「iPhone 12 Pro」タグアーカイブ

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」の金型とCAD

MacRumorsが、@Jin_StoreがTwitterで「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の金型CADの写真を投稿していると伝えています。

これらの金型やCADデータは、iPhoneケースメーカーが商品開発のために用意したものとみられます。

iPad Proのようにエッジ部分がフラットなデザインに変更される新しいiPhoneは、5.4インチと6.1インチのiPhone 12は、アルミニウム製ボディにOLEDディスプレイ、A14チップ、4GBメモリ、デュアルカメラを、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proは120Hz ProMotionテクノロジー搭載10-bit色深度対応OLEDディスプレイ、ステンレススチール製ボディにA14チップ、6GBメモリ、トリプルカメラ&LiDARスキャナを搭載すると報じられています。

ジョン・プロッサー氏は以前、容量と価格について、iPhone 12は128GB(649ドル/749ドル)と256GB(749ドル/849ドル)、iPhone 12 Proは128GB(999ドル/1,099ドル)、256GB(1,099ドル/1,199ドル)、512GB(1,299ドル/1,399ドル)となると述べていました。

「iPhone 12」、容量は128GBから

MacRumorsが、iPhoneの新モデル「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」は、容量が128GB〜になるようだと伝えています。

FRONT PAGE TECHのジョン・プロッサー氏によると、5.4インチと6.1インチのiPhone 12は128GB(649ドル/749ドル)と256GB(749ドル/849ドル)、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proは128GB(999ドル/1,099ドル)、256GB(1,099ドル/1,199ドル)、512GB(1,299ドル/1,399ドル)がラインナップされるとのことです。

iPhone 12ファミリーは5G対応で、下位モデルのiPhone 12はアルミニウム製ボディにA14チップ、4GBメモリ、OLEDディスプレイ、デュアルカメラを、上位モデルのiPhone 12 Proはステンレススチール製ボディにA14チップ、6GBメモリ、120Hz ProMotionテクノロジー搭載で10-bit色深度対応のOLEDディスプレイ、トリプルカメラ&LiDARスキャナを搭載するようです。

「iPhone 12」は649ドル〜、「iPhone 12 Pro」は999ドル〜?

ジョン・プロッサー氏が、情報筋から入手した「iPhone 12」の価格情報をツイートしています。

「iPhone 12」の5.4インチモデルは649ドル、6.1インチモデルは749ドル、6.1インチの「iPhone 12 Pro」は999ドル、6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」は1,099ドルと設定されるとのことです。全モデル5G対応で、OLEDディスプレイを搭載するようです。

現行モデルの価格は、iPhone 11が699ドル〜、iPhone 11 Proが999ドル〜、iPhone 11 Pro Maxが1,099ドル〜です。

プロッサー氏によると、この価格情報を提供した情報筋はiPhone SEの発売日を事前に知っていたとのことです。

新しい「iPhone Pro」はiPad Proのようなデザインに

Bloombergが、今年発売される新しい「iPhone」はiPad Proのようなデザインを採用すると報じています。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの後継モデルは、iPad Proのようにフラットなステンレススチールのエッジを採用し、コーナーは丸みが抑えられたデザインになるそうです。

新しいiPhone Proは、背面に3つのカメラとLiDARスキャナを備え、前面上部のノッチ部分は小さくなり、大型モデルには現行のiPhone 11 Pro Maxの6.5インチよりも少し大きいディスプレイが搭載されるとのことです。

さらに、Appleは現行モデルの約半分のサイズで低価格の「HomePod」や、紛失防止タグの「Apple Tags」も準備しており、早ければ今年中に発売されると伝えています。

「iPhone 12 Pro」はToFセンサーを搭載

9to5Macが、iOS 14にコードによると、「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」にはToF(Time-of-Flight、飛行時間)センサーが搭載されるようだと伝えています。

iOS 14には、新しいiPhoneの開発コード名「d5x」(iPhone 11シリーズはd4x)が含まれており、新モデルのうち2機種がToFセンサー内蔵となっているそうです。ToFセンサーは新しいAR機能に利用されるようです。

新しいiPad ProにもToFセンサーが搭載されると噂されています。