「Mac Pro」タグアーカイブ

Appleシリコンへの移行、6月のWWDCで完了か

9to5Macが、マーク・ガーマン氏のPower Onによると、Appleは6月のWWDCでAppleシリコンへの移行を完了するようだと伝えています。

ガーマン氏は、Appleは最大40コアのCPUと128コアのGPUを搭載した新しい小型の「Mac Pro」や、新しい「Mac mini」、大型ディスプレイ搭載の「iMac Pro」を準備しており、早ければ6月のWWDCでIntelチップからAppleシリコンへの移行を完了させるだろうと予想しています。

2022年に登場する新デザインの「MacBook Air」は、4つの高性能コアと4つの高効率コアからなる8コアのCPUと9コアまたは10コアのGPUを備えたM2チップが搭載されるとのことです。

2022年には他にも、ホールパンチディスプレイ搭載の「iPhone 14」、5G対応の「iPhone SE」、ワイヤレス充電対応の「iPad Pro」、新しい「iPad Air」と「iPad」、スポーツ向け高耐久モデルとSEを含む3種類の新しい「Apple Watch」、第2世代「AirPods Pro」、エントリーレベルの「MacBook Pro」、AR/VRヘッドセットなどが発表されるだろうとガーマン氏は述べています。

Apple、2022年に新デザインの「iPad Pro」、ハイエンド「iMac」、新しい「Mac Pro」、AR/VRヘッドセットなどを発表ーーマーク・ガーマン

9to5Macが、Appleは2022年に新デザインの「iPad Pro」や、ハイエンドの「iMac」、新しい「Mac Pro」、新デザインの「MacBook Air」、新しい「Mac mini」などを発売する計画のようだと伝えています。

マーク・ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleが2022年に発表する新製品を挙げています。

  • 24インチiMacの上位機種に当たるAppleシリコン搭載「iMac」、新しい「Mac mini」、Appleシリコン搭載の「Mac Pro」
  • M2チップを搭載し、デザインを刷新した「MacBook Air」、エントリーレベルの「MacBook Pro」
  • ワイヤレス充電に対応した新デザインの「iPad Pro」、「iPad Air」と「iPad」のアップデート
  • iPhone 14」シリーズ、5Gに対応した新しい「iPhone SE」
  • 標準モデル、スポーツ向け高耐久モデル、SEの3種類の新しい「Apple Watch」
  • 新しい「AirPods Pro

さらに、AR/VRヘッドセットについては、複数のプロセッサや超高解像度ディスプレイを搭載し、専用のApp Storeが用意され、ゲーム、メディア消費、コミュニケーションにフォーカスしたものになるとのことです。

Apple、2022年11月までにMacのAppleシリコンへの移行を完了

9to5Macが、マーク・ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、MacのAppleシリコンへの移行は何とか2年間の期限に間に合うようだと述べていると伝えています。

Appleは昨年のWWDCで、MacのAppleシリコンへの移行期間を約2年間と発表していました。最初のAppleシリコン搭載Macは2020年11月に発売されたことから、ガーマン氏は2022年11月が期限になるとしています。

M1Xチップを搭載した新しい「MacBook Pro」は数ヶ月中に、「Mac mini」はそのあとに発売される予定で、2022年にはMagSafeをサポートした新デザインの「MacBook Air」、2022年末までに新しい「iMac」や「Mac Pro」が発売されるそうです。

また、Intel Mac Proのアップデートも予定されていると述べています。

2022年発売の「Mac Pro」はIntel Xeon W-3300シリーズを搭載

MacRumorsが、新しい「Mac Pro」は米国Intel社のワークステーション向けCPU「Xeon W-3300」シリーズを搭載するようだと伝えています。

リーカーの@Yukki_AnSは、2022年に発売される新しいMac ProはXeon W-33xxシリーズを搭載するようだとツイートしています。

Bloombergは以前、AppleはIntelベースとAppleシリコンベースの2つのMac Proを準備していると報じており、Xcode 13 BetaにはMac Pro向けとみられるIntel Xeonスケーラブルプロセッサー「CPUFAMILY_INTEL_ICELAKE_SP」の記述が見つかっています。

Apple、Intelベースの「Mac Pro」を準備

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleがIntelベースの「Mac Pro」のアップデートを準備しているようだとツイートしています。

ソフトウェアエンジニアのブレンダン・シャンクス氏によると、Xcode 13 BetaにMac Pro向けとみられるIntel Xeonスケーラブルプロセッサー「CPUFAMILY_INTEL_ICELAKE_SP」の記述が含まれているとのことです。

ガーマン氏は以前、AppleはIntelベースとAppleシリコンベースの2つのMac Proを準備しているようだとレポートしていました。

新しい「MacBook Pro」は夏にも登場、「MacBook Air」「Mac Pro」「iMac」「Mac mini」も準備中

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleが準備している新しい「MacBook Pro」「MacBook Air」「Mac Pro」「iMac」「Mac mini」に関してレポートしています。

新しい14インチと16インチのMacBook Proは早ければ夏に登場する見込みで、新デザインの筐体を採用し、MagSafeや、より多くの外付けドライブを接続できる複数のポート、HDMIポート、SDカードスロットを搭載するとみられています。

Appleは、8つの高性能コアと2つの高効率コアからなる10コアCPUと16または32のGPUコアを搭載する、開発コード名「Jade C-Chop」「Jade C-Die」と呼ばれる2種類のシステムオンチップを採用する計画のようです。これらのチップは最大64GBのメモリと、強化されたNeural Engineも搭載するとのことです。

デザインが新しくなったMacBook Airは、早ければ年末に発売される予定で、M1と同じCPUコア数でもより高速なM1の後継チップ(開発コード名:Staten)を搭載するようです。GPUコアは9または10に増えるそうです。

ローエンドの13インチMacBook Proのアップデートも準備中で、新しいMacBook Airと同じチップが採用されるとのことです。

Mac Proは、16または32の高性能コアと4つまたは8つの高効率コアからなる20または40のCPUコアと、64または128のGPUコアを搭載する、開発コード名「Jade 2C-Die」「Jade 4C-Die」と呼ばれるチップが採用されるとのことです。新しいMac Proは現行モデルよりも小さいサイズになるとみられています。

iMacはより大型のモデルが開発されているそうですが、24インチiMacの発売にフォーカスするために数ヶ月前に開発が中断したそうです。

他にも、新デザインのMacBook Proと同じチップを搭載するハイエンドのMac mini(開発コード名:J374)も準備中のようです。

秋葉館、MacBook Pro/MacBook Air/Mac Pro/Mac mini対応PCIe SSDを値下げ

秋葉館が、MacBook Pro、MacBook Air、Mac Pro、Mac miniに対応したPCIe SSDを値下げしています。

MacBook Pro (Retina, Late 2013-Mid 2015)専用

  • 4TB:89,800円 → 79,800円

MacBook Air (Mid 2013-2017)専用

  • 4TB:89,800円 → 79,800円

Mac Pro (Late 2013)専用

  • 4TB:92,000円 → 82,000円

Mac mini (Late 2014) PCIe SSD/Fusion Drive非搭載モデル専用

  • 4TB:92,000円 → 82,000円

Mac mini (Late 2014) PCIe SSD/Fusion Drive搭載モデル専用

  • 4TB:89,800円 → 79,800円

Mac Pro (Mid 2010/Mid 2012)対応のRadeon RX 580搭載グラフィックボード

秋葉館が、玄人志向ブランドのMac Pro (Mid 2010/Mid 2012)に対応したRadeon RX 580搭載グラフィックボード「RD-RX580-E8GB/OC/DF3」の取り扱いを開始しています。

Radeon RX 580はMetalに対応しているため、Mac Pro (Mid 2010/Mid 2012)にmacOS Mojaveをインストールできるようになります。Mac Proに組み込む場合は別売りの電源ケーブルが必要です。

価格は49,800円です。

新デザインの「iMac」は5色のカラーラインナップに

コンセプトイメージ

Front Page Techのジョン・プロッサー氏が、今年発売される新デザインの「iMac」は5色のカラーラインナップとなるようだと伝えています。

新デザインのApple Silicon iMacは、第4世代iPad Airと同じシルバー、スペースグレイ、グリーン、スカイブルー、ローズゴールドの5色が発売されるようです。

新しいiMacは、Pro Display XDRに似たデザインになると噂されています。

また、Appleが準備しているApple Siliconを搭載した新しい「Mac Pro」については、3〜4台のMac miniを重ねたようなデザインで、下部にコンピュートユニット、上部に大きなヒートシンクが設置されると述べています。

Apple、新デザインの「iMac」、2つの新しい「Mac Pro」、低価格外部モニターを準備

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは新デザインの「iMac」と新しい「Mac Pro」を準備しているようだと伝えています。

開発コード名「J456」と呼ばれる21.5インチと、「J457」と呼ばれる27インチの新しいiMacは、画面のベゼルがスリムになって画面下のアゴ部分がなくなり、背面はフラットで、Pro Display XDRに似たデザインになるようです。

iMacの新モデルは次世代のAppleシリコンを搭載し、今年発売されるとのことです。

新しいMac Proは2つのモデルが準備されているようで、1つは現行モデルのアップグレードモデルでデザインに変更はなく、AppleはIntelのプロセッサの採用を継続するか検討しているそうです。

もう1つは、Appleシリコンを搭載し、サイズは現行モデルの半分以下で、外観の大部分にはアルミニウムが採用されるようです。

Appleは他にも、Pro Display XDRとは別の価格を抑えた外部モニターを開発しているとのことです。

新しいMac Proと低価格外部モニターの発売時期については触れられていません。