「フォルダブル」タグアーカイブ

フォルダブルiPhoneは包み込むような折りたたみデザインに

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

9to5Macが、香港Haitong International Securities Group社のアナリストであるジェフ・プー氏によると、折りたたみ式iPhoneは包み込むようなデザインになるようだと伝えています。

Appleが2026年後半に発売を予定している7.9インチのフォルダブルiPhoneは、Huawei Mate Xs 2のようにディスプレイが外側を包み込むようなデザインが採用されるようです。

また、Appleが2025年末から量産を開始する計画の20.3インチフォルダブルは、Lenovo ThinkPad X1 Foldに似ている可能性があるとプー氏は述べているとのことです。

同氏は以前、Appleのフォルダブルは超高級市場をターゲットにした新たなラインナップになると述べていました。

Apple、18.8インチ折りたたみディスプレイ搭載のMacBookを2026年に発売

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleの最初のフォルダブル製品はMacBookになるようだとレポートしています。

Appleは20.25インチまたは18.8インチの折りたたみ可能なディスプレイを搭載したMacBookを検討しているようで、20.25インチは折りたたむと14〜15インチ、18.8インチは13〜14インチサイズに相当するとのことです。

パネル韓国LG Display社が独占供給する予定で、パネルと組み立ての量産スケジュールは2025年第4四半期と2026年第1四半期に計画されているようです。プロセッサーはM5チップファミリーを搭載するとのことです。

Appleは可能な限り折り目のないパネルを目指しており、パネルとヒンジに高い設計仕様が求められているため、現在の仮見積もりではコストはそれぞれ600〜650ドルと200〜250ドルとなっているそうです。

コストを削減できなかった場合、Apple Vision Proのコストに近くなる可能性があるとのことです。

MacRumorsによると、Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏は、フォルダブルディスプレイ搭載MacBookには、コスト上の理由から20.25インチではなく18.76インチのディスプレイが採用されると述べているとのことです。

Appleのフォルダブル、20.3インチモデルは2025年後半、iPhoneは2026年後半に量産開始

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

9to5Macが、Haitong International Securitiesのアナリストであるジェフ・プー氏によると、Appleは2025年後半に20.3インチの折りたたみ式デバイス、2026年後半に折りたたみ式iPhoneの量産を開始するようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は今年3月、Appleが現在計画しているフォルダブル製品は20.3インチMacBookのみで、2027年に量産が計画されていると報告していました。

Appleのフォルダブルは超高級市場をターゲットにした新たなラインナップになるとプー氏は述べています。

OLED搭載「iPad Air」の登場は2028年 アンダーパネル技術搭載iPhoneは2027年か

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

MacRumorsが、英国の調査会社Omdiaによると、Appleは2028年にOLEDパネルを搭載した「iPad Air」を発売する計画のようだと伝えています。

上級研究員ミンスー・カン氏は韓国で開催されたカンファレンスで、今年発売されるiPad Proは長寿命化や低消費電力化が可能な2スタックタンデム型、2028年発売のiPad Airはシングルスタック型のOLEDを搭載すると説明したそうです。

また、Revegnus(@Tech_Reve)によると、AppleはDynamic IslandやスリムベゼルでiPhoneの差別化を追求してきたが、カメラやFace IDなどをディスプレイの下に隠すアンダーパネル技術の開発が遅れているため、差別化できる領域が縮小していると同氏は指摘したとのことです。

最近ではアンダーパネル技術が採用されるのは2027年頃になるのではないかと予想されているそうです。

ミンスー氏は折りたたみ可能なiPhoneについても触れています。Appleは当初6インチのフォルダブルiPhoneの発売を2026年に計画していたようですが、分析によると価格や技術的な面から7〜8インチに変更したと見られるとのことです。この製品はiPad miniのラインに位置付けられるそうです。

Apple、折りたたみ可能なディスプレイを搭載した20.3インチMacBookを計画

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleが現在計画しているフォルダブル製品は20.3インチMacBookのみであるとXに投稿しています。

同氏は最近、Appleが折りたたみ式iPhone/iPadを2025年か2026年に量産する計画はあるかどうかという問い合わせを多く受けているそうですが、最新の調査によると、開発スケージュールが明確なフォルダブル製品は20.3インチのMacBookのみで、2027年に量産が計画されているとのことです。

The Elecは2022年12月に、Appleが広げると20.25インチ、折りたたむと15.3インチのOLEDパネルを搭載したMacBookを開発しており、発売は2027年になるだろうと報じていました。

Appleが20.5インチ折りたたみ式ディスプレイ搭載ノートパソコンを開発 折りたたみ可能なiPadの予定はなし?

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏が、Appleは20.5インチの折りたたみ可能なディスプレイを搭載したノートパソコンを開発しているようだとツイートています。

同氏は昨年このノートパソコンについて、折った時にフルサイズキーボード付きのノートパソコン、広げた時に外付けキーボードを接続してモニターとして使用できるデュアルユース製品になると述べていました。発売は2025年以降になるようです。

また、香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が伝えていた折りたたみ可能なiPadが2024年に登場するという情報については、何も聞いたことがないと述べています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏も、2024年の折りたたみ可能なiPadについては何も聞いていないと述べています。

Apple、折りたたみ可能なiPadを2024年に発売

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleが全く新しいデザインの折りたたみ可能なiPadを2024年に発売するようだとツイートしています。

クオ氏の最新の調査によると、中国Anjie Technology社が2024年に発売される折りたたみ式iPad向けのカーボンファイバー製キックスタンドの研磨および接合のサプライヤーとなるそうです。

以前同氏は折りたたみ可能なiPhone/iPadについて、登場は早くても2025年で、折りたたみ可能なiPadか、iPadとiPhoneのハイブリッドになると予想していました。

また、Appleは新しいiPad miniを準備しており、2024年第1四半期に量産が開始される可能性が高いとしています。この新しいiPad miniまでiPadの新モデルは発売されない可能性があるとのことです。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は以前、2023年はiPad、iPad mini、iPad Airにメジャーアップデートはなく、iPad Proにも注目すべきものはないと述べていました。

Appleが新しい「iPad mini」を準備 2023年末か2024年第1四半期に量産開始

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleは現在、主なセールスポイントとなる新しいプロセッサを搭載した新バージョンの「iPad mini」を準備しているとツイートしています。

新しいiPad miniは、2023年末か2024年第1四半期に量産が開始される予定のようです。

また、Appleが2025年にiPad miniを折りたたみ可能なiPadに置き換える可能性は低いとクオ氏は述べています。

The Elecは今月、AppleはiPad miniに取って代わる折りたたみ可能な製品を2025年の発売を目処に開発していると予想されていると報じていました。

クオ氏は、折りたたみ可能なiPadはiPad miniと比べて価格が著しく高くなるため、このような置き換えは妥当ではないとしています。

The Elecは同じ記事で、AppleはMacBookに近い製品である可能性が高い20.25インチ(展開時)の折りたたみ可能なデバイスを開発しており、2027年に発売される見通しであるとも報じています。

Apple、折りたたみ式デバイス向けの電子ペーパーディスプレイをテスト

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleは折りたたみ式デバイスのカバー画面に使用する台湾E Ink社製電子ペーパーディスプレイをテストしているとツイートしています。

カラー電子ペーパーディスプレイは省電力性に優れており、折りたたみ式デバイスで必須のカバー画面やセカンド画面の主流ソリューションとなる可能性があるとしています。

クオ氏は、Appleが折りたたみ式デバイスを発売するのは早くても2025年で、折りたたみ可能なiPadか、iPadとiPhoneのハイブリッドになると予想しています。

Apple、薄型化が可能で折りたたみにも適した偏光板非採用のOLEDパネルを開発

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

MacRumorsが、韓国メディアのThe Elecによると、Appleは偏光板を使用しないOLEDパネルを開発しているようだと伝えています。

偏光板を取り除いて同様の効果を持つ技術を採用することで、パネルをより薄くすることが可能で、折りたたみ式パネルに適したものになるとのことです。

韓国Samsung Display社は、偏光板の代わりに薄膜封止(TFE)レイヤーにカラーフィルター(CF)をプリントするCF on TFEを採用したOLEDパネルを、折りたたみ式スマートフォンのGalaxy Z Fold3に供給しています。

偏光板は特定の方向に光を透過させるもので視認性が向上するものの、明るさが減少するためパネルの消費電力を増やす必要があり、これらのトレードオフも解消されることになります。