「マーク・ガーマン」タグアーカイブ

Face IDは数年内にMacに搭載

9to5Macが、マーク・ガーマン氏によると、顔認証のFace IDは数年内にMacに搭載されるようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleはすべての主要製品にFace IDを搭載することを最終目標としており、数年のうちにMacにFace IDが搭載される見込みで、すべてのiPhone/iPadもTouch ICからFace IDに移行するだろうと述べています。

新デザインの「iPad mini」は秋に登場 大型のAppleシリコン搭載「iMac」も準備中

9to5Macが、マーク・ガーマン氏によると、新デザインの「iPad mini」は秋に発売されるようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、新しいiPad miniはスリムベゼルでホームボタンがないiPad Airに似たデザインになり、今年の秋に発売されるだろうと述べています。

また、Appleは大きいサイズのAppleシリコン搭載「iMac」を準備しており、M1XチップかM2Xチップを搭載するようです。

Apple、WWDCでプライバシーツールやiPadOSの強化などを発表

BLoombergが、AppleはWWDCで「iOS 15」「iPadOS 15」の新しいプライバシー保護機能や、ヘルストラッキング機能、通知機能、メッセージ機能、iPadのマルチタスキング機能の強化などを発表する計画であると伝えています。

プライバシー機能については、各アプリケーションがどんなデータを収集しているかを確認できるコントロールパネルが追加されるとのことです。

通知機能については以前、運転中、仕事中、睡眠中といった状況に応じた通知の設定ができるようになると報じていました。また、メッセージの自動返信機能の強化や、通知バナーのデザイン変更も含まれるそうです。

iPadOS 15ではホーム画面が大幅にアップデートされ、ウィジェットをホーム画面の好きな位置に配置できるようになるとしており、マルチタスキング機能も改善されるとのことです。

iOS/iPadOS 15で予定されていたロック画面の改良については延期されたようです。

macOSのアップデートはややマイナーなものとなり、watchOSについてはヘルストラッキング機能やインターフェイスの改善が含まれるとしています。

Apple、ワイヤレス充電機能を備えた「iPad Pro」と新デザインの「iPad mini」を準備

Bloombergが、Appleはワイヤレス充電機能を搭載した「iPad Pro」と、新デザインの「iPad mini」を準備していると伝えています。

情報筋によると、Appleは2022年に新しいiPad Proを、年内に新しいiPad miniを発売するようです。

AppleはiPad Proにワイヤレス充電機能を搭載する計画で、iPhone 12シリーズと同様のMagSafeシステムやガラスの背面をテストしているとのことです。さらに、iPhoneなどをiPad Proの背面に置いて充電できるリバースワイヤレス充電機能も試しているようです。

新しいiPad miniは、ディスプレイベゼルが細くなり、ホームボタンは廃止されるそうです。

また、より薄型の「iPad」も準備しているようで、早ければiPad miniと同じ年末頃に発売されるとのことです。

新デザインの「AirPod 3」は今年、フィットネストラッキング機能搭載の「AirPods Pro 2」は来年登場

Bloombergが、新しい「AirPods」と「AirPods Pro」が2021年と2022年に登場するようだと伝えています。

情報筋によると、今年発売の次期AirPodsは、現行のAirPods Proとほぼ同じデザインで、柄の部分は短くなり、新しい充電ケースが同梱されるとのことです。

新しい第2世代のAirPods Proは、フィットネストラッキング機能向けに新しいモーションセンサーを搭載するようです。Appleは当初、今年の発売を目指していたそうですが、来年にずれ込むそうです。

新しい「MacBook Pro」は夏にも登場、「MacBook Air」「Mac Pro」「iMac」「Mac mini」も準備中

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleが準備している新しい「MacBook Pro」「MacBook Air」「Mac Pro」「iMac」「Mac mini」に関してレポートしています。

新しい14インチと16インチのMacBook Proは早ければ夏に登場する見込みで、新デザインの筐体を採用し、MagSafeや、より多くの外付けドライブを接続できる複数のポート、HDMIポート、SDカードスロットを搭載するとみられています。

Appleは、8つの高性能コアと2つの高効率コアからなる10コアCPUと16または32のGPUコアを搭載する、開発コード名「Jade C-Chop」「Jade C-Die」と呼ばれる2種類のシステムオンチップを採用する計画のようです。これらのチップは最大64GBのメモリと、強化されたNeural Engineも搭載するとのことです。

デザインが新しくなったMacBook Airは、早ければ年末に発売される予定で、M1と同じCPUコア数でもより高速なM1の後継チップ(開発コード名:Staten)を搭載するようです。GPUコアは9または10に増えるそうです。

ローエンドの13インチMacBook Proのアップデートも準備中で、新しいMacBook Airと同じチップが採用されるとのことです。

Mac Proは、16または32の高性能コアと4つまたは8つの高効率コアからなる20または40のCPUコアと、64または128のGPUコアを搭載する、開発コード名「Jade 2C-Die」「Jade 4C-Die」と呼ばれるチップが採用されるとのことです。新しいMac Proは現行モデルよりも小さいサイズになるとみられています。

iMacはより大型のモデルが開発されているそうですが、24インチiMacの発売にフォーカスするために数ヶ月前に開発が中断したそうです。

他にも、新デザインのMacBook Proと同じチップを搭載するハイエンドのMac mini(開発コード名:J374)も準備中のようです。

「iPadOS 15」は通知やiPadのホーム画面がアップグレード

Bloombergが、次期「iOS 15」「iPadOS 15」は通知、iPadのホーム画面、ロック画面などが改良されるようだと伝えています。

iOS/iPadOS 15では、運転中、仕事中、睡眠中など現在の状況に応じた通知の設定ができるようになるとのことです。現在の状況に応じた自動返信メッセージを設定することも可能になるようです。

また、iMessageのアップグレードにも取り組んでいるそうです。

iPadOS 15では、ホーム画面が大幅にアップデートされる予定で、iOS 14のiPhoneのホーム画面のようにウィジェットをホーム画面の好きな位置に配置できるようになるとのことです。

情報筋によると、開発コード名「Sky」と呼ばれるiOS/iPadOS 15は、6月7日(月)からオンラインで開催される「WWDC21」で発表されるそうです。

Apple、Apple TVにHomePodやカメラを組み合わせた製品などを開発中

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはApple TVとHomePodを組み合わせた製品などを準備しているようだと伝えています。

情報筋は、AppleはApple TVセットトップボックスに、HomePodスマートスピーカー、ビデオ通話用のカメラや、スマートホーム機能などを統合した製品を開発していると述べています。

さらに、iPadとHomePodを組み合わせたようなタッチスクリーン搭載ハイエンドスピーカーの発売も検討しており、ロボットアームを使ってEcho Show 10のようにユーザを追従する機能を探究しているそうです。

ガーマン氏は、これらの製品の開発はまだ初期段階で、主要機能の変更や発売の見送りの可能性もあるとしています。

新しい「iPad Pro」、早ければ4月後半に発表

Bloombergが、Appleは新しい「iPad Pro」を早ければ4月後半に発表するようだと伝えています。

関係者によると、新しい12.9インチiPad ProはミニLEDディスプレイを搭載するものの、サプライヤーの製造歩留まりが低く、あるミニLEDメーカーは最近生産中断を余儀なくされたようです。

このような状況でもAppleは今月にも11インチと12.9インチのiPad Proを発表する計画のようです。

Bloombergは先月、iPad Proは、M1チップと同等の「A14X」チップや、強化されたカメラ、Thunderboltを搭載すると報じていました。

Apple、エクストリームスポーツ向けの高耐久「Apple Watch」を検討

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleがエクストリームスポーツ向けの高耐久「Apple Watch」を発売するかもしれないと伝えています。

情報筋によると、Appleはアスリートやハイカーなど厳しい環境で使用する人をターゲットにした丈夫なケーシングを採用したApple Watchを2021年もしくは2022年に発売することを検討しているとのことです。

Apple内部では「Explorer Edition」(エクスプローラー・エディション)とも呼ばれている高耐久モデルは、スタンダードのApple Watchと同じ機能で、G-Shockのような耐衝撃性や保護性を備えたケーシングを採用するだろうとガーマン氏は述べています。

また、AppleはApple Watchの新機能として、水泳のトラッキング機能も準備しているとのことです。