「WWDC」タグアーカイブ

Apple、WWDCでプライバシーツールやiPadOSの強化などを発表

BLoombergが、AppleはWWDCで「iOS 15」「iPadOS 15」の新しいプライバシー保護機能や、ヘルストラッキング機能、通知機能、メッセージ機能、iPadのマルチタスキング機能の強化などを発表する計画であると伝えています。

プライバシー機能については、各アプリケーションがどんなデータを収集しているかを確認できるコントロールパネルが追加されるとのことです。

通知機能については以前、運転中、仕事中、睡眠中といった状況に応じた通知の設定ができるようになると報じていました。また、メッセージの自動返信機能の強化や、通知バナーのデザイン変更も含まれるそうです。

iPadOS 15ではホーム画面が大幅にアップデートされ、ウィジェットをホーム画面の好きな位置に配置できるようになるとしており、マルチタスキング機能も改善されるとのことです。

iOS/iPadOS 15で予定されていたロック画面の改良については延期されたようです。

macOSのアップデートはややマイナーなものとなり、watchOSについてはヘルストラッキング機能やインターフェイスの改善が含まれるとしています。

新デザインの「MacBook Pro」、WWDCで発表

MacRumorsが、日本時間6月8日(火)より開催されるWWDC21で、新しい「MacBook Pro」が発表されるようだと伝えています。

米国Wedbush Securities社のアナリストであるダニエル・アイブス氏は、AppleはmacOS、iOS、iPadOS、watchOS、tvOSの新バージョン発表の他に、新しいMacBook Proなどいくつかのサプライズを計画していると述べています。

新しいMacBook Proは14インチと16インチのラインナップで、フラットなデザインとなり、10コアCPUと16または32のGPUコアを組み込んだAppleシリコンや、MagSafe、HDMI、SDカードスロットなどを搭載するとみられています。

ジョン・プロッサー氏も以前、WWDC21で新しいMacBook Proが発表されるとツイートしていました。

「WWDC21」の基調講演、日本時間6月8日(火)午前2時より

Apple Inc.が、日本時間6月8日(火)午前2時より、世界開発者会議「Apple Worldwide Developers Conference 2021」の基調講演を配信すると発表しています。

基調講演はapple.com、Apple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeで配信される予定です。

WWDC21では他にも、日本時間6月8日(火)午前6時からはAppleプラットフォームの進化を掘り下げる「Platforms State of the Union」、6月11日(金)午前6時からは「Apple Design Awards」や、200以上のセッション、1対1のラボなどが予定されています。