「HomePod」タグアーカイブ

Apple、M2シリーズ搭載Mac/iPadを準備 「M3」は来年登場

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはM2チップを搭載した複数のMac/iPadを準備しているとレポートしています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleは以下のM2チップ搭載Mac/iPadを準備していると述べています。

  • M2を搭載した11インチと12.9インチの「iPad Pro」
  • M2を搭載した「Mac mini」
  • M2 Proを搭載した「Mac mini」
  • M2 ProおよびM2 Maxを搭載した14インチと16インチの「MacBook Pro」
  • M2 Ultraおよび「M2 Extreme」を搭載した「Mac Pro」

さらに、AppleはAR/VRヘッドセットの最新試作機にも16GBのメモリを備えたベースのM2チップを採用しているとのことです。

Appleはすでに「M3」チップに取り組んでおり、早ければ来年にも新しい13インチと15インチの「MacBook Air」(コードネーム:J513、J515)、新しい「iMac」(コードネーム:J433)、12インチラップトップへの搭載を計画しているそうです。

今年発売される「iPhone 14」シリーズは引き続きLightningが採用されるそうですが、2023年にUSB-Cに変更されるとガーマン氏は予想しています。iPhone 14 Proは常時表示ディスプレイを搭載すると述べています。USB-CについてはA14チップ搭載・5G対応の新しいローエンドiPadにも採用されるそうです。

iPadについては、来年か再来年に14〜15インチのディスプレイを搭載した機種が発売されると予想しています。

他にも、「HomePod」や「Apple TV」の新モデルも準備されているそうです。

コードネーム「B620」と呼ばれる新しいHomePodは、初代HomePodに近いサイズとオーディオ性能で、Apple Watch Series 8と同じ「S8」チップを搭載し、上部にアップデートされたディスプレイを備え、マルチタッチ機能の噂もあるとのことです。発売は来年になるようです。

さらに、コードネーム「J255」と呼ばれる新しいApple TVは、A14チップや容量がアップしたメモリを搭載するそうです。

HomePod/HomePod miniの音割れを防ぐ専用スタンド

合同会社アシカンが、MP2Lブランドより、HomePod/HomePod miniの音割れを防ぐ専用スタンド「MP2L シリコンスタンド for HomePod mini / HomePod」を発売しています。

MP2L シリコンスタンドは、HomePod/HomePod miniをテーブルや床などに直置きした際に発生する低音の反響を防ぎ、低・中・高域が揃った粒立ちの音にすることができるスタンドです。

カラーはホワイト、ブラック、グレー、ライトブルー、ピンク、パープル、ネイビー、レッド、イエローの8色で、価格は2,640円です。

iOS 16 betaに「HomePod」の未発売モデルのものとみられる記述

9to5Macが、本日公開された「iOS 16 beta」のコードに「HomePod」の未発売モデルのものとみられる記述を発見したと伝えています。

初代HomePodは「AudioAccessory1」、HomePod miniは「AudioAccessory5」ですが、この未発売モデルは「AudioAccessory6」となっているとのことです。

アナリストのミンチー・クオ氏は以前、2022年第4四半期〜2023年第1四半期に新しい「HomePod」が発売されると予想していました。

Apple、新しい「HomePod」を2022年第4四半期〜2023年第1四半期に発売

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleは2022年第4四半期〜2023年第1四半期に新しい「HomePod」を発売するとツイートしています。

クオ氏は、新しいHomePodのハードウェア設計はそれほど革新的ではないだろうと述べています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は以前、HomePodとHomePod miniの間に位置するスマートスピーカーの新モデルを検討していると報じており、昨年にはApple TVとHomePodを組み合わせた製品などを開発していると伝えていました。

Apple、Apple TVにHomePodやカメラを組み合わせた製品などを開発中

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはApple TVとHomePodを組み合わせた製品などを準備しているようだと伝えています。

情報筋は、AppleはApple TVセットトップボックスに、HomePodスマートスピーカー、ビデオ通話用のカメラや、スマートホーム機能などを統合した製品を開発していると述べています。

さらに、iPadとHomePodを組み合わせたようなタッチスクリーン搭載ハイエンドスピーカーの発売も検討しており、ロボットアームを使ってEcho Show 10のようにユーザを追従する機能を探究しているそうです。

ガーマン氏は、これらの製品の開発はまだ初期段階で、主要機能の変更や発売の見送りの可能性もあるとしています。

HomePodソフトウェアバージョン14.2.1

Apple Inc.が、「HomePodソフトウェアバージョン14.2.1」を配布しています。

このバージョンでは、全体的なパフォーマンスと安定性が向上しています。

HomePodソフトウェアは、ホームAppの左上にある「ホームを表示」ボタンから「ホーム設定」→「ソフトウェア・アップデート」にアクセスして画面を下に引っ張るとアップデートをチェックできます。

第3世代「AirPods」と第2世代「AirPods Pro」が来年登場、「HomePod」の新モデルも?

Bloombergが、Appleは来年「AirPods」ファミリーのアップデートを予定していると報じています。

関係者によると、Appleは第3世代の「AirPods」と第2世代の「AirPods Pro」を準備しているようです。

新しいAirPodsは、現行のAirPods Proと似たデザインになり、柄の部分が短くなって交換可能なイヤーチップを採用するようです。現時点では来年前半の発売が検討されているとのことです。

AirPods Proの新モデルについては、Appleは柄の部分を短くしてさらなる小型化を目指しているようで、テストモデルはSamsungや、Amazon、Googleの最新のイヤフォンと似た丸みを帯びたデザインとなっているそうです。

さらに、Appleはサイズ、価格、音質面でHomePodとHomePod miniの間に位置するスマートスピーカーの新モデルも検討しているようです。

今年発表されるAppleの新製品

MacRumorsが、Bloombergのマーク・ガーマン氏がPeriscopeのライブ配信で、フォロワーからの質問に答える形でAppleの新製品に関する情報を提供していたと伝えています。

ガーマン氏によると、今年発売される新しい「iPhone」は5.4インチと6.1インチのローエンドモデル2機種と、6.1インチと6.7インチのハイエンドモデル2機種の計4機種のラインナップで、ハイエンドモデルにはLiDARスキャナを搭載するとのことです。

他の製品については、デザイン刷新の可能性もある新しい「iMac」や、シザー構造キーボード採用の14インチ「MacBook Pro」、小型の「HomePod」、新しい「Apple TV」、16インチ「MacBook Pro」のアップデート(10〜11月頃)、睡眠トラッキング機能が追加された「Apple Watch Series 6」、紛失防止タグ「AirTags」、ハイエンドヘッドフォン(秋頃)などが今年発表されると述べています。