「iPadOS」タグアーカイブ

「macOS 13」「iOS 16.1」「iPadOS 16.1」「watchOS 9.1」「tvOS 16.1」の最新ベータ版公開

Apple Inc.が、「macOS Ventura 13 beta 9」(ビルド22A5358e)と、「iOS 16.1 beta 3」(ビルド20B5056e)、「iPadOS 16.1 beta 4」(ビルド20B5056e)、「watchOS 9.1 beta 3」(ビルド20S5055e)、「tvOS 16.1 beta 3」(ビルド20K5052c)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 16.1 beta 3の新機能や変更点は次の通りです。

  • 設定Appの壁紙で、現在の壁紙に加え他の壁紙をカスタマイズしたり、新しい壁紙を追加したりできるように
  • 設定AppにMatterアクセサリが追加
  • 11月より米国とカナダで利用できるようになるiPhone 14シリーズの「衛星経由の緊急SOS」関連のコードが追加

また、Engadgetが、iPadOS 16.1 beta 4では「ステージマネージャ」がM1チップ搭載iPad Pro/Airに加え、2018年と2020年発売の12.9インチiPad Pro (第3・第4世代)、11インチiPad Pro (第1・第2世代)でも利用できるようになったと伝えています。

一方、このバージョンではステージマネージャの外部ディスプレイのサポートが削除されており、Appleは年内に提供するソフトウェアアップデートで利用できるようになるとコメントしています。なお、外部ディスプレイのサポートは当初の発表通りM1チップ搭載iPad Pro/Airのみになるとのことです。

「macOS 13」「iOS 16.1」「iPadOS 16.1」「watchOS 9.1」「tvOS 16.1」の最新ベータ版公開

Apple Inc.が、「macOS Ventura 13 beta 8」(ビルド22A5352e)と、「iOS 16.1 beta 2」(ビルド20B5050f)、「iPadOS 16.1 beta 3」(ビルド20B5050f)、「watchOS 9.1 beta 2」(ビルド20S5049d)、「tvOS 16.1 beta 2」(ビルド20K5046d)、「Xcode 14.1 beta 2」(ビルド14B5024i)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 16.1 beta 2に追加された新機能や変更点は次の通りです。

  • iPhone X以降でステータスバーのバッテリーアイコンで残量をパーセンテージで表示している場合でも、残量に合わせてアイコンが変化するように
  • 僅かに大きくなったバッテリーアイコンのフォント
  • 充電開始時と充電中に画面をつけた時に、ロック画面の時間表示の上にバッテリーのパーセンテージを表示するように
  • ペーストボードへのアクセス許可を求めるポップアップがペーストするたびに表示される問題の修正

iPhone 14 Pro/Maxのカメラが揺れる不具合については、iOS 16.1 beta 2では修正されていないとのことです。

「iOS 16.1」「iPadOS 16.1」「watchOS 9.1」「tvOS 16.1」のベータ版公開

Apple Inc.が、「iOS 16.1 beta」(ビルド20B5045d)、「iPadOS 16.1 beta 2」(ビルド20B5045d)、「watchOS 9.1 beta」(ビルド20S5044e)、「tvOS 16.1 beta」(ビルド20K5041d)、「Xcode 14.1 beta」(ビルド14B5024h)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 16.1に追加された新機能や変更点は次の通りです。

  • ロック画面の長押しでカスタマイズボタンをタップした際にロック画面かホーム画面を選択できるオプションが追加
  • 新しいスマートホーム規格「Matter」のサポート
  • 低炭素排出電力が利用可能な時間帯に合わせて充電時間を最適化することで二酸化炭素排出量を削減する「クリーンエネルギー充電」(米国のみ)オプション
  • スポーツの試合、配車状況、出前の注文などをリアルタイムでロック画面に表示できる「Live Activities API」
  • ウォレットAppを削除できるオプション
  • iPhone 13 mini、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone‌ XRでのバッテリー残量のパーセンテージ表示のサポート
  • スクリーンショット編集終了時のインターフェイスの変更

「iOS 16」と「watchOS 9」、9月13日(火)リリース

Apple Inc.が、「iOS 16」と「watchOS 9」を9月13日(火)にリリースすると発表しています。

iOS 16はiPhone 8以降、watchOS 9はApple Watch Series 4以降に対応しています。

また、「iOS 16 RC」(ビルド20A362)、「watchOS 9 RC」(ビルド20R361)、「tvOS 16 RC」(ビルド20J373)、「Xcode 14 RC」(ビルド14A309)と、「macOS 12.6 RC」(ビルド21G115)、「iOS 15.7 RC」(ビルド19H12)、「iPadOS 15.7 RC」(ビルド19H12)、をApple Developer Programメンバーに配布しています。

iPadOSの最初のリリースは「iPadOS 16.1」に、iOS 16の後に提供

Apple Inc.が、「iPadOS 16.1 beta」(ビルド20B5027f)と、「iOS 16 beta 7」(ビルド20A5356a)、「watchOS 9 beta 7」(ビルド20R5359a)、「tvOS 16 beta 7」(ビルド20J5371a)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

TechCrunchによると、AppleはiPadOSの最初のリリースはバージョン16.1で、iOS 16の後に提供するとコメントしたとのことです。

また、9to5Macによると、iPadOS 16.1のコードにウォレットAppをアンインストールできることを示唆する記述があり、iOS 16.1でウォレットAppを削除できるようになる可能性があるとのことです。

Appleは、iPhoneのNFCを自社の支払いプラットフォームに制限しており、Apple Payに独占禁止法違反の疑いがあると欧州委員会から指摘されています。

「macOS 12.5.1」「iOS 15.6.1」「iPadOS 15.6.1」「watchOS 8.7.1」リリース

Apple Inc.が、「macOS Monterey‌ 12.5.1」「iOS 15.6.1」「iPadOS 15.6.1」「watchOS 8.7.1」を配布しています。

最新バージョンでは、セキュリティの修正が含まれています。

9to5Macによると、watchOS 8.7.1はApple Watch Series 3のみが対象で、予期せず再起動する問題が修正されているとのことです。

「iOS 16」「iPadOS 16」「watchOS 9」「tvOS 16」のベータ6公開

Apple Inc.が、「iOS 16 beta 6」(ビルド20A5349b)、「iPadOS 16 beta 6」(ビルド20A5349b)、「watchOS 9 beta 6」(ビルド20R5353a)、「tvOS 16 beta 6」(ビルド20J5366a)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

ベータ5ではiPhone X以降でステータスバーのバッテリーアイコンにバッテリー残量をパーセンテージで表示するオプション機能が追加されましたが、パーセンテージ表示を無効にしている場合でも低電力モードを有効にするとパーセンテージが表示されるようになっていました。

9to5MacによるとiOS 16の最新ベータ版ではこれが修正され、バッテリー残量パーセンテージ表示を無効にしている場合は低電力モードを有効にしてもパーセンテージが表示されないようになっているとのことです。

また、今回のiOS 16 beta 6でもバッテリー残量のパーセンテージ表示機能は、iPhone 13 mini、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone XRでは利用できないとのことです。

「macOS 13」「iOS 16」「iPadOS 16」「watchOS 9」「tvOS 16」のベータ5公開

Apple Inc.が、「macOS 13 beta 5」(ビルド22A5321d)、「iOS 16 beta 5」(ビルド20A5339d)、「iPadOS 16 beta 5」(ビルド20A5339d)、「watchOS 9 beta 5」(ビルド20R5343e)、「tvOS 16 beta 5」(ビルド20J5355f)、「Xcode 14 beta 5」(ビルド14A5294e)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 16のベータ5に追加された新機能や変更点は次の通りです。

  • ステータスバーのバッテリーアイコンがパーセンテージ表示に対応
  • 新しい「探す」サウンド
  • ミニビジュアライザーが追加されたロック画面の再生中UI
  • ロック画面の壁紙の視差効果機能が削除
  • スクリーンショット撮影時の新しいオプション「コピーして削除」が追加
  • 「Emergency SOS」(緊急SOS)が「Emergency Call」(緊急通話)に変更

Apple、「iPadOS 16」のリリースを10月に延期

Bloombergが、Appleは「iPadOS 16」のリリースを1ヶ月延期するようだと伝えています。

Appleはこれまでほぼ全てのiOSとiPadOSのメジャーソフトウェアアップデートを同時にリリースしていますが、今年はiOS 16が9月、iPad OS 16は10月にリリースされるようです。

リリースが遅れる理由の一つは、iPadOS 16の新しいマルチタスク機能「ステージマネージャ」の改良にあるとのことです。

iPadOS 16のベータテストでは、バグや、分かりにくいインターフェース、大半のiPadと互換性がないことなどで、一部の開発者やユーザーから批判を受けています。