「郭明錤(クオ・ミンチー)」タグアーカイブ

Apple、新しい「HomePod」を2022年第4四半期〜2023年第1四半期に発売

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleは2022年第4四半期〜2023年第1四半期に新しい「HomePod」を発売するとツイートしています。

クオ氏は、新しいHomePodのハードウェア設計はそれほど革新的ではないだろうと述べています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は以前、HomePodとHomePod miniの間に位置するスマートスピーカーの新モデルを検討していると報じており、昨年にはApple TVとHomePodを組み合わせた製品などを開発していると伝えていました。

Apple、折りたたみ式デバイス向けの電子ペーパーディスプレイをテスト

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleは折りたたみ式デバイスのカバー画面に使用する台湾E Ink社製電子ペーパーディスプレイをテストしているとツイートしています。

カラー電子ペーパーディスプレイは省電力性に優れており、折りたたみ式デバイスで必須のカバー画面やセカンド画面の主流ソリューションとなる可能性があるとしています。

クオ氏は、Appleが折りたたみ式デバイスを発売するのは早くても2025年で、折りたたみ可能なiPadか、iPadとiPhoneのハイブリッドになると予想しています。

iPhone以外のLightning採用製品も近い将来USB-Cに

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、iPhone以外のLightning採用製品(AirPods、Magic Keyboard、Magic Trackpad、Magic Mouse、MagSafeバッテリーパックなど)も近い将来USB-Cに切り替わるだろうと予想しています。

クオ氏は先日、2023年後半に発売される「iPhone 15」はポートがLightningからUSB-Cに変更されるだろうとツイートしていました。

ポートを搭載しないiPhoneについては、現在のワイヤレス技術に制限があり、MagSafeエコシステムも未成熟としており、実現はまだ先のようです。

新しい「Apple TV」が今年後半に登場ーーミンチー・クオ

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleは今年後半に新しい「Apple TV」を発売するとツイートしています。

クオ氏は、新しいApple TVはコスト構造が改善されると述べており、価格が引き下げられるようです。

現在販売中のApple TVの価格は、第2世代Apple TV 4Kが21,800円〜、Apple TV HD(第4世代Apple TV)が17,800円となっています。

2023年発売の「iPhone」はUSB-Cを搭載ーーミンチー・クオ

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、最新の調査によると2023年後半に発売される「iPhone」はポートがLightningからUSB-Cに変更される可能性があるとツイートしています。

USB-Cを搭載することで転送速度や充電速度が向上するとみられますが、最終仕様はiOSのサポートによって決まるとのことです。

本当のフルスクリーン「iPhone」は2024年に登場ーーミンチー・クオ

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、本当のフルスクリーン「iPhone」は2024年に発売されるだろうと予想しています。

クオ氏は、2024年に登場するiPhoneのハイエンドモデルは、画面の下にカメラやFace IDが埋め込まれるだろうと予想しています。

カメラを画面の下に埋め込むことで低光量となって画質に影響するため、品質向上には画像信号プロセッサとアルゴリズムが重要になるとしています。

「iPhone 14」シリーズはフロントカメラがアップグレード

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズはフロントカメラがアップグレードされるようだとツイートしています。

全4機種のフロントカメラはオートフォーカスに対応し、絞り値f1.9のレンズにアップグレードされるとのことです。iPhone 13シリーズのフロントカメラは固定フォーカスでf2.2のレンズを搭載しています。

iPhone 14シリーズは、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Maxと、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxの4サイズ展開で、Proモデルは切り欠きがピル型と丸型に変更され、背面には48MPの広角カメラが搭載されると噂されています。

第2世代「AirPods Pro」は今年後半に登場

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、第2世代の「AirPods Pro」は今年の後半に発売されるとツイートしています。

第3世代AirPodsの需要は第2世代AirPodsと比べると大幅に低く、Appleは第2・第3四半期の第3世代AirPodsの注文を30%以上削減していることから、第2世代AirPods Proを今年後半に発売する際は現行のAirPods Proは販売終了となるだろうとクオ氏は予想しています。

Appleの最初の折りたたみ可能なiPhone/iPad、登場は早くても2025年に

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、折りたたみ可能なiPhone/iPadは2025年まで発売されないだろうと予想しています。

クオ氏は昨年、折りたたみ式iPhoneの登場は2024年になるだろうと予想していましたが、Appleが最初の折りたたみ式製品を発売するのは早くても2025年で、折りたたみ可能なiPadか、iPadとiPhoneのハイブリッドになるだろうと予想を修正しています。

アンダースクリーンTouch ID、「iPhone 15」や「iPhone 16」には採用されず

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 15」や「iPhone 16」の画面の下にTouch IDが埋め込まれることはないようだとツイートしています。

クオ氏はこれまで、2023年発売のiPhoneに画面の下に指紋センサーを埋め込んだアンダースクリーンTouch IDが採用されると予想していました。

最新の調査によると、2023年と2024年に発売されるiPhoneには採用されないようで、マスクをしたまま使えるFace IDがすでに優れた生体認証ソリューションとなっているとクオ氏は述べています。