「Apple Watch Series 6」タグアーカイブ

KDDI、新しい「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」「iPad」「iPad Air」を発売

KDDI株式会社が、「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」「第8世代iPad」を9月23日(水)より発売すると発表しています。

Apple Watch Series 6とApple Watch SEは、9月17日(木)よりApple Watch取扱店とau Online Shopにて予約受付が開始され、同日よりwatchOS 7のファミリー共有設定に対応したウォッチナンバーの提供も開始されます。

第8世代iPadも9月17日(木)よりiPad取扱店とau Online Shopにて予約受付が開始され、「第4世代iPad Air」は10月以降に予約受付が開始される予定です。

ドコモ、新しい「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」「iPad」「iPad Air」を発売

株式会社NTTドコモが、「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」「iPad (第8世代)」を9月23日(水)より発売すると発表しています。

予約は、9月17日(木)午前10時よりドコモのオンラインショップ、ホームページ、ド販売店にて受付が開始されます。

「iPad Air (第4世代)」は10月発売予定とのことです。

ウェルネスとフィットネス機能搭載の「Apple Watch Series 6」発表

Apple Inc.が、「Apple Watch Series 6」を発表しています。

Apple Watch Series 6は、緑色、赤色、赤外線からなる4つのLEDクラスターで手首の血管を照射して、4つのフォトダイオードで反射光を読み取り、血中酸素濃度アプリのアルゴリズムを使用して血中の酸素レベルを測定することが可能で、バックグラウンドで定期的に計測されるようになっています。

Series 6は第6世代のSiP「S6」を搭載し、iPhoen 11のA13 Bionicをベースにしたデュアルコアプロセッサが組み込まれており、前世代と比べて20%高速、アプリの起動も20%高速となり、一方で18時間のバッテリ駆動時間を維持しています。

さらに、次世代のデジタルの車の鍵といった新しい体験をサポートする短距離無線位置測位が可能になるU1チップとUltra Wideband(超広帯域無線)アンテナも搭載しています。

常時表示Retinaディスプレイは屋外での明るさがApple Watch Series 5の2.5倍となっています。常時計測の高度計も搭載されており、高度変化をリアルタイムで確認することができます。

Series 6には新しいブルーアルミニウムケース、グラファイトステンレススチールケース、イエローゴールドステンレススチールケース、Apple Watch (PRODUCT)REDが追加され、クラスプやバックルがない伸縮性のあるシリコン製バンド「ソロループ」、リサイクル糸を使用した「ブレイデッドソロループ」、ループバックや金具を省いた「レザーリンク」も加わっています。

Apple Watch Nikeには新色のスポーツバンドとスポーツループ、新しいNike文字盤、Apple Watch Hermèsにはアトラージュストラップ(シンプルトゥールおよびドゥブルトゥール)が追加されています。

watchOS 7は、自分のiPhoneにiPhoneを持っていない家族のApple Watchをペアリングして、個別の電話番号とアカウトを使うことができる「ファミリー共有設定」を搭載しています。

価格はGPSモデルが42,800円(税別)〜、GPS + Cellularモデルが53,800円(税別)〜となっています。本日より注文可能で、9月18日(金)に発売されます。

なお、今のユーザは多くのUSB電源アダプタを持っており、不要な電源アダプタを製造して資源を無駄に消費し、カーボンフットプリントを増やすことを避けるために、Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、Apple Watch Series 3、Apple Watch NikeにはUSB電源アダプタを同梱しないことを明らかにしています。

新デザインの「Apple Watch」、120Hzディスプレイ搭載の「iPhone」が2021年に登場

9to5Macが、2021年に新しいデザインの「Apple Watch」や、120Hz駆動のディスプレイを搭載した「iPhone」が登場するようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は、フォームファクタデザインが大幅に変更されたApple Watchが早ければ2021年後半にも登場すると予想しています。

明日にも発表されるとみられている「Apple Watch Series 6」は、Series 4やSeries 5と似たデザインで、血中酸素濃度測定機能を搭載するとのことです。

「iPhone 12」シリーズは10月に発表される予定で、6.1インチ「iPhone 12 Max」「iPhone 12 Pro」と6.7インチ「iPhone 12 Pro Max」のノッチはiPhone 11と同じサイズとなり、5.4インチ「iPhone 12」は少し狭くなるそうです。

iPhone 12に搭載されると噂の120Hzディスプレイについてはバッテリ消費の懸念があるため、ディスプレイの電力消費を抑えるLTPO技術を採用する2021年発売のiPhoneに搭載されるだろうと述べています。

5G対応のiPhone 12は、各モデルにサブ6GHz帯のみをサポートしたバージョンと、サブ6GHz帯とミリ波帯をサポートしたバージョンが用意され、サブ6GHz版が10月より順次量産されるようです。

またクオ氏は、明日開催のApple Eventでは、電源ボタンにTouch IDを内蔵した「iPad Air」が発表され、2021年に発表される新しいiPadにもTouch ID内蔵電源ボタンが採用されると述べています。

「Apple Event」のYouTubeページに「Apple Watch Series 6」のキーワード

9to5Macのギリェルメ・ランボー氏が、日本時間9月16日(水)午前2時より開催される「Apple Event」のYpuTubeページにメタキーワードとして「Series 6」が登録されているとツイートしています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は、今回のApple Eventでは新しい「Apple Watch」や「iPad」が発表され、「iPhone」の発表は10月になると述べています。

「Apple Watch Series 5」がAppleのオンラインストアで注文不可に

本日にも「Apple Watch Series 6」が発表されると噂されている中、Appleのオンラインストアで「Apple Watch Series 5」の一部機種が注文できなくなっています。

9to5Macによると、米国や中国、日本などのAppleのオンラインストアで注文できなくなっている機種が多数あり、中には直営店での受け取りもできなくなっている機種もあります。

ジョン・プロッサー氏は、日本時間の本日午後10時に新しいApple WatchとiPadがプレスリリースを通じて発表されると述べています。

[訂正]当初「日本時間の本日午後11時」と記載しておりましたが、正しくは「日本時間の本日午後10時」となります。訂正してお詫びいたします。

[訂正]Apple、日本時間9月8日(火)午後10時にプレスリリースを発表

[訂正]当初「日本時間9月8日(火)午後11時」と記載しておりましたが、正しくは「日本時間9月8日(火)午後10時」となります。訂正してお詫びいたします。


Front Page Techのジョン・プロッサー氏が、Appleは日本時間9月8日(火)午後11時にプレスリリースを出す予定であるとツイートしています。

プロッサーは以前、9月7日の週に新しい「Apple Watch」と「iPad」がプレスリリースで発表され、10月12日の週にiPhone発表イベントが予定されていると述べていました。

また、Bloombergのマーク・ガーマン氏は、今週発表されるのは新製品ではなく、iPhone/Apple Watchイベントの可能性が高いとツイートしています。

「iPhone」「Apple Watch」「iPad Air」「HomePod」などの新モデルがこの秋登場

Bloombergが、Appleはこの秋に「iPhone」「iPad Air」「Apple Watch」「HomePod」などの新モデルを発表する予定であると報じています。

Appleは10月に5G対応の新しい「iPhone」の発表を計画しているとのことです。新モデルはiPad Proに似たデザインに変更され、5.4インチと6.1インチのディスプレイを搭載し、アルミニウム製フレームを採用した下位モデルと、6.1インチと6.7インチのディスプレイを搭載し、ステンレススチール製フレームを採用したProモデルの計4機種のラインナップとなり、少なくともProの6.7インチはLIDARスキャナを搭載するようです。Proモデルにはミッドナイトグリーンに代わる新色「ダークブルー」が追加されるそうです。

さらに、「Apple Watch Series 6」や、Apple Watch Series 3に替わる新しい低価格モデル、iPad Proと同様のスリムベゼルデザインを採用した新しい「iPad Air」、オーバーイヤー型ヘッドフォン、小型の「HomePod」も秋に登場するとのことです。

Appleは他にも、プロセッサやリモコンなどがアップグレードした「Apple TV」も準備しているようですが、出荷は来年になるようです。

「Apple Watch‌ Series 6」と新しい「iPad」とみられる機種がEECに登録

MacRumorsが、ユーラシア経済委員会(EEC)のデータベースに「Apple Watch‌ Series 6」と新しい「iPad」とみられる機種が登録れたと伝えています。

新たに登録されたのは、watchOS 7を搭載したウェアラブルデバイス「A2291」「A2292」「A2351」「A2352」「A2375」「A2376」「A2355」「A2356」の8機種[1/2]と、iPadOS 14搭載したタブレットコンピュータ「A2270」「A2316」「A2072」「A2324」「A2325」「A2428」「A2429」の7機種[1/2]です。

「iPhone 12」イベントは10月12日の週に開催

ジョン・プロッサー氏が、「iPhone 12」は10月12日の週に開催されるiPhoneのスペシャルイベントで発表され、同じ週に予約注文が開始され、10月19日の週に発売されるとツイートしています。

上位機種の「iPhone 12 Pro」は11月に予約注文と発売が予定されているとのことです。

また、「Apple Watch Series 6」と新しい「iPad」が9月7日の週にプレスリリースを通じて発表されるようです。

新しい5G対応のiPhoneは、iPad Proのようにエッジ部分がフラットなデザインに変更され、5.4インチと6.1インチのiPhone 12は、OLEDディスプレイ、A14チップ、デュアルカメラを、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proは120Hz ProMotionテクノロジー搭載10-bit色深度対応OLEDディスプレイ、A14チップ、トリプルカメラおよびLiDARスキャナを搭載すると報じられています。

容量と価格は、iPhone 12が128GB(649ドル/749ドル)と256GB(749ドル/849ドル)、iPhone 12 Proは128GB(999ドル/1,099ドル)、256GB(1,099ドル/1,199ドル)、512GB(1,299ドル/1,399ドル)となるとプロッサー氏述べています。