「郭明錤(クオ・ミンチー)」タグアーカイブ

「iPhone 14 Pro」の超広角カメラセンサーは1.4µmピクセルにアップグレード

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」の超広角カメラのイメージセンサーはピクセルピッチが1.4µm(iPhone 13 Proは1.0µm)にアップグレードされると予想しています。

クオ氏によると、iPhone 14 ProのCIS(CMOSイメージセンサー)、VCM(ボイスコイルモーター)、CCM(コンパクトカメラモジュール)はそれぞれ70%、45%、40%の大幅な単価上昇があったとのことです。

CISはソニー社、VCMは第1サプライヤーがミネベアミツミ社、第2が台湾LARGAN Precision社、CCMは韓国LG Innotek社が供給するそうです。

「iPhone 14」シリーズは衛星通信機能をサポート

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズは衛星通信機能をハードウェアでサポートしているようだと伝えています。

クオ氏によると、iPhone 14の衛星通信機能は緊急時に衛星接続を利用してテキストや音声で通信できるもので、Appleはすでにハードウェアテストを完了しているようですが、衛星通信サービスが提供されるかどうかはAppleとオペレーターがビジネスモデルを確立できるかどうかにかかっているとのことです。

iPhone 13では衛星通信のハードウェア開発を完了していたものの、ビジネスモデルが交渉されていなかったそうです。

Appleが提携する可能性の高いオペレーターは米国Globalstar社としています。

新しい「MacBook Pro」と「iPad Pro」は5nmチップを搭載

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、新しい14インチおよび16インチの「MacBook Pro」と「iPad Pro」は2022年第4四半期に量産が開始される予定で、新しいチップを搭載するものの3nmプロセスではないだろうとツイートしています。

クオ氏は先日、第4四半期に量産が開始される新しい14インチと16インチのMacBook Proは、3nmチップではなく5nmチップを搭載する可能性があると述べていました。

同氏はこれについて、台湾TSMC社の3nmチップの製造サイクルは約4ヶ月のため、TSMCが9月から3nmチップの量産を開始しても2023年1月までは出荷されず、TSMCが3nmhは収益に貢献するのは2023年上半期からという業績予想を出したのはこのためだと説明しています。

新しい14インチと16インチの「MacBook Pro」は第4四半期に量産開始

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、新しい14インチと16インチの「MacBook Pro」は第4四半期に量産が開始されるようだとツイートしています。

14インチと16インチのMacBook Proは3nmチップを搭載するとされていますが、クオ氏は3nmは2023年上半期より収益に貢献するという台湾TSMC社のガイダンス(業績予想)を考慮すると、新しいMacBook Proには引き続き5nmチップが採用される可能性があると述べています。

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はより高価に

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」は値上げされるとツイートしています。

クオ氏はiPhone 14 Proの価格を明らかにしていないものの、iPhone 14シリーズのProモデルは価格が上昇するため、iPhone 14シリーズの平均販売価格はiPhone 13シリーズと比べて約15%上昇し、1,000〜1,050ドルになると推定しています。

この平均販売価格は各モデルの開始価格の平均を指すようで、iPhone 14を799ドル〜、iPhone 14 Maxを899ドル〜とした場合、iPhone 14 Proは1,199ドル〜、iPhone 14 Pro Maxは1,299ドル〜になるとみられます。

現在iPhone 13 miniは699ドル、iPhone 13は799ドル、iPhone 13 Proは999ドル、iPhone 13 Pro Maxは1,099ドルで販売されています。

2023年発売のApple製品、市場が最も期待するのはAR/VRヘッドセット

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、AppleのAR/VRヘッドセットは2023年発売のApple新製品の中で最も市場の期待が高いものの、投資家はユーザエクスペリエンスや出荷量を懸念しているとレポートしています。

クオ氏は、革新的なユーザーエクスペリエンスに対する疑念と、2023年の出荷台数が150万台を下回る予想により、この投資テーマでは明確な市場コンセンサスが形成されていないと述べています。

しかし、AR/VRヘッドセットはiPhoneに続く革新的な製品になる可能性があり、発表されれば投資家の懸念は軽減され、ヘッドセットの見通しに対する市場の信頼は高まるだろうと同氏は予想しています。

Appleは早ければ2023年1月にもAR/VRヘッドセットを発表する見込みで、価格は2,000〜2,500ドル、もしくはそれ以上になるとのことです。

Sunny Optical、「iPhone 14」シリーズ向け広角7Pレンズの主要サプライヤーに

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、中国Sunny Optical Technology社が「iPhone 14」シリーズの広角カメラ7Pレンズ(7枚構成)の主要サプライヤーとなっていると伝えています。

iPhone 14シリーズ向け広角7Pレンズの出荷割り当ては、Sunny Optical TechnologyがProモデル向けで50〜60%、ベースモデル向けで55〜65%となっており、競合の台湾Largan Precision社や台湾Genius Electronic Optical社を上回っているとのことです。

また、Sunny Optical Technologyは2023年発売の「iPhone 15」向けToFレンズでも主要サプライヤーになる可能性があると同氏は予想しています。現行ToFレンズの主要サプライヤーはLargan Precisionです。

iPhone 14の背面カメラレンズに品質問題、出荷への影響はなし

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズにもう一つの品質の問題が見つかったものの、出荷に影響はないだろうとツイートしています。

台湾Genius Electronic Optical社のiPhone 14向け背面カメラレンズにはコーティングにクラックが発生する問題があり、Appleは1,000万枚のレンズの注文を台湾Largan Precision社に振り替えたようです。

Larganは不足分を十分に補うことができるため、iPhone 14シリーズの出荷への影響はほとんど無視できるとのことです。

クオ氏は以前、iPhone 14シリーズのメモリとパネルのサプライヤーに供給の問題があるものの、影響は限定的であると述べていました。

「iPhone 14」シリーズのサプライヤーの供給問題、影響は限定的

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズのメモリとパネルのサプライヤーが供給の問題に直面しているものの、他のサプライヤーが不足を補うことができるため今後の大量生産への影響は限定的だろうとツイートしています。

クオ氏によると、LPDDR5メモリを供給する米国Micron社と韓国SK Hynix社は、前者が認証スケジュール、後者が品質の問題により出荷が早くても第4四半期になる見通しで、それまでは韓国Samsung社が唯一のサプライヤーとなり、iPhone 14 Proの生産増加需要にも対応できるとのことです。

パネルについては、韓国LG Display社がiPhone 14とiPhone 14 Pro向けのパネルに外観の問題を抱えているものの、韓国Samsung社と中国BEO社が初期の不足を補うことができるとしています。

「iPhone 15 Pro Max」「iPhone 16 Pro」「iPhone 16 Pro Max」の望遠カメラはペリスコープに

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、2023年後半に発売される「iPhone 15 Pro Max」と、2024年後半に発売される「iPhone 16 Pro」「iPhone 16 Pro Max」にはペリスコープ構造の望遠カメラが採用されるだろうと予想しています。

クオ氏は、iPhone 15とiPhone 16のペリスコープ望遠レンズの主な仕様が同様で、1/3インチ12MP、f/2.8、センサーシフトのサポート、5〜6倍光学ズームといった仕様になるだろうと述べています。

ペリスコープ望遠レンズは、反射鏡で光を90°屈曲させることで、奥行きのあるレンズモジュールを横向きに配置して本体の厚さを抑えることができる技術です。