「マーク・ガーマン」タグアーカイブ

「iPadOS 15」は通知やiPadのホーム画面がアップグレード

Bloombergが、次期「iOS 15」は「iPadOS 15」は通知、iPadのホーム画面、ロック画面などが改良されるようだと伝えています。

iOS/iPadOS 15では、運転中、仕事中、睡眠中など現在の状況に応じた通知の設定ができるようになるとのことです。現在の状況に応じた自動返信メッセージを設定することも可能になるようです。

また、iMessageのアップグレードにも取り組んでいるそうです。

iPadOS 15では、ホーム画面が大幅にアップデートされる予定で、iOS 14のiPhoneのホーム画面のようにウィジェットをホーム画面の好きな位置に配置できるようになるとのことです。

情報筋によると、開発コード名「Sky」と呼ばれるiOS/iPadOS 15は、6月7日(月)からオンラインで開催される「WWDC21」で発表されるそうです。

Apple、Apple TVにHomePodやカメラを組み合わせた製品などを開発中

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはApple TVとHomePodを組み合わせた製品などを準備しているようだと伝えています。

情報筋は、AppleはApple TVセットトップボックスに、HomePodスマートスピーカー、ビデオ通話用のカメラや、スマートホーム機能などを統合した製品を開発していると述べています。

さらに、iPadとHomePodを組み合わせたようなタッチスクリーン搭載ハイエンドスピーカーの発売も検討しており、ロボットアームを使ってEcho Show 10のようにユーザを追従する機能を探究しているそうです。

ガーマン氏は、これらの製品の開発はまだ初期段階で、主要機能の変更や発売の見送りの可能性もあるとしています。

新しい「iPad Pro」、早ければ4月後半に発表

Bloombergが、Appleは新しい「iPad Pro」を早ければ4月後半に発表するようだと伝えています。

関係者によると、新しい12.9インチiPad ProはミニLEDディスプレイを搭載するものの、サプライヤーの製造歩留まりが低く、あるミニLEDメーカーは最近生産中断を余儀なくされたようです。

このような状況でもAppleは今月にも11インチと12.9インチのiPad Proを発表する計画のようです。

Bloombergは先月、iPad Proは、M1チップと同等の「A14X」チップや、強化されたカメラ、Thunderboltを搭載すると報じていました。

Apple、エクストリームスポーツ向けの高耐久「Apple Watch」を検討

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleがエクストリームスポーツ向けの高耐久「Apple Watch」を発売するかもしれないと伝えています。

情報筋によると、Appleはアスリートやハイカーなど厳しい環境で使用する人をターゲットにした丈夫なケーシングを採用したApple Watchを2021年もしくは2022年に発売することを検討しているとのことです。

Apple内部では「Explorer Edition」(エクスプローラー・エディション)とも呼ばれている高耐久モデルは、スタンダードのApple Watchと同じ機能で、G-Shockのような耐衝撃性や保護性を備えたケーシングを採用するだろうとガーマン氏は述べています。

また、AppleはApple Watchの新機能として、水泳のトラッキング機能も準備しているとのことです。

Thunderbolt搭載の新しい「iPad Pro」、4月に発表

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは早ければ4月にも新しい「iPad Pro」を発表する計画のようだと伝えています。

新しい11インチと12.9インチのiPad Proは、M1チップと同等の「A14X」チップや、強化されたカメラを搭載し、少なくとも12.9インチモデルにはミニLEDディスプレイが採用されるようです。

さらにAppleは、USB-Cよりも高速なデータ転送が可能で、ディスプレイやハードドライブなども接続できるThunderboltを搭載したiPad Proをテストしているとのことです。

ガーマン氏は、Appleは他にも、より薄型で軽量のエントリーレベル「iPad」を今年中に、大きいディスプレイを搭載した「iPad mini」を早ければ年内に発売する予定であるとしています。

Apple、iPhone 12ファミリー用のMagSafeバッテリーパックを準備

Bloombergが、AppleはiPhone 12ファミリー用のマグネット式バッテリーパックを準備しているようだと伝えています。

情報筋によると、iPhone 12ファミリーにMagSafeで取り付けてワイヤレスで充電できるバッテリーパックは1年以上前から開発されており、iPhone 12シリーズの登場から数ヶ月中に発売される計画だったようです。

しかし、iPhoneが誤ってバッテリーパックの過熱を示すといったソフトウェアの問題や、ユーザがiPhoneにケースをつけた状態とつけていない状態で使用する場合に関連した問題などがあり、開発に遅れが生じているそうです。情報筋は場合によっては発売されない可能性もあると述べています。

iOS 14.5 Beta 2には、MagSafeを利用してiPhone 12シリーズを充電する「バッテリーパック」という記述が含まれてることが確認されています。

Apple、「MacBook Air」のハイエンドモデルを準備

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleはより薄型で軽量のハイエンド「MacBook Air」を準備しているようだと伝えています。

早ければ今年後半、もしくは2022年に発売されるMacBook Airの新モデルは、ディスプレイは13インチのままで画面のフチが細くなってより小さくなるとのことです。また、今年中頃に登場すると報じられている新しい「MacBook Pro」と同様、MagSafeが採用されるそうです。

AppleはMacBook Air‌の15インチモデルも検討していたそうですが、今回は登場しないようです。

新しいMacBook Proについては、SDカードスロットも復活するとのことです。

さらにAppleは、Macでセルラー接続とFace IDをサポートする計画のようで、Face IDは今年発売の新デザインの「iMac」への搭載が予定されていたそうですが、新型iMacの最初のモデルには間に合わないようです。

Apple、新デザインの「iMac」、2つの新しい「Mac Pro」、低価格外部モニターを準備

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは新デザインの「iMac」と新しい「Mac Pro」を準備しているようだと伝えています。

開発コード名「J456」と呼ばれる21.5インチと、「J457」と呼ばれる27インチの新しいiMacは、画面のベゼルがスリムになって画面下のアゴ部分がなくなり、背面はフラットで、Pro Display XDRに似たデザインになるようです。

iMacの新モデルは次世代のAppleシリコンを搭載し、今年発売されるとのことです。

新しいMac Proは2つのモデルが準備されているようで、1つは現行モデルのアップグレードモデルでデザインに変更はなく、AppleはIntelのプロセッサの採用を継続するか検討しているそうです。

もう1つは、Appleシリコンを搭載し、サイズは現行モデルの半分以下で、外観の大部分にはアルミニウムが採用されるようです。

Appleは他にも、Pro Display XDRとは別の価格を抑えた外部モニターを開発しているとのことです。

新しいMac Proと低価格外部モニターの発売時期に付いては触れられていません。

Appleが折りたたみ式「iPhone」を検討、2021年モデルでは画面内Touch IDをテスト

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは折りたたみ式の「iPhone」を検討しているようだと伝えています。

Appleは折りたたみ式画面を搭載したiPhoneの初期開発を始めており、折りたたみ式ディスプレイの試作機を開発しているようですが、発売計画は固まっておらず、まだ画面のみの開発にとどまっているとのことです。

ガーマン氏は、折りたたみ式iPhoneは登場が何年か先になるか、発売されない可能性もあるとしています。

また、2021年発売の新しいiPhoneは、大きな変更のないマイナーアップグレードになるようで、AppleのエンジニアはiPhone 12の「S」バージョンとみなしているそうです。

全体の変更はマイナーになるものの、Appleは画面内に指紋センサー「Touch ID」を埋め込むテストを進めているとのことです。

さらに、AppleはiPhoneの一部の機種で充電ポートを廃止してワイヤレス充電のみにすることを検討しているそうです。

MagSafe搭載の新しい「MacBook Pro」、今年中頃に発売

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは14インチと16インチの新しい「MacBook Pro」を今年中頃に発売する予定であると伝えています。

開発コード名「J314」と呼ばれる14インチモデルと、「J316」と呼ばれる16インチモデルは、コアをさらに追加し、グラフィックも強化した次世代のAppleシリコンや、輝度とコントラストが向上したパネルを搭載するそうです。

さらに、ミンチー・クオ氏がレポートしていたように、新しいMacBook Proには「MagSafe」が採用されるようで、高速充電が可能になるそうです。

クオ氏は、新モデルはiPhone 12シリーズのようなフラットエッジのデザインに変更されると述べていましたが、ガーマン氏は現行モデルに似たデザインになるとしています。

またAppleは、Touch Barを省いたバージョンもテストしているそうです。

さらに、新デザインの「MacBook Air」も準備されているようですが、新しいMacBook Proの発売からかなり後に登場するようです。