Apple、折りたたみ式のMacBookを検討 折りたたみ式iPhoneは2025年に

Display Supply Chain Consultants(DSCC)が、Appleは約20インチの折りたたみ式ディスプレイを搭載したノートブックを検討していると伝えています。

DSCCのロス・ヤング氏は、このノートブックは折った時にフルサイズキーボード付きのノートブック、広げた時に外付けキーボードを併用してモニターとして使用できる真のデュアルユース製品となるだろうと述べています。登場するのは2025年以降で、2026年か2027年になる可能性があるとのことです。

また、折りたたみ式のiPhoneについては、サプライチェーンの話ではAppleは折りたたみ式スマートフォン市場への参入を急いでいる様子がないため、ヤング氏は予想参入時期を2023年から2025年に先延ばししており、これよりもさらに先になることもあるとしています。