タオバオ)で5.4インチiPhone 12のダミーモデルを購入したとのことです。

ダミーモデルは、初代iPhone SEと比較すると幅は約6mm増し、高さは約7mm増し、厚さは約1mm増しとなっているそうです。

今年の新しいiPhoneは、5.4インチと6.1インチのiPhone 12と、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proがラインナップされると噂されています。

Apple、iPhoneのUSB電源アダプタに関するアンケートを実施

MacRumorsが、AppleがiPhoneに同梱されているUSB電源アダプタに関するアンケートを行なっていると伝えています。

ブラジルのTwitterユーザ@Gunstaxl@bedabb_によると、Appleが実施しているiPhone購入者を対象にしたアンケートに、以前のiPhoneに同梱されていたUSB電源アダプタをどうしたのかという設問が含まれているとのことです。

今年発表される「iPhone 12」は、USB電源アダプタとイヤフォンが同梱されないと噂されています。

Intel Core i9-10910とAMD Radeon Pro 5300搭載の未発表「iMac」

MacRumorsが、まだ発表されていない「iMac」のベンチマーク結果が公開されていると伝えています。

このiMacは、3.6GHz(Turbo Boost時4.7GHz)の10コアIntel Core i9-10910と、AMD Radeon Pro 5300を搭載しています。Tom’s Hardwareによると、Core i9-10910はCore i9-10900を高速化したiMac向けの特別仕様のようです。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は先月、第3四半期にiMacのアップデートが予定されており、第4四半期にはAppleシリコン搭載のiMacが登場すると述べていました。

「Apple Design Awards 2020」受賞作品発表

Apple Inc.が、「Apple Design Awards 2020」の受賞作品を発表しています。

アプリケーション

  • Shapr3DApp Store
    iPad向けCADアプリ。
    開発:Shapr 3D Zartkoruen Mukodo Reszvenytarsasag
    価格:無料(App内課金が有り)
  • LooomApp Store
    iPad向け手描きアニメーション制作アプリ。
    開発:Eran Hilleli
    価格:1,220円
  • StaffPadApp Store
    iPad向け楽譜作成アプリ。
    開発:StaffPad Ltd
    価格:11,000円(App内課金が有り)
  • DarkroomApp Store
    iPhone/iPad向け写真&ビデオ編集アプリ。
    開発:Bergen Co.
    価格:無料(App内課金が有り)

ゲーム

  • Sayonara Wild HeartsApp Store
    iPhone/iPad/Mac/AppleTV向けポップアルバムゲーム。
    開発:Simogo/Annapurna
    価格:Apple Arcade
  • Song of BloomApp Store
    iPhone/iPad向けパズルゲーム。
    開発:Philipp Stollenmayer
    価格:250円
  • Where Cards FallApp Store
    iPhone/iPad/Mac/AppleTV向けアドベンチャーパズルゲーム。
    開発:Snowman
    価格:Apple Arcade
  • Sky 星を紡ぐ子どもたちApp Store
    iPhone/iPad向けソーシャルアドベンチャーゲーム。
    開発:Thatgamecompany
    価格:無料(App内課金が有り)

「iPhone 12」にはEarPodsとUSB電源アダプタが同梱されず

MacRumorsが、「iPhone 12」はEarPodsに加えUSB電源アダプタも同梱されないようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は、5G対応によりコストが増加したiPhone 12は、iPhone 11と同等の価格で販売するために、EarPodsとUSB電源アダプタが同梱されないと述べています。

iPhone 12に同梱されると噂されている「20W USB-C電源アダプタ」は単体で販売されるようです。5Wと18Wの電源アダプタについては生産終了となるようです。

さらに、ミンチー・クオ氏は、Appleは10.8インチの「iPad」を2020年下半期に、8.5インチの「iPad mini」を2021年上半期に発売する計画であると述べています。

[更新]「iPhone 12」には20W出力のUSB-C電源アダプタが付属?

[更新]MySmartPriceが、Appleの20W USB-C電源アダプタ「A2305」「A2247」がノルウェーとオーストラリアの検査機関の認可を受けたと伝えています。


9to5Macが、Mr·whiteのツイートによると、「iPhone 12」には20W出力のUSB-C電源アダプタが付属するようだと伝えています。

現行のiPhone 11には「5W USB電源アダプタ」、iPhone 11 Proには「18W USB-C電源アダプタ」が同梱されています。

iPhone 12ファミリーは、下位モデル2機種と上位モデル2機種のラインナップになると見られていますが、20W USB-C電源アダプタが全機種に同梱されるのかは不明です。

新デザインの24インチ「iMac」、第4四半期に登場

MacRumorsが、新しいデザインの24インチ「iMac」は今年の第4四半期に発売されるようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏によると、Appleは第4四半期に新しい24インチiMacの発売を計画しているとのことです。

クオ氏は先日、最初のARMベースMacは新デザインの24インチiMacと13インチMacBook Proになる予定で、第3四半期にはIntelベースのiMacのアップデートも予定されていると述べていました。

AppleはWWDC20の基調講演で、最初のAppleシリコン搭載Macを今年末までに出荷すると発表しました。

「AirPodsソフトウェア」、自動切替やサラウンドサウンドをサポート

Apple Inc.が、「AirPodsソフトウェア」のアップデートを発表しています。

新しいAirPodsソフトウェアでは、iPhone、iPad、Mac間で自動切替機能が利用できるようになります。例えばiPhoneでポッドキャストを聴いた後に、iPadで動画を視聴しようとするとAirPodsの接続がiPhoneからiPadに自動で切り替わります。AirPods Pro、AirPods (第2世代)、Powerbeats、Powerbeats Pro、Beats Solo Proで利用可能で、iCloudアカウントが必要です。

さらにAirPods Proでは、映画館のようなサラウンドサウンド体験を生み出す「空間オーディオ」が利用できるようになります。頭と画面の位置関係を把握するようになっており、頭が動いたり、iPhone/iPadが動いたりしても音場がブレることはないとのことです。5.1サラウンド、7.1サラウンド、Dolby Atmosコンテンツで利用できます。

Apple、「macOS Big Sur」を発表

Apple Inc.が、バージョン11となる「macOS Big Sur」を発表しています。

macOS Big Surは、Mac OS Xの登場以来最大となるデザインアップグレードが施されており、アイコンの形状の見直し、ボタンやコントロールの改良、新しいサイドバーとコンパクトなツールバー、階層を表す奥行き・シェード・透過、通知やウィジェット表示の改良、サウンドの再マスタリングなどが含まれています。

メニューバーは半透明のデザインになり、新たにコントロールセンターが追加されています。時計をクリックすると新しい通知センターと新デザインのウィジェットが表示されるようになっており、通知はグループ化が可能で、ウィジェットはサイズなどもカスタマイズできます。

「メッセージ」アプリには、検索機能の強化、簡単になった写真やビデオの共有、ミー文字の作成、メッセージエフェクトのサポート、メッセージのピン留め、グループ機能の強化といった新機能が追加されています。

「マップ」アプリはデザインが刷新され、お気に入り、道順のガイド作成、屋内マップ、Look Around、友人の到着予定時刻表示や、iOS 14のマップの新機能を搭載しています。

iPadアプリをMacに移植できる「Mac Catalyst」は、Macのネイティブ解像度をフル活用できるようアプリを最適化できるようになっています。新しいメッセージアプリとマップアプリは、Mac Catalystを使ってMacに移植されたものです。

新しい「Safari」はパフォーマンス、プライバシー機能、デザインが強化されています。JavaScriptのパフォーマンスが大幅に向上しており、ページ読み込みのパフォーマンスはChromeと比較して50%高速となっています。ツールバーには、各サイトの個人情報収集状況を確認できるプライバシーレポートボタンが追加されています。機能拡張も強化され、使用するサイトを限定したり、1日だけに限定したりできるようになっています。カスタマイズできるスタートページ、新しいタブデザイン、翻訳機能も搭載しています。

macOS Big Surのデベロッパベータは本日より入手可能で、パブリックベータは来月公開されます。正式版は秋に無料で提供される予定です。