「Appleシリコン」タグアーカイブ

Appleシリコン搭載Macに対応した「Photoshop」のベータ版が公開

MacRumorsが、Appleシリコン搭載Macに対応した「Photoshop」のベータ版が公開されたと伝えています。

「Photoshop (Beta)」は、完全に機能するバージョンではなく、多くの機能がまだ利用できない状態で、一部の機能は処理が遅いとのことです。

バージョン5.3.1.470以降のCreative Cloudデスクトップアプリでダウンロードできます。

Apple、Mac向けの「M1」チップを発表

Apple Inc.が、Mac向けに設計された最初のAppleシリコン「M1」を発表しています。

M1は、CPU、GPU、Neural Engine、I/Oなどを1つのチップに組み込んだシステムオンチップで、超高速のユニファイドメモリアーキテクチャを採用しています。パーソナルコンピュータ用ップとして初めて5nmプロセス技術を採用しており、160億個ものトランジスタを搭載しています。

CPUは省電力シリコンとして世界最速の4つの高性能コアと、消費電力が従来の1/10の4つの高効率コアで構成され、この8つのコアが連携することでワット当たりのCPU性能は世界最高を実現しています。

GPUも8つのコアを搭載し、25,000近くのスレッドを同時に処理可能で、パーソナルコンピュータの中では世界最速の統合型グラフィックスとなっています。

M1のNeural Engineは毎秒11兆の演算処理が可能な16コアアーキテクチャ採用で、機械学習性能は最大で15倍高速となります。

他にも、強化されたノイズリダクション、より広いダイナミックレンジ、進化した自動ホワイトバランス機能を備えた画像信号プロセッサ(ISP)や、最新のSecure Enclave、省電力の高効率メディアエンコーディングエンジンとデコーディングエンジン、USB 4対応のThunderboltコントローラなども搭載しています。

Appleシリコン搭載Mac発表イベント、11月17日(火)開催?

リーカーのジョン・プロッサー氏が、Appleシリコンを搭載したMacの発表イベントが11月17日(火)に開催される予定であるとツイートしています。

このApple Eventの開催は1週間前の11月10日(火)に発表されるようです。

さらに、その次の発表イベントが2021年3月16日(火)に予定されており、目玉は「AirPods Studio」になるとしています。

最初のAppleシリコン搭載Macは11月に登場

MacRumorsが、Appleシリコンを搭載した最初のMacは11月に発表されるようだと伝えています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は、Appleの自社製シリコンを搭載した最初のMacラップトップは11月に発表される予定であると述べています。

Appleは今年のWWDCでMacのAppleシリコンへの移行を発表し、年内に最初のAppleシリコン搭載Macを出荷することを明らかにしています。

新しい「MacBook Air」のバッテリーが認証機関のデータベースに登録

9to5Macが、新しい「MacBook Air」に採用されるとみられるバッテリーが2つの認証機関のデータベースに登録されたと伝えています。

@smartvenkat95によると、中国のChina Compulsory CertificateとデンマークのUL Demkoのデータベースに、機種番号「A2389」という容量49.9Whのバッテリーが登録されています。今年前半に発売された現行のMacBook Airも同じ容量のバッテリーを搭載しています。

AppleはAppleシリコンを採用したMacBook Airを準備していると噂されており、アナリストのミンチー・クオ氏は2020年第4四半期か2021年第1四半期に登場するだろうと述べています。

新デザインの24インチ「iMac」、第4四半期に登場

MacRumorsが、新しいデザインの24インチ「iMac」は今年の第4四半期に発売されるようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏によると、Appleは第4四半期に新しい24インチiMacの発売を計画しているとのことです。

クオ氏は先日、最初のARMベースMacは新デザインの24インチiMacと13インチMacBook Proになる予定で、第3四半期にはIntelベースのiMacのアップデートも予定されていると述べていました。

AppleはWWDC20の基調講演で、最初のAppleシリコン搭載Macを今年末までに出荷すると発表しました。

Apple、Macの「Appleシリコン」への移行を発表

Apple Inc.が、Macのプロセッサを米国Intel社製から自社開発の「Appleシリコン」に移行すると発表しています。

AppleシリコンはAppleが設計するMac向けのシステムオンチップで、高度な電力管理、高度なセキュリティ、高性能CPUコア、高性能GPU、Neural Engine、機械学習アクセラレーターなどを提供します。

新しいmacOS Big Sur搭載アプリケーションはAppleシリコンネイティブで、Final Cut ProやLogic Proといったプロ向けアプリもネイティブとなっています。

MicrosoftのOffice for Macや、AdobeのLightroom、PhotoshopなどもすでにAppleシリコンベースのMacに最適化されているとのことです。

デベロッパは新しい「Xcode 12」を使って数日でアプリケーションを動作させることが可能で、「Universal 2」アプリケーションバイナリでIntelベースのMacとAppleシリコンベースのMacで動作するアプリを作成できます。macOS Big Surには「Rosetta 2」が搭載されており、既存のMacアプリを動作させることも可能です。LinuxやDockerなどを実行できる仮想化技術も搭載しています。

さらに、iPhone/iPadアプリケーションもAppleシリコンベースのMacで動作するようになっており、Mac App Storeからダウンロードできるようになります。

Apple Developer Programのメンバーは本日より、ドキュメント、フォーラムサポート、macOS Big SurとXcode 12のベータ版、A12Z Bionicシステムオンチップ、16GBメモリ、512GB SSDを搭載したMac miniベースの「Developer Transition Kit」を利用できる「Universal App Quick Start Program」を500ドルで申し込むことが可能で、今週より出荷されます。

最初のApple siliconを搭載したMacは年末に出荷される予定で、移行の完了には約2年かかる見込みとしています。また、新しいIntelベースMacの発売も予定しているとのことです。