「郭明錤(クオ・ミンチー)」タグアーカイブ

2022年のOLED「iPad Air」発売計画は取りやめにーーミンチー・クオ

9to5Macが、来年発売の「iPad Air」でOLEDディスプレイを採用する計画は取りやめとなったようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、性能とコストがAppleの条件を満たしていないため、2022年のOLED搭載iPad Air発売計画は中止されたとのことです。このため来年のモデルにも引き続きTFT液晶ディスプレイが採用されるようです。

「iPhone 14 Pro」はホールパンチデザインと48MPカメラを採用 フォルダブルiPhoneは2024年登場

9to5Macが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、来年発売の「iPhone 14 Pro」は、ホールパンチデザインと48MPカメラを採用するようだと伝えています。

クオ氏は、2022年上半期に発売される新しい「iPhone SE」は5Gをサポートし、2022年下半期に発売される「iPhone 14」シリーズは、ローエンドの6.1インチと6.7インチ、ハイエンドの6.1インチと6.7インチの4機種展開で、ハイエンドモデルにはホールパンチデザインと48MPの広角カメラが採用されると述べています。

さらに、画面内にTouch IDを内蔵したiPhoneは2023年下半期に、折りたたみ式のiPhoneは2024年に発売が延期されたようだと述べています。

クオ氏は当初、2022年に画面内Touch IDを採用したiPhoneが、2023年にフォルダブルiPhoneが登場すると予想していました。

日本時間9月15日(水)のApple Eventで「AirPods 3」発表 「iPhone 13」シリーズは128GB、256GB、512GB、1TB構成に

9to5Macが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、日本時間9月15日(水)午前2時開催のApple Eventで、「iPhone 13」シリーズとともに第3世代の「AirPods」も発表されるようだと伝えています。

クオ氏は、AirPods 3が発売されても現行のAirPods 2の販売は継続され、AirPods 3の価格が高く設定されるか、AirPods 2が値下げされるかのどちらかになるとしています。

また、iPhone 13シリーズでは64GBモデルは提供されず、新たに1TBモデルが追加されると述べています。

「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」は128GB、256GB、512GB、「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」は128GB、256GB、512GB、1TBの構成となるようです。

「Apple Watch Series 7」は今月下旬より出荷

MacRumorsが、製造上の問題があるとされている「Apple Watch Series 7」は今月下旬より出荷されるようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、Apple Watch Series 7は多くの新しいディスプレイパネル関連の製造プロセスを採用しているため生産上の問題に直面したものの、すでに解決済みで今月中旬〜下旬よりパネルモジュールの量産が開始され、今月下旬よりApple Watch Series 7の大量出荷が始まるようです。

Apple Watch Series 7はフラットエッジデザインに変更され、41mmと45mmのサイズ展開になると報じられています。

「iPhone 13」はLEO衛星通信をサポート

9to5Macが、「iPhone 13」は低地球軌道(LEO)衛星通信接続をサポートするようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone 13は低地球軌道(LEO)衛星通信接続に対応したベースバンドモデム「Qualcomm X60」のカスタムバージョンを搭載し、携帯電話サービスエリア外でも電話やメッセージをやり取りできるようになると述べています。

新しい「MacBook Air」は複数のカラー展開で2022年中頃に発売

MacRumorsが、新しい「MacBook Air」は複数のカラー展開で2022年中頃に発売されるようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、2022年中頃に発売されるMacBook Airは次期MacBook Proに似た新しいデザインで、ミニLEDディスプレイを搭載し、複数のカラーオプションが用意されるそうです。

新モデルのミニLEDディスプレイは中国BOE社が供給するそうです。MacBook ProのミニLEDディスプレイはLG、シャープ、Foxconn傘下のGISが供給するとのことです。

ミニLEDディスプレイ搭載の「MacBook Air」は2022年中頃に登場

MacRumorsが、ミニLED採用の「MacBook Air」は2022年中頃に発売されるようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、Appleは13.3インチのミニLEDディスプレイを搭載した新しいMacBook Airを来年の中頃に発売するだろうと述べているとのことです。

新モデルはデザインが新しくなり、iMacのようなカラー展開となるとされています。

新しい「MacBook Pro」は第3四半期に量産開始 ミニLEDディスプレイ搭載の「MacBook Air」と11インチ「iPad Pro」が2022年登場

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、新しい「MacBook Pro」は第3四半期に量産が開始されるようだと伝えています。

新しい14インチと16インチのMacBook Proは、デザインが刷新され、ミニLEDディスプレイや、M1Xチップ、MagSafe、HDMI、SDカードリーダーを搭載すると噂されています。

また、ミニLEDディスプレイは2022年発売の「MacBook Air」や11インチ「iPad Pro」にも採用されるとクオ氏は述べています。

健康追跡機能などを搭載した第2世代「AirPods Pro」が来年登場

MacRumorsが、Appleは第2世代「AirPods Pro」を2022年に発売する計画のようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、第2世代AirPods Proには健康追跡機能といった革新的な機能が搭載されると述べています。

Bloombergは以前、2022年に発売される第2世代モデルは新しいモーションセンサーを搭載し、フィットネストラッキング機能に焦点が当てられると報じていました。

「iPhone 13 Pro」は超広角レンズがオートフォーカスに対応

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」はアップグレードされた超広角カメラを搭載するようだと伝えています。

クオ氏は、iPhone 13のProモデルの超広角カメラがオートフォーカスに対応すると述べています。2022年発売の「iPhone 14」では、全モデルにオートフォーカス対応超広角カメラ採用される計画のようです。