「iMac」タグアーカイブ

Amazonブラックフライデー:SatechiのUSB-Cハブなどが最大45%オフ

Satechiが、11月25日(金)から12月1日(木)まで開催される「Amazon ブラックフライデー 2022」にて、対象製品を最大45%オフで提供すると発表しています。

対象製品

Apple、2023年に15インチ「MacBook Air」、新しい「Mac Pro」、AR/VRヘッドセット「Reality Pro」などを発売

9to5Macが、Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、Appleは2023年に15インチの「MacBook Air」、M3チップを搭載した「iMac」、M2ベースの「Mac Pro」、アップデートされた「HomePod」、AR/VRヘッドセットの「Reality Pro」、大型の「iPad」などを発売するようだと伝えています。

さらに、2023年末にはApple TV、HomePod、FaceTimeカメラデバイスを組み合わせた製品が登場する可能性もあるとのことです。

ビックカメラ.com、Macと同時購入で「AppleCare+」が5,000円オフ

ビックカメラ.comが、「AppleCare+」をMacと同時購入すると5,000円オフになるキャンペーンを実施しています。

MacBook ProMacBook AirMac StudioiMacMac miniが対象です。MacのAppleCare+はショッピングカートで「商品オプションを選択する」から追加できます。

キャンペーン実施期間は8月28日(日)までです。

新しい「Mac mini」と「MacBook Pro」は年内に登場

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターのPower Onで、Appleは新しい「Mac mini」とハイエンドの「MacBook Pro」を年内に発売するとレポートしています。

4〜6月期Macの売り上げは、新しいMacBook Air/Proの発売が遅かったことが影響したとみられ前年同期と比べて10億ドル近く減少したが、両機種が7〜9月期の売り上げに大きく貢献する見込みで、年内に新しいMac miniとハイエンドのMacBook Proが登場することでさらに勢いを増すだろうと同氏は述べています。また、来年までには新しい「Mac Pro」「iMac」や、15インチの「MacBook Air」が登場するとしています。

ガーマン氏は以前より、M2/M2 Proを搭載したMac miniや、M2 Pro/M2 Maxを搭載した14インチと16インチのMacBook Pro、M2 Ultra/M2 Extremeを搭載したMac Pro15インチMacBook Airなどが準備されていると述べています。

Apple、昨年に3つの27インチ「iMac」を試作?

MacRumorsが、Appleは昨年3つの27インチ「iMac」のプロトタイプを製作したようだと伝えています。

この情報は、過去にMac Studioの正確な情報をもたらしたAmethystというメンバーが3月にMacRumorsのフォーラムに投稿したものとのことです。

この人物によると、Appleは最初にIntel iMacの筐体に2020年と同じ27インチパネルとM1チップを搭載した試作機を、8月に24インチiMacと同じデザインの筐体に27インチパネルとM1チップを搭載した試作機を、11月には24インチiMacと同じデザインの黒い筐体に27インチXDRパネルとM1 Maxチップを搭載した試作機を製作したようです。

投稿された3月時点では、今年はまだ27インチiMacの新しい試作機は製作されていないとのことです。

さらに、今月には新しい「Mac Pro」の情報も投稿しています。Mac Proに採用されるAppleシリコンはCPUが32の高性能コアと8つの高効率コアからなる40コア、GPUは128コアとなるようです。試作基盤には1つのPCIeスロットがあり、メモリスロットは搭載していないそうです。

Belkin、M1 iMacの背面に取り付けられる6-in-1 USB-Cハブを発売

ベルキン株式会社が、M1 iMac向けの6-in-1 USB-Cハブ「CONNECT USB-C 6-in-1 MULTIPORT HUB WITH MOUNT」を発売しています。

CONNECT USB-C 6-in-1 MULTIPORT HUB WITH MOUNTは、iMacの背面に取り付けられるUSB-Cハブです。両面テープで取り付けるマウンタが付属し、ハブを簡単に着脱できるようになっており、他のパソコンでも使用できます。

SDカードスロット、microSDカードスロット、USB-Cポート、USB-Aポート×2、ギガビットEthernetポートを搭載しています。

価格は7,490円です。

Anker、iMacにクランプで固定できる5-in-1 USB-Cハブを発売

アンカー・ジャパン株式会社が、iMac専用USB-Cハブ「535 USB-C ハブ (5-in-1, for iMac)」を発売しています。

535 USB-C ハブは、iMacの下部にクランプで固定できるUSB-C ハブで、312MB/s対応microSD/SDカードリーダー、10Gbps対応USB-A×2、10Gbps対応USB-Cを搭載しています。

2017年以降に発売されたiMacに対応しています。iMac (2017-2020)では底部の通風口に差し込んでネジで固定できます。

価格は6,990円で、初回100個限定で15%オフの5,942円で提供しています。

24インチiMacをスタンドのまま取り付け可能なガスシリンダー式モニターアーム

株式会社センチュリーが、 24インチiMac専用モニターアーム「CEN-IMAC-SV3」を発売しています。

CEN-IMAC-SV3は、M1チップを搭載した24インチiMacをスタンドのまま取り付けることができるモニターアームです。アームは軽い力で上下移動できるガスシリンダー内蔵で、34cmの高さ調整、50cmの前後位置調整、左右360°回転が可能です。ホルダー部は±5°の傾き調整と左右180°回転が可能です。

10~50mm厚の天板にクランプまたはグロメットで取り付けることができます。価格は19,800円です。

Apple、M2シリーズ搭載Mac/iPadを準備 「M3」は来年登場

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターのPower Onで、AppleはM2チップを搭載した複数のMac/iPadを準備しているとレポートしています。

  • M2を搭載した11インチと12.9インチの「iPad Pro」
  • M2を搭載した「Mac mini」
  • M2 Proを搭載した「Mac mini」
  • M2 ProおよびM2 Maxを搭載した14インチと16インチの「MacBook Pro」
  • M2 Ultraおよび「M2 Extreme」を搭載した「Mac Pro」

さらに、AppleはAR/VRヘッドセットの最新試作機にも16GBのメモリを備えたベースのM2チップを採用しているとのことです。

Appleはすでに「M3」チップに取り組んでおり、早ければ来年にも新しい13インチと15インチの「MacBook Air」(コードネーム:J513、J515)、新しい「iMac」(コードネーム:J433)、12インチラップトップへの搭載を計画しているそうです。

今年発売される「iPhone 14」シリーズは引き続きLightningが採用されるそうですが、2023年にUSB-Cに変更されるとガーマン氏は予想しています。iPhone 14 Proは常時表示ディスプレイを搭載すると述べています。USB-CについてはA14チップ搭載・5G対応の新しいローエンドiPadにも採用されるそうです。

iPadについては、来年か再来年に14〜15インチのディスプレイを搭載した機種が発売されると予想しています。

他にも、「HomePod」や「Apple TV」の新モデルも準備されているそうです。

コードネーム「B620」と呼ばれる新しいHomePodは、初代HomePodに近いサイズとオーディオ性能で、Apple Watch Series 8と同じ「S8」チップを搭載し、上部にアップデートされたディスプレイを備え、マルチタッチ機能の噂もあるとのことです。発売は来年になるようです。

さらに、コードネーム「J255」と呼ばれる新しいApple TVは、A14チップや容量がアップしたメモリを搭載するそうです。

Satechi、M.2 SSDも追加できる24インチiMac用USB-Cドック発売

Satechiが、24インチiMac用USB-Cドック「USB-C Slim Dock for 24” iMac」を発売しています。

USB-C Slim Dock for 24” iMacは、iMacのスタンドの台座部分に設置できるUSB-Cドッキングステーションで、10GbpsのUSB-C、10GbpsのUSB-A、480MbpsのUSB 2.0×2、micro/SDカードリーダーを搭載し、NMVeまたはSATA接続のM.2 SSDを組み込めるようになっています。USB-C Slim Dockの上にMagic Keyboardを設置することも可能です。

カラーはシルバーとブルー、価格は149.99ドルで、現在20%オフクーポンコード「IMAC20」を提供しています。