「Apple Vision Pro」タグアーカイブ

キヤノン、Apple Vision Proの空間ビデオを撮影できるEOS R7用レンズを発売

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

キヤノン株式会社が、Apple Vision Proで視聴可能な3D映像を撮影できるRFレンズ「RF-S7.8mm F4 STM DUAL」を発表しています。

RF-S7.8mm F4 STM DUALはEOS R7に対応した空間レンズで、撮影した映像をmacOS向けソフトウェア「EOS VR Utility」で空間ビデオの映像フォーマットに変換することで、Apple Vision Proで視聴できるようになります。

現在開発中で、2024年内の発売を目指しているとのことです。

Apple、「Apple Vision Pro」を6月28日(金)より日本などで発売 価格は599,800円〜

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Apple Inc.が、「Apple Vision Pro」を6月28日(金)より日本、中国本土、香港、シンガポールで発売すると発表しています。

予約受付は6月14日(金)午前10時開始予定で、価格は599,800円からとなっています。

Vision Proは、オンラインのApple Store、Apple Storeアプリ、Apple Store直営店で販売され、Appleのスペシャリストからパーソナライズされたサポートを受けられます。オンラインでVision Proの30分のデモを予約可能で、デモの詳細は予約注文開始時に公開されます。

お客様は、Apple Vision Proを注文する際に、Face IDと最新バージョンのApple Storeアプリを搭載したiPhoneまたはiPadを使って顔のスキャンを行います。このスキャンによって、ユーザーに正確にフィットする最適なライトシーリングとヘッドバンドのサイズを見つけられます。

視力矯正が必要なユーザーのための「ZEISS Optical Inserts — Readers」は16,800円、「ZEISS Optical Inserts — Prescription」は24,800円です。

また、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、英国でも、7月12日(金)から発売される予定です。

「Apple Vision Pro」、今月中旬までに米国外への出荷がスタート

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「Apple Vision Pro」の米国外への出荷が今月中旬までに開始されるとXに投稿しています。

日本、英国、フランス、ドイツ、中国、シンガポールなどへの出荷が予定されているようで、Vision Proの2024年の出荷台数予想は40万〜45万台となっています。

MacRumorsは情報筋の話として、Vision Proは7月の第3週または第4週に米国外でも発売される可能性が高いと報じています。

[更新]Apple、WWDC後に米国外で「Apple Vision Pro」を販売開始

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleが「Apple Vision Pro」を米国外で発売する準備を進めていると伝えています。

関係者によると、Appleは先週より米国の本社で、海外の店舗従業員が顧客にVision Proをデモンストレーションする方法を学ぶトレーニングを実施しているそうです。

従業員にはVision Proがどの国でいつ発売されるのかは明かされていないそうですが、日本、オーストラリア、中国、ドイツ、フランス、韓国、シンガポールの店舗従業員がトレーニングに参加しており、6月のWWDC後にこれらの国で発売される可能性があるとのことです。

[更新]ガーマン氏によると、中国品質認証センターが5月13日(月)にVision Proの販売を承認したとのことです。

Apple、今年中国で「Apple Vision Pro」を発売

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

MacRumorsが、AppleのCEOであるティム・クック氏が、今年中国で「Apple Vision Pro」を発売することを明らかにしたと伝えています。

クック氏は現在中国を訪問しており、Reutersによると、本日のChina Development Forum 2024にてメディアの質問に答える形で中国での発売計画を明言したとのことです。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は以前、Vision ProはWWDCの前に米国以外の国と地域で発売されるだろうと述べており、早ければ遅くとも5月までに中国で発売されるとのもあります。

「Apple Vision Pro」のバーチャルキーボードに9カ国12言語が追加へ

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

MacRumorsが、Appleが「Apple Vision Pro」のバーチャルキーボードに12の言語を追加する予定であると伝えています。

現在米国のみで発売されているVision Proのバーチャルキーボードは英語(US)と絵文字のみをサポートしていますが、visionOSのコードによると、新たに以下の12の言語をサポートするようです。

  • 広東語(繁体字)
  • 中国語(簡体字)
  • 英語(オーストラリア)
  • 英語(カナダ)
  • 英語(日本)
  • 英語(シンガポール)
  • 英語(UK)
  • フランス語(カナダ)
  • フランス語(フランス)
  • ドイツ語(ドイツ)
  • 日本語
  • 韓国語

このことから、次にVision Proが発売される国はオーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、日本、韓国、シンガポール、英国の9カ国になる可能性があるとしています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は以前、Vision Proはそれほど遅くない時期にカナダ、中国、英国などで発売されるだろうと述べていました。

「Apple Vision Pro」の需要、世界発売スケジュール予測、新モデル予測ーーミンチー・クオ氏

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「Apple Vision Pro」の需要や、米国以外での発売予測、新モデルの予測などをレポートしています。

Vision Proは予約開始からまもなくして出荷予定日が3月上旬にずれ込んだものの、現在は3〜5日に改善されており、需要が大幅に減速していると指摘しています。今年の米国の出荷台数は20万〜25万台と予想されています。

米国以外での発売については、WWDCの前に他の国でも発売されるとの予測を変えていません。

次期Vision Proは低価格版とアップグレード版の2機種が予想されていますが、クオ氏の調査によるとどちらのプロジェクトも正式には開始していないとのことです。

新しいVision Proのプロジェクトは、仕様変更よりも生産とサプライチェーン管理の効率化に重点を置いており、コストは抑えられるがユーザー体験は現行モデルと変わらないだろうとクオ氏は推測しています。新プロジェクトは、2025年第4四半期〜2026年第1四半期に量産に入るようです。

仕様を大幅に変更したVision Proは、2027年まで量産されないとみられているとのことです。

「Apple Vision Pro」、遅くとも5月までに中国で発売か

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

MacRumorsが、「Apple Vision Pro」は早ければ4月、遅くとも5月に中国で発売されるようだと伝えています。

中国の华尔街见闻(ウォール街見聞)はサプライチェーン関係者からの情報として、Apple Vision Proは早ければ4月、遅くても5月に中国で発売されると報じています。中国工業情報化部のデバイス登録手続きはまもなく完了するようです。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は以前、Vision ProはWWDC 2024の前に米国以外で発売される可能性が高いと述べていました。

また、Bloombergのマーク・ガーマン氏も、Vision Proはそれほど遅くない時期に中国、カナダ、英国などで発売されるだろうと予想していました。

iFixit、「Apple Vision Pro」の分解レポート&ビデオ公開

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

iFixitが、「Apple Vision Pro」の分解レポートおよびビデオを公開しています。

前面のディスプレイにユーザーの目を映し出すEyeSightディスプレイは、OLEDディスプレイ、レンチキュラー層、拡大層の3層で構成されていて、角度の異なる2枚の画像をスライスして交互に並べてOLEDディスプレイに表示し、見る角度によって映像が異なるレンチキュラーレンズを利用することで3Dに見えるようになっているようです。拡大層は映像を水平方向に拡大するようになっており、外すと映像が幅狭に見えるとのことです。

また、外付けバッテリーパックも分解しています。容量は35.9Wh、重量は353gで、Vision Proと合わせると重量は1kgほどになります。バッテリーのケーブルは、付け根の脇にある穴にピンを差し込むと外せるようになっており、Lightningのようなコネクタが採用されています。

Apple Vision Proで使えるハンドハンドジェスチャー

当サイトはアフィリエイトによる収益を得ており、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

MacRumorsが、Appleが「Apple Vision Pro」のハンドジェスチャーのやり方を解説したサポートドキュメントを公開したと伝えています。

Vision Proのハンドジェスチャーはアウトカメラで追跡するため、明るい場所で使用し、汚れがないことを確認する必要がああります。ジェスチャーで操作する場合は腕を上げる必要はなく、手を机の上や膝の上に置いた状態で行うことができます。

手袋、長袖、手の大部分または全体を覆う大きなジュエリーはジェスチャー追跡に影響する可能性があるとのことです。

  • タップ
    アイテムを選択するには、要素を見て親指と人差し指でタップします。
  • ピンチしてドラッグ
    アイテムを移動するには、アイテムを見て親指と人差し指でつまみ、親指と人差し指をつけたまま手を動かして目的の場所に移動したら指を離します。
  • ピンチしてフリック
    コンテンツを素早く移動またはスクロールするには、親指と人差し指でつまんで手首を上下に動かして指を離すという一連の動作を1回のスムーズな動きで行います。
  • ピンチしてその他のオプションを見る
    その他のオプションを見るには、アイテムを見て親指と人差し指をタップしてホールドします。
  • タッチ
    visionOSの特定の要素を指で直接操作できます。仮想キーボードの場合は、両手の1本の指でキーに直接タッチして入力できます。

他にも、両手を使うズームや回転といったジェスチャーも使用できます。