Apple、2024年からiPad Proにメタレンズを採用

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleは2024年にメタレンズを採用するようだとレポートしています。

サプライチェーンは2024年よりiPadのFace IDのプラスチックレンズに取って代わるメタレンズの量産を開始する見込みとのことです。

2025年または2026年にはiPhoneのFace IDにもメタレンズが採用されるようで、現時点では2026年の可能性が高いとしています。

メタレンズは、既存のプラスチックレンズよりもコストが低く、厚さを抑えられるとのことです。

Appleのメタレンズ開発には、既存のプラチックレンズへの依存を減らす、メタレンズの技術面およびコスト面での優位性を製品設計と販売に生かす、Appleグラスでメタレンズをフル活用するという3つの長期的戦略目標があるそうです。

Appleグラスについては、量産開始は早くても2026年もしくは2027年になるだろうとクオ氏は予想しています。

ー 広告 ー