「iPhone 14 Pro Max」タグアーカイブ

「iPhone 14 Pro Max」(ダミー)とiPhone 13 Pro Maxの比較

MacRumorsが、「iPhone 14 Pro Max」のダミーのビデオと写真が公開されたと伝えています。

@lipilipsi@MajinBuOfficialは、iPhone 14 Pro MaxのダミーとiPhone 13 Pro Maxを比較した動画と写真を公開しています。

iPhone 14のProモデルは前面上部の切り欠きピル型と丸型が変更され、背面の広角カメラは48MPにアップグレードされると報じられています。

以前投稿されたCAD図面によると、iPhone 14 Pro Maxのサイズは幅77.58×高さ160.7×厚さ7.85mmで、背面カメラは幅36.73×高さ38.21×飛び出し4.17mmとなっています。

iPhone 13 Pro Maxのサイズは幅78.1×高さ160.8×厚さ7.65mm、背面カメラは幅35.01×高さ36.24×飛び出し3.60mmです。

「iOS 16」は常時表示ロック画面をサポート 「iPhone 14 Pro」で利用可能に

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、「iOS 16」(コードネーム:Sydney)は常時表示ディスプレイに対応するようだと伝えています。

iOS 16はiPhone 13で当初計画されていた常時表示ロック画面を将来的にサポートするようで、常時表示ロック画面モードは「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」で利用できるようになるとガーマン氏は述べています。

また、ウィジェットのような機能を備えた壁紙がロック画面に採用されるようです。

iOS 16では他にも、通知、iPadのマルチタスキング、メッセージAppとヘルスケアAppのアップグレードなどを含むシステム全体の変更が追加されるとのことです。

iPhone 14 Proの「A16」チップは5nmプロセスのまま

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、iPhone 14 Proに搭載される「A16」チップは引き続き5nmプロセスで製造されるようだと予想しています。

Appleのチップを製造する台湾TSMC社の半導体技術ロードマップによると、より優れた3nmプロセスの「N3」や4nmプロセスの「N4P」は2023年まで量産が開始されないため、iPhone 14 Proに採用されるA16チップはA15チップと同じ5nmプロセスの「N5P」が用いられ、性能や省電力性の向上は限定的になる見込みとのことです。

MシリーズチップもA16と同様の技術的制限に見舞われるため、今年登場する新デザインの「MacBook Air」のチップはマイナーアップグレードとなるとみられ、名称が「M2」となる可能性はあるものの、AppleがM2チップで大幅なアップグレードを目指しているのであれば、2023年のN3/N4Pプロセス採用チップがM2になるだろうと述べています。

「iPhone 14 Pro」の背面カメラ、48MPへのアップグレードにより大型化

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14 Pro」シリーズは背面カメラが大きくなるのは48MPカメラを搭載するためであるとツイートしています。

iPhone 14 Pro/Maxは背面の広角カメラが48MPにアップグレードされる予定で、12MPのiPhone 13 Pro/Maxと比べてコンタクトイメージセンサー(CIS)の対角線の長さは25〜35%、48MPの7枚構成レンズの高さは5〜10%増しとなるようです。

マックス・ワインバック氏が以前公開したiPhone 14 Pro/MaxのCAD画像によると、背面カメラのサイズはiPhone 14 Proが幅36.71×高さ38.24×飛び出し4.17mm、iPhone 14 Pro Maxが幅36.73×高さ38.21×飛び出し4.17mmで、iPhone 13 Pro/Maxよりも幅が1.7〜1.72mm、高さが1.97〜2.0mm、飛び出しが0.57mm増しとなっています。

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」のCAD図面

マックス・ワインバック氏が、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」のものとされるCAD図面を公開しています。

iPhone 14 Pro/Maxは、画面上部の切り欠きのデザインが変更され、背面カメラは若干大きくなっています。また、両モデルともサイドボタンと音量調節ボタンの位置が若干下に移動しています。

  • iPhone 14 Pro:幅71.45×高さ147.46×厚さ7.85mm
    背面カメラは幅36.71×高さ38.24×飛び出し4.17mm
    iPhone 13 Pro:幅71.5×高さ146.7×厚さ7.65mm
    背面カメラは幅35.01×高さ36.24×飛び出し3.60mm
  • iPhone 14 Pro Max:幅77.58×高さ160.7×厚さ7.85mm
    背面カメラは幅36.73×高さ38.21×飛び出し4.17mm
    iPhone 13 Pro Max:幅78.1×高さ160.8×厚さ7.65mm
    背面カメラは幅35.01×高さ36.24×飛び出し3.60mm

「iPhone 14 Pro」は8GBメモリを搭載

MacRumorsが、「iPhone 14 Pro」は8GBのメモリを搭載するようだと伝えています。

韓国のyeux1122という人物は、韓国のサプライチェーンの情報としてiPhone 14 Proは8GBのメモリを搭載するようだとブログに投稿しています。

yeux1122は以前、第5世代iPad miniと比べて横幅が増して高さが低くなった8.7インチのiPad miniが2012年後半に発売されると伝えていたとのことです。第6世代iPad miniは2021年9月に発売され、高さは低くなったものの横幅は変わらず、8.3インチのディスプレイを搭載しています。

iPhone 14 Proのメモリについては、香港Haitong International Securities社のアナリストであるジェフ・プー氏も8GBメモリを搭載すると述べていました。

iPhone 12 ProとiPhone 13 Proは6GBのメモリを搭載しています。