「Apple Watch Series 8」タグアーカイブ

Apple、9月の発表イベントの撮影を開始

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、ニュースレターのPower Onで、Appleは9月前半の発表イベントの撮影を開始したようだと伝えています。

9月の発表イベントでは、常時表示ディスプレイを搭載し、画面上部の切り欠きを変更したProモデルを含む「iPhone 14」シリーズや、体温センサーを搭載した「Apple Watch Series 8」、新しい「Apple Watch SE」、ケースにチタニウムを採用し、より大きい画面と大容量バッテリーを搭載した「Apple Watch Pro」が発表される見込みです。

ガーマン氏は、10月には新しいiPadとMacを発表するイベントが開催されると予想しています。

「Apple Watch Series 8」はSeries 7と同じデザインに

リーカーのShrimpAppleProが、新しい「Apple Watch Series 8」にデザインの変更はないとツイートしています。

Apple Watch Series 8は、Apple Watch Series 7と同じデザインで、41mmと45mmのアルミニウムケースモデル(ミッドナイト、スターライト、シルバー、PRODUCT(RED))と、ステンレススチールケースモデル(シルバー、グラファイト)のラインナップで、チタニウムケースモデルは提供されないとのことです。

情報筋によると見た目では新しいセンサーは搭載されていないそうです。量産は8月下旬から開始される予定で、遅れはないようです。

「Apple Watch Series 8」により大きい1.99インチディスプレイ搭載モデルが追加

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏が、「Apple Watch Series 8」は1.99インチ(50.55mm)のディスプレイを搭載するとツイートしています。

ヤング氏は昨年、Apple Watch Series 8に3つのサイズがあっても驚かないようにとツイートしており、同氏はこれについての質問に対して「新しいサイズはより大きい1.99インチ」と答えています。

MacRumorsによるとアナリストのジェフ・プー氏は、中国Luxshare Precision Industry社がハイエンドとなる2インチApple Watchの唯一のサプライヤーになると述べているとのことです。

現行のApple Watch Series 7は、41mmモデルが1.691インチ(42.95mm)、45mmモデルが1.901インチ(48.29mm)のディスプレイを搭載しています。

「Apple Watch Series 7」は画面と性能がアップデート、エクストリームスポーツモデルは2022年に登場

Bloombergが、新しい「Apple Watch Series 7」はより高速なプロセッサ、向上したワイヤレス接続、アップデートされたディスプレイを搭載するようだと伝えています。

Appleはよりスリムなディスプレイベゼルと、画面とフロントカバーの距離を縮める新しい積層技術をテストしているとのことです。新モデルはわずかに厚さが増すようです。また、アップデートされた超広帯域無線通信機能を搭載するとのことです。

Apple Watch Series 7には当初、体温センサーが搭載される予定だったそうですが、2022年モデルから搭載される可能性が高くなったとしています。血糖値センサーについてはあと数年かかるようです。

2022年には「Apple Watch Series 8」に加え、「Apple Watch SE」の後継モデルと、エクストリームスポーツ向けモデルが発売されるそうです。