Apple、2023年に15インチ「MacBook Air」を発売 12インチのラップトップも計画

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは2023年に15インチの「MacBook Air」を発売するようだと報じています。

情報筋によると、15インチMacBook Airは、WWDC22で発表された13.6インチMacBook Airの大型版で、早ければ来年春に発売されるとのことです。

さらに、Appleは12インチのラップトップも開発しており、2023年末か2024年年初頭に発売することを検討しているそうです。

コードネーム「J414」「J416」と呼ばれる新しい14インチと16インチのM2 Pro/Max搭載MacBook Proは、早ければ2022年末に発売されるようですが、2023年初頭にずれ込む可能性もあるとのことです。

MacBook Proのハイエンドモデルに搭載される「M2 Max」チップは、12コアCPUと38コアGPUを搭載するそうです。現行のM1 MaxチップはCPUコア数が10、GPUコア数が32です。