「iPhone 15」タグアーカイブ

2023年発売の「iPhone」はUSB-Cを搭載ーーミンチー・クオ

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、最新の調査によると2023年後半に発売される「iPhone」はポートがLightningからUSB-Cに変更される可能性があるとツイートしています。

USB-Cを搭載することで転送速度や充電速度が向上するとみられますが、最終仕様はiOSのサポートによって決まるとのことです。

アンダースクリーンTouch ID、「iPhone 15」や「iPhone 16」には採用されず

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 15」や「iPhone 16」の画面の下にTouch IDが埋め込まれることはないようだとツイートしています。

クオ氏はこれまで、2023年発売のiPhoneに画面の下に指紋センサーを埋め込んだアンダースクリーンTouch IDが採用されると予想していました。

最新の調査によると、2023年と2024年に発売されるiPhoneには採用されないようで、マスクをしたまま使えるFace IDがすでに優れた生体認証ソリューションとなっているとクオ氏は述べています。

「iPhone 15 Pro」はペリスコープレンズを搭載

MacRumorsが、アナリストのジェフ・プー氏は、2023年発売の「iPhone 15」シリーズのうち少なくとも1機種はペリスコープ(潜望鏡)構造の望遠レンズを搭載すると予想していると伝えています。

ペリスコープレンズは、反射鏡で光を90°屈曲させることで、奥行きのあるレンズモジュールを横向きに配置して本体の厚さを抑えることができる技術です。

ミンチー・クオ氏は以前、iPhone 15 Proの少なくとも1つの機種にペリスコープレンズが搭載されるだろうと述べていました。

「iPhone 14」は48メガピクセルカメラ、「iPhone 15」はペリスコープレンズを搭載

9to5Macは、「iPhone 14」は48メガピクセルのカメラレンズを搭載し、「iPhone 15」はペリスコープ構造の望遠レンズを搭載するようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は、2022年後半に発売されるiPhoneは48メガピクセルレンズ、2023年後半に発売されるiPhoneはペリスコープレンズを搭載するだろうと予想しています。

iPhone 14シリーズは、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Maxと、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxの4機種展開で、Proにはホールパンチディスプレイと48MPの広角カメラが採用されると見られています。

iPhone 15シリーズについては、少なくとも1つの上位機種がディスプレイに埋め込んだ指紋スキャナーや、ペリスコープレンズ、ノッチや穴のないフルスクリーンディスプレイを搭載すると予想されています。