「Apple AR/VRヘッドセット」タグアーカイブ

Apple、M2シリーズ搭載Mac/iPadを準備 「M3」は来年登場

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはM2チップを搭載した複数のMac/iPadを準備しているとレポートしています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleは以下のM2チップ搭載Mac/iPadを準備していると述べています。

  • M2を搭載した11インチと12.9インチの「iPad Pro」
  • M2を搭載した「Mac mini」
  • M2 Proを搭載した「Mac mini」
  • M2 ProおよびM2 Maxを搭載した14インチと16インチの「MacBook Pro」
  • M2 Ultraおよび「M2 Extreme」を搭載した「Mac Pro」

さらに、AppleはAR/VRヘッドセットの最新試作機にも16GBのメモリを備えたベースのM2チップを採用しているとのことです。

Appleはすでに「M3」チップに取り組んでおり、早ければ来年にも新しい13インチと15インチの「MacBook Air」(コードネーム:J513、J515)、新しい「iMac」(コードネーム:J433)、12インチラップトップへの搭載を計画しているそうです。

今年発売される「iPhone 14」シリーズは引き続きLightningが採用されるそうですが、2023年にUSB-Cに変更されるとガーマン氏は予想しています。iPhone 14 Proは常時表示ディスプレイを搭載すると述べています。USB-CについてはA14チップ搭載・5G対応の新しいローエンドiPadにも採用されるそうです。

iPadについては、来年か再来年に14〜15インチのディスプレイを搭載した機種が発売されると予想しています。

他にも、「HomePod」や「Apple TV」の新モデルも準備されているそうです。

コードネーム「B620」と呼ばれる新しいHomePodは、初代HomePodに近いサイズとオーディオ性能で、Apple Watch Series 8と同じ「S8」チップを搭載し、上部にアップデートされたディスプレイを備え、マルチタッチ機能の噂もあるとのことです。発売は来年になるようです。

さらに、コードネーム「J255」と呼ばれる新しいApple TVは、A14チップや容量がアップしたメモリを搭載するそうです。

AppleのAR/VRヘッドセットは2023年1月発売

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、AppleのAR/VRヘッドセットは2023年1月に発売されると予想しています。

クオ氏は、AppleのAR/VRヘッドセットはビデオシースルーをサポートし、優れた没入体験をもたらすと予想しており、Appleはヘッドセット業界の流れを変えるゲームチェンジャーになるとしています。

The New York Timesは先日、AppleのAR/VRヘッドセットは2023年に発売されると報じていました。

ティム・クック氏、AR製品について語る

MacRumorsが、ティム・クック氏がChina DailyのインタビューでAR製品について語ったと伝えています。

「ARヘッドセットといったAR製品が消費者市場で成功を収めるのに鍵となる要因は?」と問われたクック氏は次のように答えています。

ご存知かもしれませんが、私はARに非常に興奮しています。ARを含むあらゆるテクノロジーにとって重要なことは、人間をその中心に置くことです。それが私たちが毎日フォーカスしていることです。現在、例として、App Storeには14,000以上のARKitアプリがあり、世界中の何百万もの人々にAR体験を提供しています。

それにもかかわらず、この技術がどのように進化するかについてはまだ初期段階あると私は考えています。この機会にこれ以上なく興奮しています。しばらくお待ちください。私たちが提供するものがわかるでしょう。

Appleが開発中のAR/VRヘッドセットは、M1 Proと同等の性能のプロセッサを含む2つのプロセッサや、8Kパネルを含む複数のディスプレイなどを搭載し、価格は2,000ドル超に設定され、2023年に発売されると噂されています。

TSMC、年内に3nmプロセス採用の「M2 Pro」チップを量産開始

9to5Macが、香港Haitong International Research社のアナリストであるジェフ・プー氏によると、台湾TSMC社は年内に3nmプロセスを採用した「M2 Pro」チップの量産を開始するようだと伝えています。

昨日発表された「M2」チップは第2世代5nmプロセスで製造されており、トランジスタ数は5nmプロセス採用のM1チップと比べて25%多い200億以上となっています。

ジェフ・プー氏はAR/VRヘッドセットについても言及しており、2023年の春節後に発表され、2023年2月より量産に入るだろうと述べているとのことです。

Appleのヘッドセットは2023年1月発表、第2四半期発売ーーミンチー・クオ

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、AppleのAR/VRヘッドセットは中国・上海のロックダウンにより開発が中断されたため、出荷は2023年第2四半期に延期されるだろうとツイートしています。

クオ氏はAppleのヘッドセットについて、2022年第3四半期より技術検証試験(EVT)が開始され、2023年1月に発表イベント開催、イベントから2〜4週以内に開発ツールキット提供、2023年第2四半期に予約注文受付開始、WWDC23の前に発売というスケジュールになるだろうと予想しています。

WWDC22:13インチMacBook Proやヘッドセットは発表されず

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、WWDC22では13インチ「MacBook Pro」やAppleのAR/VRヘッドセットは発表されないようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、新しい13インチMacBook Proは新しいAirと同時に発売される予定だったものの、中国でのロックダウンにより計画が変更になった可能性があると述べています。

新モデルは2020年モデルと同じデザインで、Touch Barは廃止されるそうです。

新デザインの「MacBook Air」については、MacBook Proの2021年モデルと変わらないデザインで、スペースグレイ、シルバー、シャンパンのようなゴールド、ダークブルーのカラー展開となり、13インチディスプレイや、2つのUSB-Cポート、MagSafeポート、Touch IDを搭載するとのことです。画面にはノッチが設けられる可能性があるとしています。

MacBook Airも中国でのロックダウンの影響があるようで、WWDCで発表されたとしても、供給不足または後日の発売が予想されるとのことです。

また、WWDCではAR/VRヘッドセットが発表されることはないものの、多くの手がかりが得られるだろうとガーマン氏は述べています。発売は来年になるようで、最初に米国での発売が検討されているそうです。

AppleのAR/VRヘッドセットは2023年に発売

9to5Macによると、The New York Timesが、AppleのAR/VRヘッドセットは2023年に発売されると報じています。

Appleは、Dolby Technologiesのエンジニアであるマイク・ロックウェルを採用してヘッドセット開発の指揮に当たらせたようですが、開発初期にはコンピューティング能力不足に悩まされていたそうです。さらに、バッテリーパワーに問題があり、発売は2023年に延期されたとのことです。

またAppleは、ジョン・ファヴロー氏といったハリウッドの映画監督にヘッドセットのビデオコンテンツ開発を依頼しているそうです。

WWDC22では、アプリケーションが新しいカメラと音声機能を追加できるソフトウェアツールが披露される計画で、これはユーザーがハンズフリーでヘッドセットを操作できるインターフェイスの下地となるようです。

AppleのAR/VRヘッドセット、発売は2023年か

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、AppleのAR/VRヘッドセットやrealityOSがWWDC22で発表されることはないだろうと予想しています。

量産開始までにはまだいくらか時間がかかるようで、発売は2023年になるとクオ氏は予想しています。

AppleのAR/VRヘッドセットについては、Bloombergが先日、Appleの幹部が取締役会でプレビューを行なったようで、realityOSの開発も強化していることから、数ヶ月中に発表される可能性があると報じていましたが、マーク・ガーマン氏はWWDCで発表される可能性は低いとしています。

Apple、「realityOS」の商標を出願

9to5Macが、パーカー・オルトラーニ氏によると、AppleがAR/VRへッドセット向けOSの名称「realityOS」を商標登録出願[1/2]したようだと伝えています。

この商標はAppleのソースコードにrealityOSの記述が発見されるより前の2021年12月8日に出願されており、出願したRealityo Systems LLCは、macOSの名称を商標出願しているAppleのペーパーカンパニーとみられるYosemite Research LLCやCoast Research LLCと所在地同じです。

外国出願期限は出願日から6ヶ月後の2022年6月8日で、WWWDC22開幕2日後となっています。

 

Apple、取締役会でAR/VRヘッドセットをプレビュー

Bloombergが、Appleの幹部が先週、同社の取締役会でAR/VRヘッドセットのプレビューを行なったようだと伝えています。

さらに、Appleはこの数週間、このヘッドセットで動作する「rOS」(reality operating systemの略)の開発を強化しているようです。

これらのことから、AppleのAR/VRヘッドセットは数ヶ月中に発表される可能性があるとしています。

Appleのヘッドセットは、M1 Proと同等の性能のプロセッサを含む2つのプロセッサや、8Kパネルを含む複数のディスプレイなどを搭載し、価格は2,000ドル超になるとみられています。