「iOS」タグアーカイブ

「macOS Monterey」「iOS 15.1」「iPadOS 15.1」「watchOS 8.1」「tvOS 15.1」のリリース候補公開

Apple Inc.が、「macOS Monterey RC」(ビルド21A558)、「iOS 15.1 RC」(ビルド19B74)、「iPadOS 15.1 RC」(ビルド19B74)、「watchOS 8.1 RC」(ビルド19R570)、「tvOS 15.1 RC」(ビルド19J572)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

macOS Monterey、iOS 15.1、iPadOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1は、来週リリース予定です。

「iOS 15.1」「iPadOS 15.1」「watchOS 8.1」「tvOS 15.1」のベータ4公開

Apple Inc.が、「iOS 15.1 Beta 4」(ビルド19B5068a)、「iPadOS 15.1 Beta 4」(ビルド19B5068a)、「watchOS 8.1 Beta 4」(ビルド19R5566a)、「tvOS 15.1 Beta 4」(ビルド19J5567a)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

iOS 15.1、iPadOS 15.1、tvOS 15.1では、FaceTimeで通話相手と一緒にテレビ番組や映画を観たり、音楽を聴いたりできる「SharePlay」を搭載しています。

また、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxで、ProResビデオ撮影と、超広角カメラをマクロ写真およびビデオ撮影に自動で切り替えることができる「自動マクロ」が利用できるようになっています。

iOS 15.1 Beta 4では、Safariのお気に入りバーの位置がタブバーの下から上に変更されています。

Apple、「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」「watchOS 8.0.1」をリリース

Apple Inc.が、「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」「watchOS 8.0.1」を配布しています。

iOS/iPadOS 15.0.2では、写真を保存したメッセージまたはスレッドを削除するとライブラリの写真も削除されてしまう問題や、MagSafe対応レザーウォレットが探すAppに接続されない問題(iOS)、日本語配列の外部キーボードに英語配列が使用される問題、CarPlayで再生中にオーディオAppを開けない、接続を解除できない問題(iOS)、FinderまたはiTunesでiPhone 13シリーズやiPad mini (第6世代)の復元やアップデートを実行すると失敗する問題が修正されています。

watchOS 8.0.1では、Apple Watch Series 3でソフトウェアアップデートの進行状況が正しく表示されない問題とアクセシビリティ設定が利用できない問題が修正されています。

iOS 15.0.2

iOS 15.0.2には、iPhone用のバグ修正と重要なセキュリティアップデートが含まれます。

このアップデートには、iPhone用の以下のバグ修正が含まれます:

  • 写真を保存したスレッドまたはメッセージを削除すると、“メッセージ”からライブラリに保存された写真が削除される可能性がある問題
  • MagSafe対応iPhoneレザーウォレットが“探す”に接続されないことがある問題
  • AirTagが“探す”の“持ち物を探す”タブに表示されないことがある問題
  • CarPlayで、再生中にオーディオAppを開けないことや接続を解除できないことがある問題
  • FinderまたはiTunesを使用してデバイスの復元やアップデートを実行するとiPhone 13モデルで失敗することがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

watchOS 8.0.1

このアップデートには、Apple Watch用のバグ修正が含まれます。

  • Apple Watch Series 3の一部ユーザにソフトウェア・アップデートの進行状況が正確に表示されないことがある問題
  • Apple Watch Series 3の一部ユーザがアクセシビリティ設定を利用できない可能性がある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

「iOS 15.1」「iPadOS 15.1」「watchOS 8.1」「tvOS 15.1」のベータ3公開

Apple Inc.が、「iOS 15.1 Beta 3」(ビルド19B5060d)、「iPadOS 15.1 Beta 3」(ビルド19B5060d)、「watchOS 8.1 Beta 3」(ビルド19R5559e)、「tvOS 15.1 Beta 3」(ビルド19J5560d)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 15.1 Beta 3では、iPhone 13 Pro/13 Pro MaxでProResビデオ撮影と、超広角カメラをマクロ写真およびビデオ撮影に自動で切り替えることができる「自動マクロ」が利用できるようになっています。

「iOS 15.0.1」「iPadOS 15.0.1」リリース Apple WatchでiPhone 13シリーズをロック解除できない問題を修正

Apple Inc.が、「iOS 15.0.1」「iPadOS 15.0.1」を配布しています。

このバージョンでは、Apple WatchでiPhone 13シリーズをロック解除できない問題と、設定Appで間違って「空き容量が残りわずかです」という警告が表示される問題が修正されています。

iOS 15.0.1

iOS 15.0.1には、一部のユーザがApple WatchでiPhone 13モデルのロックを解除できない問題など、iPhone用のバグ修正が含まれます。

このアップデートには、iPhone用のバグ修正が含まれます。

  • iPhone 13モデルで“Apple WatchでiPhoneのロック解除”が機能しないことがある問題
  • “設定” Appに間違って“空き容量が残りわずかです”という警告が表示されることがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

iPadOS 15.0.1

iPadOS 15.0.1には、iPad用のバグ修正が含まれます。

このアップデートには、iPad用のバグ修正が含まれます。

  • “設定” Appに間違って“空き容量が残りわずかです”という警告が表示されることがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

「iOS 15.1」「iPadOS 15.1」「watchOS 8.1」「tvOS 15.1」のベータ2公開

Apple Inc.が、「iOS 15.1 Beta 2」(ビルド19B5052f)、「iPadOS 15.1 Beta 2」(ビルド19B5052f)、「watchOS 8.1 Beta 2」(ビルド19R5551d)、「tvOS 15.1 Beta 2」(ビルド19J5552e)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 15.1 Beta 2では、マスク着用時にiPhone 13で「Apple Watchでロック解除」が機能しない問題が修正されているとのことです。

セキュリティーを修正した「iOS 12.5.5」「セキュリティアップデート 2021-006 Catalina」

Apple Inc.が、セキュリティーを修正した「iOS 12.5.5」「セキュリティアップデート 2021-006 Catalina」を配布しています。

これらのアップデートは、悪意のあるアプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性があるXNUの脆弱性や、悪意を持って作成されたPDFを処理すると、任意のコードが実行される可能性があるCoreGraphicsの脆弱性(iOS 12.5.5のみ)、悪意を持って作成されたウェブコンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性があるWebKitの脆弱性(iOS 12.5.5のみ)を修正します。

「iOS 15.1」「iPadOS 15.1」「watchOS 8.1」「tvOS 15.1」のベータ版公開

Apple Inc.が、「iOS 15.1 Beta」(ビルド19B5042h)、「iPadOS 15.1 Beta」(ビルド19B5042h)、「watchOS 8.1 Beta」(ビルド19R5541f)、「tvOS 15.1 Beta」(ビルド19J5542e)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 15.1、iPadOS 15.1、tvOS 15.1ではSharePlayが利用できるようになっているとのことです。

Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」「tvOS 15」をリリース

Apple Inc.が、「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」「tvOS 15」をリリースしています。

iOS 15は、空間オーディオなどをサポートしたFaceTime、FaceTimeで通話相手と一緒にテレビ番組や映画を観たり、音楽を聴いたりできるSharePlay(今秋提供予定)、集中モード、テキストの認識表示、新しい新しいタブバーのデザインなどを採用したSafari、自宅、ガレージ、ホテルの部屋、職場のドアを解錠できるようになったウォレットApp、クイックメモ機能といった新機能を搭載しています。

対応機種は、iPhone 6s以降とiPod touch (第7世代)です。

iPadOS 15は、マルチタスキングの強化、アプリと一緒に配置できるようになったウィジェット、Appライブラリ、空間オーディオなどをサポートしたFaceTime、FaceTimeで通話相手と一緒にテレビ番組や映画を観たり、音楽を聴いたりできるSharePlay(今秋提供予定)、集中モード、テキストの認識表示、新しい新しいタブバーのデザインなどを採用したSafari、クイックメモ機能、一組のマウスとキーボードを使ってiPadとMac間で作業できるユニバーサルコントロールといった新機能を搭載しています。

対応機種は、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降、iPad (第5世代以降)、iPad Proです。

watchOS 8は、ウォレットAppとホームAppのアップデート、新しいワークアウト、マインドフルネスApp、睡眠時の呼吸数測定、ポートレート文字盤といった新機能を搭載しています。

対応機種は、Apple Watch Series 3以降です。

tvOS 15は、FaceTime通話中にApple TVなどで同期再生できるSharePlay(今秋提供予定)、メッセージで共有されているコンテンツを表示する「あなたと共有」(Apple TV App)、グループ全員の興味に基づいて番組や映画を紹介する「メンバー全員」(Apple TV App)、HomePod miniをApple TV 4Kのスピーカーとして使用できる機能、Apple TV 4KでAirPods Pro/Maxを使用して空間オーディオを楽しめる機能、HomePod miniのSiriにApple TVでの再生を頼むことができる機能などを搭載しています。

対応機種は、Apple TV 4KとApple TV HDです。

「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」、9月21日(火)公開

Apple Inc.が、「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」を9月21日(火)にリリースすると発表しています。

対応機種は、iOS 15がiPhone 6s以降とiPod touch (第7世代)、iPadOS 15がiPad mini 4以降、iPad Air 2以降、iPad (第5世代以降)、iPad Pro、watchOS 8がApple Watch Series 3以降です。

また、「iOS 15 RC」(ビルド19A344)、「iPadOS 15 RC」(ビルド19A344)、「tvOS 15 RC」(ビルド19J346)、「watchOS 8 RC」(ビルド19R346)、「Xcode 13 RC」(ビルド13A233)をApple Developer Programメンバーに配布しています。