「WWDC」タグアーカイブ

WWDC22:13インチMacBook Proやヘッドセットは発表されず

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、WWDC22では13インチ「MacBook Pro」やAppleのAR/VRヘッドセットは発表されないようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、新しい13インチMacBook Proは新しいAirと同時に発売される予定だったものの、中国でのロックダウンにより計画が変更になった可能性があると述べています。

新モデルは2020年モデルと同じデザインで、Touch Barは廃止されるそうです。

新デザインの「MacBook Air」については、MacBook Proの2021年モデルと変わらないデザインで、スペースグレイ、シルバー、シャンパンのようなゴールド、ダークブルーのカラー展開となり、13インチディスプレイや、2つのUSB-Cポート、MagSafeポート、Touch IDを搭載するとのことです。画面にはノッチが設けられる可能性があるとしています。

MacBook Airも中国でのロックダウンの影響があるようで、WWDCで発表されたとしても、供給不足または後日の発売が予想されるとのことです。

また、WWDCではAR/VRヘッドセットが発表されることはないものの、多くの手がかりが得られるだろうとガーマン氏は述べています。発売は来年になるようで、最初に米国での発売が検討されているそうです。

「WWDC22」の基調講演、日本時間6月7日(火)午前2時より

Apple Inc.が、日本時間6月7日(火)午前2時より、世界開発者会議「Apple Worldwide Developers Conference 2022」の基調講演を配信すると発表しています。

基調講演はapple.com、Apple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeで配信される予定です。

WWDCでは他にも、日本時間6月7日(火)午前6時からの「Platforms State of the Union」、日本時間6月7日(火)午前9時からの「Apple Design Awards」や、150以上のセッションビデオの配信、1対1のラボなどが予定されています。

「WWDC22」スペシャルイベント、申込受付開始

Apple Inc.が、6月6日(月)にApple Parkにて開催する「WWDC22」のスペシャルイベントの申込受付を開始しました。

このスペシャルイベントでは、AppleのエンジニアやエキスパートとともにWWDCの基調講演とState of the Unionのビデオを視聴するほか、新しいDeveloper Centerの見学なども予定されています。

Apple Developer ProgramおよびApple Developer Enterprise Programのメンバー、2022 Swift Student Challenge参加者が申し込み可能で、受付期間は日本時間5月12日(木)午前1時までとなっています。

「WWDC22」のSpecial dayイベント、5月9日(月)申込受付開始

Apple Inc.が、6月6日(月)にApple Parkにて無料開催するWWDC22の「Special day」イベントについて、参加申込の受付を5月9日(月)に開始すると案内しています。

このSpecial dayでは、Apple ParkでAppleのエンジニアやエキスパートとともにWWDCの基調講演とState of the Unionのビデオを視聴するほか、新しいDeveloper Centerの見学なども予定されています。

Apple Developer ProgramおよびApple Developer Enterprise Programのメンバーが参加可能で、申込期間は日本時間5月10日(火)午前1時から5月12日(木)午前1時までとなっています。

「WWDC22」、6月6日(月)からオンラインで開催

Apple Inc.が、世界開発者会議「Worldwide Developers Conference」を6月6日(月)から6月10日(金)までオンラインで開催すると発表しています。

6月6日(月)にはApple Parkにて、基調講演とState of the Unionのビデオを視聴する開発者と学生向けの「Special day」を開催するとのことです。詳細は近日中にApple DeveloperサイトとApple Developerアプリケーションにて発表される予定です。

WWDC22では「macOS」「iOS」「iPadOS」「watchOS」「tvOS」の最新のイノベーションが披露される予定です。

また、学生を対象としたSwift Playgrounds作品コンテスト「Swift Student Challenge」の応募を4月25日(月)まで受け付けています。