「Apple Watch SE 2」タグアーカイブ

Simplism、Watch Series 8/SE/Ultra用スクリーンプロテクター&ケース発売

トリニティ株式会社が、Simplismブランドより、Apple Watch Series 8/SE/Ultraに対応したスクリーンプロテクターとケースを10月下旬より順次発売すると発表しています。

新しいApple Watchのバッテリー容量が明らかに

mysmartpriceが、中国CCC認証のウェブサイトで新しいApple Watchのバッテリー容量が公開されたと伝えています。

  • Apple Watch Series 8 41mm:245mAh
  • Apple Watch Series 8 45mm:296mAh
  • Apple Watch SE (第2世代) 40mm;245mAh
  • Apple Watch SE (第2世代) 44mm:296mAh
  • Apple Watch Ultra:542mAh

Series 7は41mmが284mAh、45mmが309mAhのバッテリーを搭載しています。

バッテリー駆動時間は、Apple Watch Series 8とApple Watch SE (第2世代)が最大18時間、Apple Watch Ultraが最大36時間です。

Series 8とUltraは、低電力モードや低電力設定により、バッテリー駆動時間をそれぞれ最大36時間と最大60時間まで伸ばすことができます。

新しい「iPhone」「AirPods Pro」の予約受付がスタート

Apple Inc.が、オンラインストアとApple Storeアプリにて、「iPhone 14」シリーズと、「AirPods Pro (第2世代)」の予約注文受付を開始しています。

NTTドコモauソフトバンク楽天モバイルや、ビックカメラ.comヨドバシ.comなどでも予約受付を開始しています。

NTTドコモauソフトバンク楽天モバイルでは「Apple Watch Series 8」「Apple Watch SE (第2世代)」「Apple Watch Ultra」の予約受付も開始しています。

Apple、「Apple Watch Series 8」と第2世代「Apple Watch SE」を発表

Apple Inc.が、「Apple Watch Series 8」と、新しい「Apple Watch SE」を発表しています。

Apple Watch Series 8は、新たに追加された2つの温度センサーにより皮膚温を測定することが可能で、女性は推定される過去の排卵日と向上した月経予測の通知を受け取ることができます。さらに、iOS 16とwatchOS 9では、記録された周期の履歴が、不規則であったり、回数が少なかったり、期間が長い月経や不正出血など基礎疾患の症状かもしれない偏差を示したりした場合にも通知を受け取れます。

また、自動車の衝突事故を検知する機能も搭載しています。衝突事故を検出してから10秒以内にユーザーの反応がない場合、自動で緊急通報サービスに発信し、デバイスの位置情報が送信されます。

Apple Watch Series 8はフル充電で18時間のバッテリー駆動が可能で、一部のセンサーや機能を一時停止または制限する新しい低電力モードにより、iPhoneが近くにある場合は最大36時間まで延長できます。

今秋後半からは国際ローミングにより海外でも携帯電話回線に接続できるようになります。

Apple Watch Series 8のラインナップは、41mmと45mmサイズのアルミニウムとステンレススチールのケースで展開され、アルミニウムケースは、スターライト、ミッドナイト、シルバー、(PRODUCT)REDの4色、ステンレススチールケースはシルバー、グラファイト、ゴールドの3色が用意されています。

Apple Watch NikeとApple Watch Hermèsにも新しいバンドと文字盤が登場します。

価格は59,800円〜で、本日より注文受付が開始され、9月16日(金)より発売されます。

新しいApple Watch SEは、40mmと44mmのケースにApple Watch Series 8やApple Watch Ultraと同じ先進的なS8 SiPデュアルコアプロセッサを搭載し、バックケースにはナイロン複合材が採用されており軽量化されています。

アクティビティの記録、高心拍数と低心拍数の通知、緊急SOSといった機能に加え、新しい衝突事故検出機能も利用できます。

価格は37,800円〜で、本日より注文受付が開始され、9月16日(金)より発売されます。

「Apple Watch Series 7」は画面と性能がアップデート、エクストリームスポーツモデルは2022年に登場

Bloombergが、新しい「Apple Watch Series 7」はより高速なプロセッサ、向上したワイヤレス接続、アップデートされたディスプレイを搭載するようだと伝えています。

Appleはよりスリムなディスプレイベゼルと、画面とフロントカバーの距離を縮める新しい積層技術をテストしているとのことです。新モデルはわずかに厚さが増すようです。また、アップデートされた超広帯域無線通信機能を搭載するとのことです。

Apple Watch Series 7には当初、体温センサーが搭載される予定だったそうですが、2022年モデルから搭載される可能性が高くなったとしています。血糖値センサーについてはあと数年かかるようです。

2022年には「Apple Watch Series 8」に加え、「Apple Watch SE」の後継モデルと、エクストリームスポーツ向けモデルが発売されるそうです。