「iPhone 14」タグアーカイブ

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はより高価に

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」は値上げされるとツイートしています。

クオ氏はiPhone 14 Proの価格を明らかにしていないものの、iPhone 14シリーズのProモデルは価格が上昇するため、iPhone 14シリーズの平均販売価格はiPhone 13シリーズと比べて約15%上昇し、1,000〜1,050ドルになると推定しています。

この平均販売価格は各モデルの開始価格の平均を指すようで、iPhone 14を799ドル〜、iPhone 14 Maxを899ドル〜とした場合、iPhone 14 Proは1,199ドル〜、iPhone 14 Pro Maxは1,299ドル〜になるとみられます。

現在iPhone 13 miniは699ドル、iPhone 13は799ドル、iPhone 13 Proは999ドル、iPhone 13 Pro Maxは1,099ドルで販売されています。

Apple、9月の発表イベントの撮影を開始

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、ニュースレターのPower Onで、Appleは9月前半の発表イベントの撮影を開始したようだと伝えています。

9月の発表イベントでは、常時表示ディスプレイを搭載し、画面上部の切り欠きを変更したProモデルを含む「iPhone 14」シリーズや、体温センサーを搭載した「Apple Watch Series 8」、新しい「Apple Watch SE」、ケースにチタニウムを採用し、より大きい画面と大容量バッテリーを搭載した「Apple Watch Pro」が発表される見込みです。

ガーマン氏は、10月には新しいiPadとMacを発表するイベントが開催されると予想しています。

「iPhone 14」シリーズにはパープルが追加

9to5Macが、「iPhone 14」シリーズにはパープルが追加されるようだと伝えています。

Twitterユーザの@Jiorikuによると、iPhone 14はグリーン、パープル、ブルー、ブラック、ホワイト、レッドの6色(ピンクはパープルに置き換え)、iPhone 14 Proはグリーン、パープル、シルバー、ゴールド、グラファイト(シエラブルーはパープルに置き換え)の5色のカラーラインナップとなるようです。

また、iPhone 14シリーズではチタニウム筐体が試作されたようですが、扱いづらくコスト効率が悪いため筐体にはiPhone 13と同じものが採用されると述べています。

ワイヤレス充電コイルはリバースワイヤレス充電に対応するものの当面は機能せず、iOS 16.5で利用できるようになるだろうと予想しています。MagSafeの磁石はより強力になり、新しいMagSafeバッテリー大きく重くなるとのことです。

有線では30W充電に対応し、充電サイクルの最初が30W、その後27~25W(熱によって変わる)で充電できるようになるそうです。

iPhone 14シリーズの容量はiPhone 13シリーズと変わらないとしています。

「iPhone 14」の価格はiPhone 13と同じ799ドル〜

MacRumorsが、「iPhone 14」シリーズのベースモデルはiPhone 13と同じ799ドル〜となるようだと伝えています。

韓国のブログによると、最近の価格高騰や供給網の不安定要素に直面しているにもかかわらず、世界の携帯電話市場の低迷や需要減少などを考慮するとユーザーの購買欲求を高める鍵はエントリー価格にあるため、Appleは最高役員レベルの決定でiPhone 14のベースモデルの価格を据え置くことにしたようです。

iPhone 14シリーズは、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Maxと、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxのラインナップになると見られています。

iPhone 13の日本の価格は117,800円〜です。

「iPhone 14」シリーズのベースモデル、同じA15チップ搭載のiPhone 13を上回る性能に

MacRumorsが、「iPhone 14」シリーズのベースモデルはiPhone 13シリーズを上回る性能になるようだと伝えています。

iPhone 14シリーズはProモデルのみが新しいA16チップを搭載し、ベースモデルはiPhone 13シリーズと同じA15チップを搭載すると報じられています。

リーカーのShrimpAppleProは、iPhone 14のベースモデルは一部古いハードウェアを搭載するものの、新しいセルラーモデムや内部設計の変更などにより、iPhone 13シリーズと比べて全体的な性能は向上していると述べています。

Sunny Optical、「iPhone 14」シリーズ向け広角7Pレンズの主要サプライヤーに

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、中国Sunny Optical Technology社が「iPhone 14」シリーズの広角カメラ7Pレンズ(7枚構成)の主要サプライヤーとなっていると伝えています。

iPhone 14シリーズ向け広角7Pレンズの出荷割り当ては、Sunny Optical TechnologyがProモデル向けで50〜60%、ベースモデル向けで55〜65%となっており、競合の台湾Largan Precision社や台湾Genius Electronic Optical社を上回っているとのことです。

また、Sunny Optical Technologyは2023年発売の「iPhone 15」向けToFレンズでも主要サプライヤーになる可能性があると同氏は予想しています。現行ToFレンズの主要サプライヤーはLargan Precisionです。

iPhone 14の背面カメラレンズに品質問題、出荷への影響はなし

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズにもう一つの品質の問題が見つかったものの、出荷に影響はないだろうとツイートしています。

台湾Genius Electronic Optical社のiPhone 14向け背面カメラレンズにはコーティングにクラックが発生する問題があり、Appleは1,000万枚のレンズの注文を台湾Largan Precision社に振り替えたようです。

Larganは不足分を十分に補うことができるため、iPhone 14シリーズの出荷への影響はほとんど無視できるとのことです。

クオ氏は以前、iPhone 14シリーズのメモリとパネルのサプライヤーに供給の問題があるものの、影響は限定的であると述べていました。

「iPhone 14」シリーズのサプライヤーの供給問題、影響は限定的

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズのメモリとパネルのサプライヤーが供給の問題に直面しているものの、他のサプライヤーが不足を補うことができるため今後の大量生産への影響は限定的だろうとツイートしています。

クオ氏によると、LPDDR5メモリを供給する米国Micron社と韓国SK Hynix社は、前者が認証スケジュール、後者が品質の問題により出荷が早くても第4四半期になる見通しで、それまでは韓国Samsung社が唯一のサプライヤーとなり、iPhone 14 Proの生産増加需要にも対応できるとのことです。

パネルについては、韓国LG Display社がiPhone 14とiPhone 14 Pro向けのパネルに外観の問題を抱えているものの、韓国Samsung社と中国BEO社が初期の不足を補うことができるとしています。

「iPhone 14」シリーズは前面カメラがアップグレード

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」は前面カメラがアップグレードされるとレポートしています。

クオ氏によると、前面カメラは固定フォーカスからオートフォーカスにアップグレードされ、セルフィーとビデオの性能が大幅に向上するそうです。レンズ構成は5枚から6枚にアップグレードされるとのことです。

iPhone 14シリーズ全4機種の前面カメラがアップグレードされ、絞り値ƒ/1.9のレンズを搭載する見込みです。

前面オートフォーカスカメラのサプライヤーは、CIS(CMOSイメージセンサー)がソニー社、レンズが台湾Genius Electronic Optical社と台湾Largan Precision社、VCM(ボイスコイルモータ)がアルプスアルパイン社と中国Luxshare ICT社、CCM(CMOSカメラモジュール)が韓国LG Innotek社と韓国Cowell社となるようです。

「iPhone 14」シリーズはProモデルのみ「A16」チップを搭載

9to5Macが、台湾の調査会社TrendForceが、2022年後半に発売される「iPhone 14」シリーズはProモデルのみが「A16」チップを搭載すると予想していると伝えています。

「iPhone 14」「iPhone 14 Max」はA15チップ(TSMC N5P)と6GB LPDDR4Xメモリ、「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」はA16チップ(TSMC N4)と6GB LPDDR5メモリを搭載するとTrendForceは予想しており、ベースモデルは現行のiPhone 13 Proと同じ構成となるようです。

ディスプレイは6.1インチと6.7インチ、ストレージはベースモデルが128GB/256GB/512GB、Proモデルが256GB/512GB/1TB、前面カメラは12MP、背面カメラはベースモデルが12MP+12MP、Proモデルが48MP+12MP+12MPとなるとの予想です。

アナリストのミンチー・クオ氏も同様の構成を予想しています。