AppleのAR/VRヘッドセット:目と手で操作可能なトラッキング機能、VR FaceTime、没入型ビデオ視聴機能などを搭載

Bloombergが、Appleが今年発表するAR/VRヘッドセットの詳細を伝えています。

「Reality Pro」という名称になると見られているAppleのヘッドセットは、ユーザの目と手をトラッキングする機能を備え、ヘッドセットの画面上のアイテムを見て選択し、手でジェスチャー操作することができるそうです。

FaceTimeベースのビデオ会議および会議室も利用可能で、仮想現実でユーザの顔と全身をリアルにレンダリングしたアバターでコミュニケーションを取ることができるとのことです。リアルなアバターは1対1のビデオチャットで利用でき、複数人でのFaceTimeセッションではアイコンやミー文字で表示されるそうです。

他にも、砂漠や宇宙空間などで巨大なスクリーンでビデオを使用できる機能や、Macの外部モニターとして使用できる機能も備えているようです。

ヘッドセットのディスプレイで画像やコンテンツを見ることができるVRと、現実世界の上にデジタルコンテンツを表示するARは、Apple Watchのようなデジタルクラウンで切り替えられるとのことです。

バッテリーは内蔵ではなくiPhone 14 Pro Maxを2台重ねた程度の大きさの外部パック式で、約2時間使用できるようです。

「xrOS」と呼ばれるヘッドセットのOSは、iPhone/iPadと同じ機能の多くを3D環境で備えており、メインインターフェイスはiPhone/iPadとほぼ同じで、アイコンやウィジェットがグリッド上に配置されたホーム画面を備えているそうです。テキスト入力はSiriまたはiPhone/iPad/Macで行えるとのことです。

Reality Proは、アルミニウム、ガラス、クッションで作られ、AirPods Maxを彷彿とさせるデザインで、前面に局面スクリーンを備え、装着している人の目を映し出すようになっており、側面にはスピーカーを搭載し、ヘッドバンドで頭にフィットするようになっているとのことです。

価格は約3,000ドルで、早ければ春にも発表されると見られていますが、スケジュールが変更される可能性もあるとしています。