「郭明錤(クオ・ミンチー)」タグアーカイブ

ミニLEDディスプレイ搭載の「MacBook Air」は2022年中頃に登場

MacRumorsが、ミニLED採用の「MacBook Air」は2022年中頃に発売されるようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、Appleは13.3インチのミニLEDディスプレイを搭載した新しいMacBook Airを来年の中頃に発売するだろうと述べているとのことです。

新モデルはデザインが新しくなり、iMacのようなカラー展開となるとされています。

新しい「MacBook Pro」は第3四半期に量産開始 ミニLEDディスプレイ搭載の「MacBook Air」と11インチ「iPad Pro」が2022年登場

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、新しい「MacBook Pro」は第3四半期に量産が開始されるようだと伝えています。

新しい14インチと16インチのMacBook Proは、デザインが刷新され、ミニLEDディスプレイや、M1Xチップ、MagSafe、HDMI、SDカードリーダーを搭載すると噂されています。

また、ミニLEDディスプレイは2022年発売の「MacBook Air」や11インチ「iPad Pro」にも採用されるとクオ氏は述べています。

健康追跡機能などを搭載した第2世代「AirPods Pro」が来年登場

MacRumorsが、Appleは第2世代「AirPods Pro」を2022年に発売する計画のようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、第2世代AirPods Proには健康追跡機能といった革新的な機能が搭載されると述べています。

Bloombergは以前、2022年に発売される第2世代モデルは新しいモーションセンサーを搭載し、フィットネストラッキング機能に焦点が当てられると報じていました。

「iPhone 13 Pro」は超広角レンズがオートフォーカスに対応

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」はアップグレードされた超広角カメラを搭載するようだと伝えています。

クオ氏は、iPhone 13のProモデルの超広角カメラがオートフォーカスに対応すると述べています。2022年発売の「iPhone 14」では、全モデルにオートフォーカス対応超広角カメラ採用される計画のようです。

2022 iPhoneは画面内にTouch IDを内蔵

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、2022年発売の新しいiPhoneの一部モデルは画面内にTouch IDを内蔵するようだと伝えています。

クオ氏は、iPhoneの2022年モデルはローエンドの6.1インチモデルと6.7インチモデル、ハイエンドの6.1インチモデルと6.7インチモデルの4機種展開になると述べています。

また、ローエンドの6.7インチモデルは900ドルを切る価格となり(iPhone 12は799ドル、iPhone 12 Pro Maxは1,099ドル)、ハイエンドモデルの広角カメラは48MPにアップグレードされると予想しています。

AppleのARヘッドセットは2022年第2四半期に登場か

MacRumorsが、Appleの拡張現実ヘッドセットは2022年第2四半期に発売されるようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は、Appleがビデオシースルー方式のAR体験を提供するARヘッドマウントディスプレイを2022年第2四半期に発売すると予想しているとのことです。

クオ氏は以前、Appleは2022年にAR/VRヘッドセットを1,000ドル前後で発売し、2025年にはARグラス、2030年以降にはARコンタクトレンズも発売するだろうと予想していました。

Apple、自社開発のモデムチップを2023年から採用

MacRumorsが、Appleが開発中のモデムチップは2023年発売のiPhoneから採用されるようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は、早ければ2023年にもApple設計の5GベースバンドチップがiPhoneに採用されるだろうと述べています。

英国Barclays社のアナリストも以前、Appleが設計した5Gモデムは2023年発売のiPhoneに採用されるだろうと述べていました。

「iPhone 13」5Gミリ波対応モデルは日本などでも販売

MacRumorsが、「iPhone 13」シリーズの5Gミリ波対応モデルは日本などでも販売されるようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone 13シリーズでは、米国に加え日本、カナダ、オーストラリア、欧州主要国などでもミリ波対応モデルが販売されるだろうと述べています。

iPhone 12シリーズのミリ波対応モデルは米国のみで提供されています。

「iPhone 14」は5.4インチモデルを除く3機種のラインナップに

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、2022年発売の「iPhone 14」は1つの6.1インチモデルと、2つの6.7インチモデルのラインナップになり、5.4インチモデルは含まれないようだと伝えています。

iPhone 14 Proは、48メガピクセルのカメラを搭載し、48メガピクセルと12メガピクセル(4つのセルを結合して出力)の同時出力をサポートするようです。

iPhone 14 ProのCMOSイメージセンサーのピクセルサイズは1.25umで、12メガピクセル出力では2.5umとなり、iPhone 12(1.7um)、iPhone 13(2um)や既存のAndroid端末よりも大きくなるため、スマートフォンカメラの画質は新たなレベルに引き上げられるだろうとクオ氏は述べています。

また、2023年モデルについては、画面埋め込み型のFace IDを搭載するだろうと予想しています。

クオ氏は先月、2023年モデルは、少なくとも1つの上位機種がディスプレイに埋め込んだ指紋スキャナーや、ペリスコープ望遠カメラ、ノッチや穴のない本当のフルスクリーンディスプレイを搭載するだろうとコメントしていました。