「Mac Pro」タグアーカイブ

Appleシリコン搭載「Mac Pro」のメモリとGPUはユーザアップグレード不可

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleシリコン搭載「Mac Pro」はメモリに加えGPUもユーザがアップグレードできない仕様になるようだとツイートしています。

Appleシリコン搭載Macでは外付けGPUもサポートしていないものの、次期Mac Proに採用される「M2 Ultra」チップは強力な最大76コアのGPUを備えているとのことです。M2 UltraのCPUは最大24コアとなるとみられています。

ストレージはこれまでと同じようにユーザがアップグレードできるそうです。

Mac ProとMac Studioの大きな違いは、M2 Ultra/M1 Ultraチップ以外では、より優れた冷却性能によるパフォーマンスとなるとのことです。

Appleシリコン搭載「Mac Pro」は春に発売か

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、現在テスト中のAppleシリコン搭載「Mac Pro」は「macOS 13.3」を搭載しているとツイートしています。

バージョンx.3のmacOSは通常春にリリースされているとしており、新しいMac Proが春に発表される可能性があるようです。

新しいMac Proは、現行モデルと同じデザインで、M2 Ultraチップを搭載すると報じられています。

Appleシリコン搭載「Mac Pro」は現行モデルと同じ外観に

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、ニュースレターのPower Onで、Appleが今年発売する製品についてまとめています。

Appleは今年、M2 Ultraチップを搭載した「Mac Pro」を発売するようですが、2019年モデルと同じ外観になると述べています。

新しいMac Proは、グラフィックス、メディア、ネットワークカード用スペースとSSDストレージスロットを2つ備えているようですが、メモリはM2 Ultraのマザーボードに直付けされているためユーザがアップグレードできないとのことです。

また、Appleは現行モデルと同じデザインでM2 Pro/Maxチップを搭載した新しい14インチと16インチの「MacBook Pro」を今年前半に発売する予定とのことです。

より大型の「iMac Pro」については今年発売される可能性は低いようです。24インチ「iMac」のスペックバンプアップグレードは、M3チップが用意できるまで登場せず、早くても2023年後半か2024年になるそうです。

今年は15インチの「MacBook Air」も発表される可能性があるようですが、12インチモデルについてはまだ先になるとしています。

「iPad mini」「iPad Air」「iPad」については今年はスペックバンプのみとなるようです。「iPad Pro」は2024年前半に新しいデザインとOLEDパネルを採用した新モデルが予定されているとのことです。

「Apple Watch」についても今年はハードウェアに大きな変更はなく、「AirPods」「Apple TV」もアップデートはないそうです。

新しい「iPhone」は、iPhone 14シリーズと同じサイズ展開で、全モデルにUSB-CやDynamic Islandが採用され、Proモデルについてはチタン製フレームや触覚ボタンも採用されるとしています。

「iOS 17」「iPadOS 17」「macOS 14」については、ヘッドセットのOS「xrOS」に重点が置かれているため、大きな変更は少ない可能性があるとのことです。

Apple、Mac Pro向けの「M2 Extreme」チップをキャンセル

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはAppleシリコンを搭載した「Mac Pro」の最上位モデルを取りやめたようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onにて、AppleはAppleシリコン搭載Mac Proで4つのM2 Maxのダイを組み合わせた「M2 Extreme」(仮称)チップの採用を計画していたものの、複雑さやコストの問題によりこの最上位構成を廃止した可能性があるとレポートしています。

2つのM2 Maxのダイを組み合わせた「M2 Ultra」チップは、最大24コアCPU、76コアGPUを搭載し、192GBのメモリを備え、M2 Extremeはこの倍となる48コアCPU、152コアGPUを搭載するとされていました。

Mac Studioの最上位M1 Ultraチップ搭載モデルが5,000ドルに達する現在の価格体系に基づくと、M2 Extremeを搭載したMac Proの価格は、チップ以外のアップグレードがなくてもおそらく最低でも10,000ドルになり、開発コストや、エンジニアリングリソース、生産能率に見合わない非常にニッチな製品になるためキャンセルされたようです。

新しいMac ProはM2 Ultraチップを搭載し、メモリ、ストレージ、その他のコンポーネントの拡張性を備える見込みとのことです。

AppleはPro Display XDRのアップデートを含む複数の新しい外部ディスプレイも準備しているようですが、次のハイエンドディスプレイの出荷はMac Proの後になるようです。

さらに、AppleはM2チップとM2 Proチップを搭載した「Mac mini」、M2 ProチップとM2 Maxチップを搭載した14インチおよび16インチの「MacBook Pro」も準備しており、MacBook Proについては来年初めに発売されるとガーマン氏は述べています。

新しい「MacBook Pro」と「Mac mini」は数ヶ月中に発表 Appleシリコン搭載「Mac Pro」は最大48コアCPU/128コアGPU/256GBメモリ構成に

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターのPower Onで、新しい「MacBook Pro」と「Mac mini」は今後数ヶ月中に発表されるだろうと予想しています。

新しい14インチと16インチのMacBook Proは、M2‌ ProチップまたはM2‌ Maxチップを搭載する見込みで、M2‌ Maxチップは8つの高性能コアと4つの高効率コアからなる12コアCPU、38コアGPU、最大64GBのメモリを搭載するようです。M1 Maxチップは10コアCPU、最大32コアGPU、最大64GBメモリを搭載しています。

新しいMac miniは、13インチMacBook Pro/Airと同じく8コアCPUと最大10コアGPUを備えたM2チップを搭載するそうです。また、AppleはM2 Proチップ搭載モデルもテストしているとのことです。

さらに、AppleはAppleシリコンを搭載した「Mac Pro」のテストを加速しているそうです。

Appleシリコン搭載Mac Proは、M2 Maxの少なくとも2倍または4倍パワフルで、24コアCPU、76コアGPUを備えた「M2 Ultra」、48コアCPU、128コアGPUを備えた「M2 Extreme」が搭載され、メモリは最大256GBとなるとガーマン氏は述べています。

現在テストされているMac Proの1つは、16の高性能コアと8つの高効率コアからなる24コアCPU、76コアGPU、192GBメモリを搭載し、macOS Ventura 13.3が動作しているとのことです。

Apple、2023年に15インチ「MacBook Air」、新しい「Mac Pro」、AR/VRヘッドセット「Reality Pro」などを発売

9to5Macが、Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、Appleは2023年に15インチの「MacBook Air」、M3チップを搭載した「iMac」、M2ベースの「Mac Pro」、アップデートされた「HomePod」、AR/VRヘッドセットの「Reality Pro」、大型の「iPad」などを発売するようだと伝えています。

さらに、2023年末にはApple TV、HomePod、FaceTimeカメラデバイスを組み合わせた製品が登場する可能性もあるとのことです。

新しい「Mac mini」と「MacBook Pro」は年内に登場

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターのPower Onで、Appleは新しい「Mac mini」とハイエンドの「MacBook Pro」を年内に発売するとレポートしています。

4〜6月期Macの売り上げは、新しいMacBook Air/Proの発売が遅かったことが影響したとみられ前年同期と比べて10億ドル近く減少したが、両機種が7〜9月期の売り上げに大きく貢献する見込みで、年内に新しいMac miniとハイエンドのMacBook Proが登場することでさらに勢いを増すだろうと同氏は述べています。また、来年までには新しい「Mac Pro」「iMac」や、15インチの「MacBook Air」が登場するとしています。

ガーマン氏は以前より、M2/M2 Proを搭載したMac miniや、M2 Pro/M2 Maxを搭載した14インチと16インチのMacBook Pro、M2 Ultra/M2 Extremeを搭載したMac Pro15インチMacBook Airなどが準備されていると述べています。

Appleは数ヶ月前に「M1 Mac Pro」を準備していたーーマーク・ガーマン

MacRumorsが、Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、Appleは数ヶ月前にM1チップを搭載した「Mac Pro」を準備していたもののこれをとりやめ、M2チップを搭載したMac Proを待つことにしたようだと伝えています。

YouTubeチャンネルのMax Techに登場したガーマン氏は、Appleシリコンを搭載したMac Proは、ベースモデルが「M2 Ultra」、上位モデルが「M2 Extreme」を搭載し、発表は年末、発売は来年になるだろうと述べています。

また、「iMac Pro」も開発中で、来年または再来年に発売されるのではないかと予想しています。

M2とM2 Proを搭載した新しい「Mac mini」については、デザインの変更はないとのことです。

Vintage Computer、Mac Pro用CPUアップグレードキットを値下げ

Vintage Computer Inc.が、Mac Pro用CPUアップグレードキットを値下げしています。

Mac Pro (Early 2009/Mid 2010/Mid 2012) 4/6コア(シングルCPU)モデル用

Mac Pro (Mid 2010/Mid 2012) 8/12コア(デュアルCPU)モデル用

Mac Pro (Early 2009) 8コアモデル用

Mac Pro (Late 2013)用

Apple、M2シリーズ搭載Mac/iPadを準備 「M3」は来年登場

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターのPower Onで、AppleはM2チップを搭載した複数のMac/iPadを準備しているとレポートしています。

  • M2を搭載した11インチと12.9インチの「iPad Pro」
  • M2を搭載した「Mac mini」
  • M2 Proを搭載した「Mac mini」
  • M2 ProおよびM2 Maxを搭載した14インチと16インチの「MacBook Pro」
  • M2 Ultraおよび「M2 Extreme」を搭載した「Mac Pro」

さらに、AppleはAR/VRヘッドセットの最新試作機にも16GBのメモリを備えたベースのM2チップを採用しているとのことです。

Appleはすでに「M3」チップに取り組んでおり、早ければ来年にも新しい13インチと15インチの「MacBook Air」(コードネーム:J513、J515)、新しい「iMac」(コードネーム:J433)、12インチラップトップへの搭載を計画しているそうです。

今年発売される「iPhone 14」シリーズは引き続きLightningが採用されるそうですが、2023年にUSB-Cに変更されるとガーマン氏は予想しています。iPhone 14 Proは常時表示ディスプレイを搭載すると述べています。USB-CについてはA14チップ搭載・5G対応の新しいローエンドiPadにも採用されるそうです。

iPadについては、来年か再来年に14〜15インチのディスプレイを搭載した機種が発売されると予想しています。

他にも、「HomePod」や「Apple TV」の新モデルも準備されているそうです。

コードネーム「B620」と呼ばれる新しいHomePodは、初代HomePodに近いサイズとオーディオ性能で、Apple Watch Series 8と同じ「S8」チップを搭載し、上部にアップデートされたディスプレイを備え、マルチタッチ機能の噂もあるとのことです。発売は来年になるようです。

さらに、コードネーム「J255」と呼ばれる新しいApple TVは、A14チップや容量がアップしたメモリを搭載するそうです。