「Apple AR/VRヘッドセット」タグアーカイブ

AppleのAR/VRヘッドセット:目と手で操作可能なトラッキング機能、VR FaceTime、没入型ビデオ視聴機能などを搭載

Bloombergが、Appleが今年発表するAR/VRヘッドセットの詳細を伝えています。

「Reality Pro」という名称になると見られているAppleのヘッドセットは、ユーザの目と手をトラッキングする機能を備え、ヘッドセットの画面上のアイテムを見て選択し、手でジェスチャー操作することができるそうです。

FaceTimeベースのビデオ会議および会議室も利用可能で、仮想現実でユーザの顔と全身をリアルにレンダリングしたアバターでコミュニケーションを取ることができるとのことです。リアルなアバターは1対1のビデオチャットで利用でき、複数人でのFaceTimeセッションではアイコンやミー文字で表示されるそうです。

他にも、砂漠や宇宙空間などで巨大なスクリーンでビデオを使用できる機能や、Macの外部モニターとして使用できる機能も備えているようです。

ヘッドセットのディスプレイで画像やコンテンツを見ることができるVRと、現実世界の上にデジタルコンテンツを表示するARは、Apple Watchのようなデジタルクラウンで切り替えられるとのことです。

バッテリーは内蔵ではなくiPhone 14 Pro Maxを2台重ねた程度の大きさの外部パック式で、約2時間使用できるようです。

「xrOS」と呼ばれるヘッドセットのOSは、iPhone/iPadと同じ機能の多くを3D環境で備えており、メインインターフェイスはiPhone/iPadとほぼ同じで、アイコンやウィジェットがグリッド上に配置されたホーム画面を備えているそうです。テキスト入力はSiriまたはiPhone/iPad/Macで行えるとのことです。

Reality Proは、アルミニウム、ガラス、クッションで作られ、AirPods Maxを彷彿とさせるデザインで、前面に局面スクリーンを備え、装着している人の目を映し出すようになっており、側面にはスピーカーを搭載し、ヘッドバンドで頭にフィットするようになっているとのことです。

価格は約3,000ドルで、早ければ春にも発表されると見られていますが、スケジュールが変更される可能性もあるとしています。

Apple、より手頃な価格のAR/VRヘッドセットを開発

Bloombergが、AppleはARグラスの開発を無期限に延期して、より手頃な価格のAR/VRヘッドセットを計画しているようだと伝えています。

Appleは今年、最初のAR/VRヘッドセットの発表を予定しており、この後継製品として軽量なARグラス(メガネ)を開発していたようですが、技術的な問題により保留されているとのことです。

代わりに、Appleは最初のAR/VRヘッドセットよりも価格を抑えたAR/VRヘッドセットを計画しており、早ければ2024年もしくは2025年初めに発売される可能性があるようです。

また、The InformationもAppleがより手頃な価格のヘッドセットを開発中であるとレポートしており、関係者の1人によると、iPhone(799〜1,599ドル)と同等の価格を目指しているとのことです。

Appleの最初のヘッドセットは春に発表、秋に発売され、価格は3,000ドル前後になるとみられています。

Windows版Apple Devicesに「realityOS」「xrOS」の記述

MacRumorsが、AppleのWindows向けアプリ「Apple Devices」のコードに「realityOS」や「xrOS」の記述が見つかったと伝えています。

Microsoft StoreではApple Devicesのプレビュー版が一時配信されており、@aaronp613がこのアプリのコードでAppleが今年発表するヘッドセットのOSの名称とみられる記述を発見しました。

Bloombergは以前、ヘッドセットのOS名は当初のrealityOSからxrOSに変更されたとレポートしていました。

AppleのAR/VRヘッドセットは春に発表、秋に発売

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはAR/VRヘッドセットを春に発表するようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleは最近まで2023年1月にヘッドセットを発表し、2023年後半に出荷することを目指していたものの、現在は春に発表して、6月のWWDCでソフトウェア機能に関する情報を提供し、秋に出荷することを目指していていると述べています。

Appleはすでに少数の著名なソフトウェアデベロッパにアプリのテスト用としてヘッドセットを提供しているとのことです。

Appleのヘッドセットは「Reality Pro」という名称になると見られており、社内で「Borealis」(ボレアリス)と呼ばれるヘッドセットのOSは「xrOS」という名称になるとしています。

AppleのAR/VRヘッドセット、スケジュールに遅れ 発表は春以降か

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、AppleのAR/VRヘッドセットはスケジュールに遅れが生じているようだと伝えています。

クオ氏によると、落下試験に合格していない機械部品やソフトウェア開発ツールの遅れにより、大量出荷時期が当初の2023年第2四半期から2023年第2四半期の終わりまたは2023年第3四半期に延期された可能性があるとのことです。

このため、Appleのヘッドセットは春のスペシャルイベントやWWDCで発表される可能性が高くなったとしています。クオ氏はこれまで、ヘッドセットは1月のスペシャルイベントで発表されるだろうと述べていました。

AppleのAR/VRヘッドセット、イヤフォンはH2チップ搭載機種のみをサポート

9to5Macが、The InformationがAppleのAR/VRヘッドセットについて詳しくレポートしていると伝えています。

このレポートによると、第2世代AirPods Proに搭載されているH2チップは、ヘッドセットのH2チップと連携して動作する低遅延伝送モードをサポートしており、ヘッドセットはスピーカーを内蔵していますが、プライバシーを守りながら他の人と通信する場合はH2チップを搭載したイヤフォンが必要となる可能性があるようです。

Appleのヘッドセットは、左右の目の位置に配置される2つの4KマイクロLEDディスプレイ、ユーザの顔の表情を映し出す外向きのディスプレイ、12個のカメラやセンサー、M2チップを搭載するとのことです。

また、画面を通して外の世界を表示するパススルービデオモードに切り替えることができるApple WatchのDigital Crownに似たダイヤルも搭載するようです。ユーザ入力は、主に手のジェスチャーと音声認識で行えるとしています。

ヘッドセット本体はアルミニウム、ガラス、カーボンファイバーなどで構成され、3,000ドル前後で販売されるとのことです。

AppleのAR/VRヘッドセットの出荷に遅れの可能性、2023年後半に

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、AppleのAR/VRヘッドセットの大量出荷は2023年下半期にずれ込む可能性があると伝えています。

クオ氏の最新の調査によると、ソフトウェア関連の問題により、大量出荷のスケジュールは2023年第2四半期から2023年下半期に遅れる可能性があるとのことです。

このため、2023年のAppleのヘッドセットの出荷台数は50万台未満となり、市場予想の80万〜120万台を下回る可能性があるとしています。

2023年1月の発表イベントも延期されるかどうかは不明とのことですが、発表イベントから製品の大量出荷までの期間が長すぎるとプロモーションおよび販売に不利になると指摘しています。

Apple、ヘッドセットのOSの名称を「xrOS」に変更

Bloombergが、AppleがAR/VRヘッドセットのOSの名称を変更したと伝えています。

関係者によると、Appleは早ければ来年にもヘッドセットを発表する計画で、同社は最近内部でOSの名称を「realityOS」から「xrOS」に変更したとのことです。

xrOSは、Deep Dive LLCというペーパーカンパニーが複数の国で商標登録の出願をしており、日本でも9月に出願されています。

Apple、複合現実ヘッドセット向けに3Dワールドとビデオサービスを計画

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleの求人情報によると、Appleは複合現実ヘッドセット向けに3Dワールドとビデオサービスを計画しているようだと伝えています。

ニュースレターのPower Onで、Appleはビジュアルエフェクトとゲームアセットパイプラインの経験があり、ARおよびVR環境向けのデジタルコンテンツを作成できるソフトウェアプロデューサーを募集しており、Appleが3Dコンテンツを楽しめるヘッドセット向けビデオサービスの構築を目指しているようだと述べています。

さらに、3D複合現実世界の開発を呼びかける求人情報もあり、Appleがメタバースに似た仮想環境に取り組んでいることを示唆しているとしています。この求人情報には、他のデベロッパと協力して「3D複合現実の世界でコネクテッドな体験を実現するためのツールとフレームワークを構築する」と記載されているとのことです。

Appleのヘッドセットは「Apple Reality Pro」という名称で、M2チップ、10個以上のカメラ、超高解像度ディスプレイと、メッセージ、FaceTime、マップといった主要なAppleのアプリの複合現実バージョンを利用できる新OS「realityOS」を搭載し、価格は2,000〜3,000ドルになるとみられています。

Appleのヘッドセットは虹彩認証を搭載

9to5Macが、The Informationによると、AppleのMR(複合現実)ヘッドセットは眼球の虹彩をスキャンして認証する機能を搭載するようだと伝えています。

虹彩認証により、ヘッドセットを装着するだけで自動でそのユーザのアカウントにログインできるようで、複数の人が同じデバイスを使用しやすくなり、支払いも素早く行えるとのことです。

Appleのヘッドセットはメッシュ生地、アルミニウム、ガラスを採用したデザインで、重さ722gのMeta Quest Proよりも軽くなるようです。

左右の目に1つずつ超高解像度ディスプレイを搭載し、外側には装着している人の表情を映し出すディスプレイも搭載するとのことです。

また、メガネが必要な場合は、度付きレンズを磁石で取り付けられるようになっているようです。

Appleのヘッドセットは来年発売されると噂されています。