「マーク・ガーマン」タグアーカイブ

「iPad Air」の在庫が減少 新モデル発売の兆し

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターの「Power On」で、新しいiPadの発売が迫る中、現行モデルの在庫が減少していると伝えています。

Appleは5月第2週に新しい「iPad Pro」と「iPad Air」を発売する見込みで、複数の小売店の関係者によると、iPad Airの一部機種の在庫が減り始めているとのことです。

iPad Proについてはまだ在庫は潤沢のようで、単に在庫を捌けていない可能性が高いが、OLEDパネルを搭載する新モデルの価格が大幅に上がることを考慮すれば、新モデル発売後も現行モデルの販売を継続する可能性もあるとガーマン氏は指摘しています。

M4チップファミリー搭載Macの発売時期

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターの「Power On」にて、M4チップファミリー搭載Macの発売スケジュールについて詳述しています。

M4チップファミリーはAI処理能力の向上に焦点を当てて設計されており、Appleシリコンに移行してから初めてすべてのMacが新世代のチップに移行することになるとのことです。

開発中のM4チップファミリー搭載Macとその発売時期

  • M4を搭載した14インチのMacBook Pro:2024年末頃
  • M4を搭載したiMac:2024年末頃
  • M4 Pro/Maxを搭載した14インチと16インチのMacBook Pro:2024年末〜2025年初頭
  • M4とM4 Proを搭載したMac mini:2024年末〜2025年初頭
  • 13インチと15インチのMacBook Air:2025年春頃
  • ハイエンドのM4チップを搭載したMac Studio:2025年中頃
  • M4 Ultraを搭載したMac Pro:2025年後半

Apple、AIにフォーカスした「M4」チップ搭載Macを今年後半から投入

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは「M4」チップファミリーを搭載したMacを今年後半から発売する予定であると伝えています。

今年のAppleの大きな焦点は、製品全体に新しいAI機能を追加することで、機能の大部分はリモートサーバーではなくデバイス上で実行するように設計されており、M4はAI処理能力の向上に焦点を当てて設計されているとのことです。

M4チップファミリーは、エントリーレベルの「Donan」、上位の「Brava」、最上位の「Hidra」というコードネームの3種類が準備されており、これらを搭載した「iMac」、ローエンドの14インチ「MacBook Pro」、ハイエンドの14インチおよび16インチ「MacBook Pro」、「Mac mini」が今年後半から来年初頭にかけて、13インチと15インチの「MacBook Air」が2025年春までに、「Mac Studio」が2025年半ばに、「Mac Pro」が2025年後半に登場する予定のようです。

新しい「iPad Pro」「iPad Air」は5月6日の週に発売

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターの「Power On」で、新しいiPadはおそらく5月6日の週に発売されだろうと聞いていると伝えています。

Appleの直営店はその週に新製品のマーケティング用品を受け取る予定のようです。

Appleは、OLEDパネルとM3チップを搭載した「iPad Pro」、新たに12.9インチモデルを加えたM2チップ搭載「iPad Air」、トップケースがアルミニウムに変更されたiPad Pro用「Magic Keyboard」、スクイーズジェスチャーや「探す」機能に対応するとみられる「Apple Pencil」を発表する見込みです。

Apple、家庭用ロボットへの参入を検討

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleはパーソナルロボティクスへの参入を検討していると伝えています。

関係者によると、Appleのエンジニアは家の中でユーザーのあとをついてまわることができるモバイルロボットを研究しており、ロボット工学を使ってディスプレイを移動させる高度な卓上型ホームデバイスも開発しているとのことです。

卓上型ホームデバイスはモバイルロボットよりもはるかに進んでいるものの、何年にもわたって製品ロードマップに追加されたり削除されたりしてきたそうです。

ロボットの当初のコンセプトは、完全自律移動型で、ビデオ会議ツールとして機能するデバイスだったようで、シンクで皿洗いをするといった家事もこなせるようにするというアイデアもあったようです。しかし、そのためには非常に難しいエンジニアリングの課題を克服する必要があり、この10年では実現しそうにないとのことです。

Amazonは2021年に、ホームモニタリング機能や、高齢者の見守り機能、ビデオ通話機能、物を運ぶ機能などを搭載した家庭用ロボット「Astro」を発表しています。

Apple、新しい「iPad Pro」「iPad Air」を5月上旬に発売

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、新しい「iPad Pro」と「iPad Air」は5月上旬に発売されるようだと伝えています。

Appleは3月下旬か4月上旬に新しいiPadの発売を予定していたようですが、新モデル向けのiPadOSはまだ完成していないとのことです。また、ディスプレイに複雑で新しい製造技術が必要なことも遅れの原因となっているようです。

新しいiPad ProはOLEDディスプレイやM3チップを搭載し、新しいMagic KeyboardとApple Pencinが同時に発売されるとみられています。新しいiPad Airには12.9インチモデルが追加される見込みです。

Apple、「WWDC24」でAI戦略を発表

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは「WWDC24」でAI戦略を発表する計画であると伝えています。

関係者によると、WWDC24のプレゼンテーションはAIに大きくフォーカスしたものになるとのことです。

Appleのグワールドワイドマーケティング担当上級副社長のレッグ・ジョズウィアック氏は、WWDC24について「It’s going to be Absolutely Incredible!」(絶対に素晴らしいものになるだろう)とXに投稿しており、「Absolutely Incredible」の頭文字を大文字にしてAIを示唆しているようです。

「iOS 18」はホーム画面のカスタマイズ性が向上

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

9to5Macが、「iOS 18」はホーム画面のカスタマイズ性が向上するようだと伝えています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、iOS 18はホーム画面がよりカスタマイズ可能になるとだけ述べており、詳細には触れていません。

AppleはiOS 18を最大のiOSアップデートの1つとみなしており、自社開発のAIモデルをベースにした新機能を搭載するほか、GoogleやOpenAIなどの生成AI技術の搭載に向けて協議していると報じられています。

Apple、Apple Watch向けマイクロLEDディスプレイ開発プロジェクトを中止

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはApple Watch向けマイクロLEDディスプレイの計画を中止したと伝えています。

関係者によると、Appleはこの数週間でマイクロLED技術を採用したディスプレイを作る取り組みを中止しており、ディスプレイエンジニアリングチームの再編と数十人の人員削減を行っているそうです。

Appleは他の将来の製品のためにmicroLEDへの投資は継続しているとのことです。

新しいiPadは3月26日(火)発表の噂、マーク・ガーマン氏が否定

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、新しいiPadが3月26日(火)に発表されるという噂について「違う」とコメントしています。

この噂は、サードパーティーのアクセサリーメーカーが新しいiPad Pro/Air向けケースの発売日を3月26日(火)としており、この日が新しいiPadの発売日と予想されるとのIT之家の記事が発端となっているようです。

ガーマン氏は、新しいiPadをサポートするiOS 17.4の特別バージョンは3月末か4月に完成する見込みで、工場でのインストール作業には数週間かかるだろうと予想しています。