「iMac」タグアーカイブ

「macOS Big Sur 11.3」「iOS/iPadOS 14.5」などのベータ5公開、「A14X」チップや新「iMac」に関する記述が見つかる

Apple Inc.が、「macOS Big Sur 11.3 Beta 5」(ビルド20E5217a)、「iOS 14.5 Beta 5」(ビルド18E5186a)、「iPadOS 14.5 Beta 5」(ビルド18E5186a)、「watchOS 7.4 Beta 5」(ビルド18T5190a)、「tvOS 14.5 Beta 5」(ビルド18L5193a)をApple Developer ProgramメンバーとApple Beta Software Programメンバーに配布しています。

9to5Macによると、iOS 14.5では、これまでのiOSデバイスには採用されていない「13G」というGPUに関する記述があり、ネーミング体系からすると「A14X」チップのGPUとみられるとのことです。

A14XチップはM1チップと同等の性能で、新しい「iPad Pro」に搭載されると報じられています。

また、「J517」「J518」「J522」「J523」という新しいiPadの開発コード名も判明したとのことです。

さらに、macOS Big Sur 11.3 Beta 5では、新しい「iMac」の機種ID「iMac21,1」「iMac21,2」の記述が発見されています。

macOS Big Sur 11.3の新機能

  • Safariのスタートページのカスタマイズオプション
  • Appleシリコン搭載Mac向けのiOS/iPadOSアプリでタッチ操作にキーボードコマンドを割り当てることができる設定パネル
  • iPadOSアプリのウィンドウの拡大機能
  • ミュージックAppの自動再生機能
  • Apple MusicのMade For Youショートカット
  • ステレオペア設定のHomePodのサポート
  • リマインダーAppで日付、作成日、優先度、タイトル順での並び替え
  • PlayStation 5 DualSenseおよびXbox Series X/Sワイヤレスコントローラーのサポート

iOS/iPadOS 14.5の新機能

  • 新しい絵文字
  • ミュージックAppの新しいスライドジェスチャーやポップオーバーメニュー
  • マスク着用時にwatchOS 7.4を搭載したApple Watchを使ってiPhoneをロック解除できる機能
  • デュアルSIMモードでの5Gのサポート
  • Siriで緊急電話をかける
  • 設定Appのトラッキングの許可を求めるメッセージを表示しないようにする設定とアプリごとの設定
  • 探すAppに追加されたBeatsの対応ヘッドフォン/イヤフォンなどを追跡できるアイテムタブ
  • Podcastsアプリのデザイン変更
  • リマインダーAppで日付、作成日、優先度、タイトル順での並び替え
  • 消音時に緊急速報の音を鳴らさない設定
  • iPad (第8世代)、 iPad Air (第4世代)、11インチiPad Pro (第2世代)、12.9インチiPad Pro (第4世代)でSmart Folioを閉じている際に内蔵マイクをミュートにするプライバシー機能(iPadOS 14.5)
  • iPadが横向きの場合に起動画面を横向きで表示(iPadOS 14.5)
  • PlayStation 5 DualSenseおよびXbox Series X/Sワイヤレスコントローラーのサポート(iPadOS 14.5)

新デザインの「iMac」は5色のカラーラインナップに

コンセプトイメージ

Front Page Techのジョン・プロッサー氏が、今年発売される新デザインの「iMac」は5色のカラーラインナップとなるようだと伝えています。

新デザインのApple Silicon iMacは、第4世代iPad Airと同じシルバー、スペースグレイ、グリーン、スカイブルー、ローズゴールドの5色が発売されるようです。

新しいiMacは、Pro Display XDRに似たデザインになると噂されています。

また、Appleが準備しているApple Siliconを搭載した新しい「Mac Pro」については、3〜4台のMac miniを重ねたようなデザインで、下部にコンピュートユニット、上部に大きなヒートシンクが設置されると述べています。

Apple、「MacBook Air」のハイエンドモデルを準備

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleはより薄型で軽量のハイエンド「MacBook Air」を準備しているようだと伝えています。

早ければ今年後半、もしくは2022年に発売されるMacBook Airの新モデルは、ディスプレイは13インチのままで画面のフチが細くなってより小さくなるとのことです。また、今年中頃に登場すると報じられている新しい「MacBook Pro」と同様、MagSafeが採用されるそうです。

AppleはMacBook Air‌の15インチモデルも検討していたそうですが、今回は登場しないようです。

新しいMacBook Proについては、SDカードスロットも復活するとのことです。

さらにAppleは、Macでセルラー接続とFace IDをサポートする計画のようで、Face IDは今年発売の新デザインの「iMac」への搭載が予定されていたそうですが、新型iMacの最初のモデルには間に合わないようです。

Apple、新デザインの「iMac」、2つの新しい「Mac Pro」、低価格外部モニターを準備

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは新デザインの「iMac」と新しい「Mac Pro」を準備しているようだと伝えています。

開発コード名「J456」と呼ばれる21.5インチと、「J457」と呼ばれる27インチの新しいiMacは、画面のベゼルがスリムになって画面下のアゴ部分がなくなり、背面はフラットで、Pro Display XDRに似たデザインになるようです。

iMacの新モデルは次世代のAppleシリコンを搭載し、今年発売されるとのことです。

新しいMac Proは2つのモデルが準備されているようで、1つは現行モデルのアップグレードモデルでデザインに変更はなく、AppleはIntelのプロセッサの採用を継続するか検討しているそうです。

もう1つは、Appleシリコンを搭載し、サイズは現行モデルの半分以下で、外観の大部分にはアルミニウムが採用されるようです。

Appleは他にも、Pro Display XDRとは別の価格を抑えた外部モニターを開発しているとのことです。

新しいMac Proと低価格外部モニターの発売時期に付いては触れられていません。

Apple、次世代Appleシリコン搭載「MacBook Pro」「iMac」を2021年に発売、「Mac Pro」は2022年に

Bloombergが、AppleはIntelの最速チップをしのぐ次世代のMac向けAppleシリコンを準備していると伝えています。

情報筋によると、Appleは2021年に発売する「MacBook Pro」と「iMac」向けに16の高性能コアと4つの高効率コアを搭載した次世代チップを準備しているそうです。製造状況によっては、高性能コアが8もしくは12に変更される可能性もあるとのことです。

さらに、2021年後半にはよりハイエンドのデスクトップコンピュータを、2022年には半分のサイズのMac Proを発売する計画で、32の高性能コアを搭載したAppleシリコンをテストしているそうです。

GPUの強化も計画されており、ハイエンドラップトップとミッドレンジデスクトップ向けに16コアと32コアのGPUをテストしており、64コアや128コアのGPUも開発しているとのことです。

Amazonタイムセール祭り:SatechiのApple Watch用充電ドックなどが特別価格

USB-Cマグネット式充電ドック

Satechi Japanが、9月21日(月・祝)まで開催の「Amazonタイムセール祭り」にて、Apple Watch用充電ドック、ハブ機能搭載iMac用スタンド、BLuetooth拡張テンキーを特別価格で提供しています。

Twelve SouthのiMac/ディスプレイ用スタンドが日本で発売

フォーカルポイント株式会社が、米国Twelve South社のiMac/ディスプレイ用スタンドを発売したと発表しています。

「Curve Riser」は、幅31.6×奥行き23.5×高さ10.8cmのメタルスタンドで、Mac miniなどを収められる収納棚を備えています。

価格は10,780円で、SHOP FOCAL楽天市場Yahoo!ショッピングにて販売中です。

Amazonタイムセール祭り:OWCのiMac 2019-2020/Mac mini 2018対応メモリが15%オフ

Other World Computing, Inc.が、8月31日(月)まで開催の「Amazonタイムセール祭り」にて、iMac (2019-2020)/Mac mini (2018)対応メモリを15%オフで提供しています。

OWC Memory Upgrade Kit 2666MHz
iMac (2019-2020)/Mac mini (2018)対応

  • 16GB14,960円(通常17,600円)
  • 16GB (8GB×2):14,025円(通常16,500円)
  • 32GB (16GB×2):29,920円(通常35,200円)
  • 64GB (32GB×2):59,840円(通常70,400円)

iMac (2019-2020)対応

  • 32GB (8GB×4):25,972円(通常30,556円)
  • 96GB (32GB×2+16GB×2):81,812円(通常96,250円)
  • 128GB (32GB×4):98,642円(通常116,050円)

秋葉館、iMac (2020)対応メモリを発売

秋葉館が、iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)に対応したメモリを発売しています。

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)、Mac mini (2018)にも対応しています。

サンワサプライ、液晶ディスプレイ/ノートPC対応のアルミ製回転台を発売

サンワサプライ株式会社が、液晶ディスプレイやノートパソコンに対応したアルミ製回転台を発売したと発表しています。

CR-40」と「CR-41」は、直径22cmと33cmのアルミニウム製回転台です。耐荷重は10kgで、液晶ディスプレイやノートパソコンなどを設置できます。

直販価格は3,280円と4,600円です。