「郭明錤(クオ・ミンチー)」タグアーカイブ

Apple、折りたたみ可能なディスプレイを搭載した20.3インチMacBookを計画

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleが現在計画しているフォルダブル製品は20.3インチMacBookのみであるとXに投稿しています。

同氏は最近、Appleが折りたたみ式iPhone/iPadを2025年か2026年に量産する計画はあるかどうかという問い合わせを多く受けているそうですが、最新の調査によると、開発スケージュールが明確なフォルダブル製品は20.3インチのMacBookのみで、2027年に量産が計画されているとのことです。

The Elecは2022年12月に、Appleが広げると20.25インチ、折りたたむと15.3インチのOLEDパネルを搭載したMacBookを開発しており、発売は2027年になるだろうと報じていました。

AppleがマイクロLEDプロジェクトを中止 開発チームから多くの人員を解雇

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、AppleがマイクロLEDのプロジェクトを中止したのは、マイクロLEDが製品に大きな付加価値与えることができず、製造コストが高すぎて採算が合わないと考えたためであると投稿しています。

Appleは​マイクロLED開発チームから多くの人員を解雇しており、マイクロLED関連のプロジェクトは見通しが立っていないとのことです。

オーストリア/ドイツams OSRAM社はマイクロLED向けLEDチップの独占サプライヤーであったため、同社がAppleとの協業を中止したことは、当面マイクロLEDを量産する計画がないことを意味するとしています。

「Apple Vision Pro」の需要、世界発売スケジュール予測、新モデル予測ーーミンチー・クオ氏

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「Apple Vision Pro」の需要や、米国以外での発売予測、新モデルの予測などをレポートしています。

Vision Proは予約開始からまもなくして出荷予定日が3月上旬にずれ込んだものの、現在は3〜5日に改善されており、需要が大幅に減速していると指摘しています。今年の米国の出荷台数は20万〜25万台と予想されています。

米国以外での発売については、WWDCの前に他の国でも発売されるとの予測を変えていません。

次期Vision Proは低価格版とアップグレード版の2機種が予想されていますが、クオ氏の調査によるとどちらのプロジェクトも正式には開始していないとのことです。

新しいVision Proのプロジェクトは、仕様変更よりも生産とサプライチェーン管理の効率化に重点を置いており、コストは抑えられるがユーザー体験は現行モデルと変わらないだろうとクオ氏は推測しています。新プロジェクトは、2025年第4四半期〜2026年第1四半期に量産に入るようです。

仕様を大幅に変更したVision Proは、2027年まで量産されないとみられているとのことです。

2024年のiPhoneの出荷台数は15%減少

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、2024年の「iPhone」の出荷台数は約15%減少する可能性が高いとレポートしています。

同氏のサプライチェーン調査によると、Appleは2024年のiPhoneの主要上流半導体部品の出荷量を前年比10〜15%となる約2億台個に縮小したようです。

iPhoneは生成AI機能や折りたたみ式モデルといった新しいデザインパラダイムの出現や、中国市場での出荷減少といった課題に直面しており、これが出荷台数の大幅な減少につながっているとのことです。

AppleはiPhoneに生成AI機能を追加するとされていますが、デザインを大幅に変更し、包括的で差別化された生成AIエコシステム/アプリケーションを備えたiPhoneは早くても2025年まで登場しないとしています。

「Apple Vision Pro」の最初の週末までの予約台数は16万〜18万台

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、予約が開始された「Apple Vision Pro」の需要について分析しています。

クオ氏は、予約開始から最初の週末までの販売台数を160,000〜180,000台と推定しています。

予約開始から数時間で出荷予定日が5〜7週間に延びたものの、48時間後の出荷予定日に変化がないため、コアなファンやヘビーユーザーが注文した後は需要がすぐに先細りになる可能性があるとしています。

同氏は以前、Appleは2月2日(金)の発売に向けて60,000〜80,000台のVision Proの生産を予定していると投稿していました。

Apple、WWDC 2024の前に米国外で「Apple Vision Pro」を発売か

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、AppleはWWDC 2024の前に米国外で「Apple Vision Pro」を発売する可能性が高いとレポートしています。

AppleはWWDC 2024で世界各国のデベロッパにvisionOSの詳細を共有する予定で、AppleがWWDC 2024の前にApple Vision Proを発売できれば、visionOSエコシステムのグローバル展開を促進する上で有益となるだろうとクオ氏は述べています。

Vision Proの販売地域拡大についてガーマン氏は、Appleは米国以外の国と地域での発売を今年後半に予定しているものの、それほど遅くない時期に中国、カナダ、英国などで発売されるだろうと予想しています。

「iPhone 17」はフロントカメラがアップグレード

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 17」シリーズはフロントカメラがアップグレードされるとレポートしています。

フロントカメラはiPhone 15では12MPセンサー/5Pレンズが採用されており、iPhone 16でも同じ仕様になるようですが、iPhone 17では24MPセンサー/6Pレンズにアップグレードされるとのことです。

また、iPhone 16シリーズのProモデルでは、超広角カメラがiPhone 15 Proの12MP(ピクセルサイズ:1.0um、センサーサイズ:1/3.6インチ)から48MP(ピクセルサイズ:0.7um、センサーサイズ:1/2.6インチ)にアップグレードされるとしています。

iPhone 16 Proの望遠カメラは、Pro Maxと同じテトラプリズムカメラに変更される見込みです。

「Apple Vision Pro」は1月下旬または2月上旬に発売か

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「Apple Vision Pro」は2024年1月下旬または2月上旬に発売される可能性があるとレポートしています。

来年米国で発売予定のApple Vision Proは現在量産中で、2024年の第1週から大量出荷が予定されていることから、2024年1月下旬または2月上旬に店頭に並ぶ可能性が高いとのことです。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は、2月に発売されるようだとレポートしていました。

「iPhone 16」シリーズはマイクがアップグレード Siriが向上

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が「iPhone 16」シリーズでマイクがアップグレードされ、Siriが向上するようだとレポートしています。

最新の調査では、iPhone 16シリーズは全モデルでマイクがアップグレードされる見込みで、信号対雑音比(SN比)が向上してSiri体験が大幅に改善されるようです。

Appleは今年第3四半期にSiri部門を再編し、AI生成コンテンツ(AIGC)/大規模言語モデル(LLM)を統合しており、音声入力はスマートフォンにおけるAI/AIGC/LLMの重要なインターフェイスとなるため、Siriのハードウェアとソフトウェアの強化がAIGC推進の鍵となると指摘しています。

iPhone 16シリーズのマイクは、香港AAC Technologies社と中国Goertek社が供給するとのことです。

「iPhone 16 Pro」はテトラプリズムカメラを搭載

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 16 Pro」にはテトラプリズムカメラが搭載される見込みであるとレポートしています。

iPhone 15 Pro Maxで採用されているテトラプリズムカメラは、レンズの下でガラスを折りたたんで光線を反射させて光の到達時間を延ばすことで、120mmの焦点距離で5倍の光学ズームを実現しています。

台湾Largan Precision社はiPhone 15 Pro Max用テトラプリズムカメラレンズの独占サプライヤーで、第3四半期の生産歩留まりはわずか約40%にとどまっていたそうですが、現在は70%以上に向上しているとのことです。