「tvOS」タグアーカイブ

tvOS 16.1.1

Apple Inc.が、「tvOS 16.1.1」を配布しています。

このバージョンでは、Apple TV 4K (第3世代)でアプリをインストールできなくなる問題が修正されています。

「macOS 13.1」「iOS 16.2」「iPadOS 16.2」「watchOS 9.2」「tvOS 16.2」のベータ3公開

Apple Inc.が、「macOS 13.1 beta 3」(ビルド22C5050e)、「iOS 16.2 beta 3」(ビルド20C5049e)、「iPadOS 16.2 beta 3」(ビルド20C5049e)、「watchOS 9.2 beta 3」(ビルド20S5348d)、「tvOS 16.2 beta 3」(ビルド20K5348d)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによるとiOS 16.2 beta 3では、iPhone 14 Proで常時表示ディスプレイを有効にしている場合に壁紙や通知を非表示にできる設定が追加されています。

iOS/iPadOS 16.2では、キャンバス上でリアルタイムで共同作業できる「フリーボード」アプリや、新しいホームアーキテクチャを採用した「ホーム」アプリ、M1/M2チップ搭載iPad Pro/Airでの外部ディスプレイのサポート、インドでの5Gのサポート、睡眠ウィジェット、服薬ウィジェット、ロック画面からカメラにアクセスするとスワイプでロック画面に戻れないバグの修正も追加されています。

「macOS 13.1」「iOS 16.2」「iPadOS 16.2」「watchOS 9.2」「tvOS 16.2」のベータ2公開

Apple Inc.が、「macOS 13.1 beta 2」(ビルド22C5044e)、「iOS 16.2 beta 2」(ビルド20C5043e)、「iPadOS 16.2 beta 2」(ビルド20C5043e)、「watchOS 9.2 beta 2」(ビルド20S5342d)、「tvOS 16.2 beta 2」(ビルド20K5342d)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 16.2 beta 2では、ロック画面からカメラにアクセスするとスワイプでロック画面に戻れないバグの修正、インドでの5Gのサポート、beta 1の睡眠ウィジェットに加え、服薬ウィジェットの追加といった新機能と修正が含まれています。

また、9to5Macが、Appleはコードネーム「Clarity」と呼ばれる「Custom Accessibility Mode」(カスタム・アクセシビリティ・モード)という機能を準備していると伝えています。

Custom Accessibility Modeでは、ホーム画面やアプリを簡素化、テキストやUIを大型化し、ホーム画面に表示するアプリや、許可された連絡先、ハードウェアボタンへのアクセスなどを設定できるようになるとのことです。

この機能はiOS 16.2 beta 2では有効になっておらず、iOS 16.2で提供されるのか、将来のバージョンで提供されるのかは不明です。スティーブ・モーザー氏によると、Appleは少なくともiOS 16の最初のベータ版からCustom Accessibility Modeに取り組んでいるとのことです。

「macOS 13.1」「iOS 16.2」「iPadOS 16.2」「watchOS 9.2」「tvOS 16.2」のベータ版公開

Apple Inc.が、「macOS 13.1 beta」(ビルド22C5033e)、「iOS 16.2 beta」(ビルド20C5032e)、「iPadOS 16.2 beta」(ビルド20C5032e)、「watchOS 9.2 beta」(ビルド20S5331e)、「tvOS 16.2 beta」(ビルド20K5331f)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、macOS 13.1、iOS 16.2、iPadOS 16.2では、キャンバス上でリアルタイムで共同作業できる「フリーボード」アプリや、新しいホームアーキテクチャを採用した「ホーム」アプリ、M1/M2チップ搭載iPad Pro/Airでの外部ディスプレイのサポートが追加されているとのことです。

Apple、「macOS Ventura」「iPadOS 16」をリリース 「iOS 16.1」「watchOS 9.1」「tvOS 16.1」も

Apple Inc.が、「macOS Ventura」と「iPadOS 16」をリリースしています。

macOS VenturaとiPadOS 16は、アプリケーションとウインドウを自動で整理して作業できる「ステージマネージャ」、最大6人で使える「iCloud共有写真ライブラリ」、メールAppの検索機能の強化およびメールの送信取り消し・予約機能、メッセージAppで最近送信したメッセージの編集・取り消し機能、iPhoneをウェブカメラとして使える「連係カメラ」(macOS Venturaのみ)、「天気」アプリケーション、「時計」アプリケーション(macOS Venturaのみ)といった新機能を搭載しています。

macOS Venturaは、iMac 2017以降、Mac Pro 2019以降、iMac Pro 2017、Mac mini 2018以降、MacBook Air 2018以降、MacBook 2017以降、MacBook Pro 2017以降に対応しています。

iPadOS 16は、iPad(第5世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Proに対応しています。

外部ディスプレイのサポート(iPadOS 16)、キャンバス上でリアルタイムで共同作業できる「フリーボード」(macOS Ventura、iPadOS 16)は年内に提供される予定です。

続きを読む Apple、「macOS Ventura」「iPadOS 16」をリリース 「iOS 16.1」「watchOS 9.1」「tvOS 16.1」も

「macOS 13」「iOS 16.1」「iPadOS 16.1」「watchOS 9.1」「tvOS 16.1」のリリース候補版公開

Apple Inc.が、「macOS Ventura 13 RC」(ビルド22A379)と、「iOS 16.1 RC」(ビルド20B79)、「iPadOS 16.1 RC」(ビルド20B79)、「watchOS 9.1 RC」(ビルド20S75)、「tvOS 16.1 RC」(ビルド20K71)、「Xcode 14.1 RC」(ビルド14B47)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

iOS 16.1では、最大6人で使える「iCloud共有写真ライブラリ」、リアルタイムで起きていることをロック画面やDynamic Islandに表示する「ライブアクティビティ」、新しいスマートホーム規格「Matter」のサポートといった新機能を搭載しています。

macOS Ventura 13とiPadOS 16.1は10月25日(火)にリリースが予定されており、同時にiOS 16.1、watchOS 9.1、tvOS 16.1もリリースされると思われます。

iOS 15.7.1 RC」(ビルド19H115)と、「iPadOS 15.7.1 RC」(ビルド19H115)も配付しています。

「macOS 13」「iOS 16.1」「iPadOS 16.1」「tvOS 16.1」の最新ベータ版公開

Apple Inc.が、「macOS Ventura 13 beta 11」(ビルド22A5373b)と、「iOS 16.1 beta 5」(ビルド20B5072b)、「iPadOS 16.1 beta 6」(ビルド20B5072b)、「tvOS 16.1 beta 5」(ビルド20K5068a)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

iOS 16.1では、リアルタイムで起きていることをロック画面に表示する「ライブアクティビティ」や、新しいスマートホーム規格「Matter」のサポート、低炭素排出電力が利用可能な時間帯に合わせて充電時間を最適化することで二酸化炭素排出量を削減する「クリーンエネルギー充電」(米国のみ)といった新機能が追加されています。

また、iPhone X以降のステータスバーのバッテリー残量表示も改善され、残量をパーセンテージで表示している場合でも、残量に合わせてアイコンが変化するようになり、バッテリー残量のパーセンテージ表示はiPhone 13 mini/12 mini/11/XRでも利用できるようになっています。

「macOS 13」「iOS 16.1」「iPadOS 16.1」「tvOS 16.1」の最新ベータ版公開

Apple Inc.が、「macOS Ventura 13 beta 10」(ビルド22A5365d)と、「iOS 16.1 beta 4」(ビルド20B5064c)、「iPadOS 16.1 beta 5」(ビルド20B5064c)、「tvOS 16.1 beta 4」(ビルド20K5062a)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによるとiOS 16.1 beta 4では、iPhone 14 Pro/Maxで暗い壁紙を設定している場合、Dynamic Islandにグレーの輪郭線が表示されるようになっています。

また、iOS 16.1 beta 3で表示されていた第1世代AirPods ProとAirPods Max向けの「適応型環境音除去」設定は削除されました。昨日Bloombergのマーク・ガーマン氏は、H1チップ搭載AirPods Pro/Maxの適応型環境音除去設定はバグであると伝えていました。

「macOS 13」「iOS 16.1」「iPadOS 16.1」「watchOS 9.1」「tvOS 16.1」の最新ベータ版公開

Apple Inc.が、「macOS Ventura 13 beta 9」(ビルド22A5358e)と、「iOS 16.1 beta 3」(ビルド20B5056e)、「iPadOS 16.1 beta 4」(ビルド20B5056e)、「watchOS 9.1 beta 3」(ビルド20S5055e)、「tvOS 16.1 beta 3」(ビルド20K5052c)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 16.1 beta 3の新機能や変更点は次の通りです。

  • 設定Appの壁紙で、現在の壁紙に加え他の壁紙をカスタマイズしたり、新しい壁紙を追加したりできるように
  • 設定AppにMatterアクセサリが追加
  • 11月より米国とカナダで利用できるようになるiPhone 14シリーズの「衛星経由の緊急SOS」関連のコードが追加

また、Engadgetが、iPadOS 16.1 beta 4では「ステージマネージャ」がM1チップ搭載iPad Pro/Airに加え、2018年と2020年発売の12.9インチiPad Pro (第3・第4世代)、11インチiPad Pro (第1・第2世代)でも利用できるようになったと伝えています。

一方、このバージョンではステージマネージャの外部ディスプレイのサポートが削除されており、Appleは年内に提供するソフトウェアアップデートで利用できるようになるとコメントしています。なお、外部ディスプレイのサポートは当初の発表通りM1チップ搭載iPad Pro/Airのみになるとのことです。

「macOS 13」「iOS 16.1」「iPadOS 16.1」「watchOS 9.1」「tvOS 16.1」の最新ベータ版公開

Apple Inc.が、「macOS Ventura 13 beta 8」(ビルド22A5352e)と、「iOS 16.1 beta 2」(ビルド20B5050f)、「iPadOS 16.1 beta 3」(ビルド20B5050f)、「watchOS 9.1 beta 2」(ビルド20S5049d)、「tvOS 16.1 beta 2」(ビルド20K5046d)、「Xcode 14.1 beta 2」(ビルド14B5024i)をApple Developer Programメンバーに配布しています。

MacRumorsによると、iOS 16.1 beta 2に追加された新機能や変更点は次の通りです。

  • iPhone X以降でステータスバーのバッテリーアイコンで残量をパーセンテージで表示している場合でも、残量に合わせてアイコンが変化するように
  • 僅かに大きくなったバッテリーアイコンのフォント
  • 充電開始時と充電中に画面をつけた時に、ロック画面の時間表示の上にバッテリーのパーセンテージを表示するように
  • ペーストボードへのアクセス許可を求めるポップアップがペーストするたびに表示される問題の修正

iPhone 14 Pro/Maxのカメラが揺れる不具合については、iOS 16.1 beta 2では修正されていないとのことです。