「macOS 10.15」タグアーカイブ

Apple、「メッセージ」と「ショートカット」のCatalystバージョンを開発

9to5Macが、Appleは「メッセージ」と「ショートカット」のCatalystバージョンを開発しているようだと伝えています。

デベロッパのスティーブ・トゥロートン・スミス氏によると、macOS CatalinaにはメッセージAppとショートカットAppのCatalystバージョンに関連するコードが含まれているとのことです。

Project Catalystは、デベロッパがiPadアプリケーションをMacに移植できるmacOS Catalinaの新しいツールセットです。

macOS 10.15の新アプリ「Music」「TV」のスクリーンショット

9to5Macが、「macOS 10.15」の新しいアプリケーション「Music」と「TV」のスクリーンショットを掲載しています。

Musicアプリは、iTunesのコードをベースにしたAppKitアプリで、スマートプレイリストやiPhone/iPad/iPodとの同期機能、ディスク読み込み/作成機能などを引き継ぐと報じられています。

macOS 10.15の「ミュージック」アプリはiTunesがベースに

9to5Macが、macOS 10.15で追加される「ミュージック」アプリは、iTunesがベースになるようだと伝えています。

macOS 10.15のミュージックAppは、iOSアプリをMacに移植できるMarzipanを利用したものではなく、iTunesのコードをベースとしたAppKitアプリとなり、スマートプレイリストや、デバイスとの同期、ディスクの読み込みと作成といったiTunesの機能を搭載するようです。

macOS 10.15、「Siriショートカット」「スクリーンタイム」「メッセージエフェクト」などを搭載

9to5Macが、「macOS 10.15」はiOSの「Siriショートカット」「スクリーンタイム」「メッセージエフェクト」といった機能を搭載するようだと伝えています。

また、システム環境設定にはiOSの設定appのような新しいApple ID管理パネルが追加されるようです。

macOS 10.15は、日本時間6月4日(火)のWWDC 2019で発表される見込みです。

macOS 10.15、Apple Watchでロック解除以外の認証も可能に

9to5Macが、macOS 10.15ではApple Watchを使って様々な操作の認証が可能になるようだと伝えています。

現在はApple WatchでMacのロックを自動解除したり、Apple Payの支払いを認証できるようになっていますが、次期macOSでは他の操作もApple Watchで認証できるようになるそうです。具体的なことは不明としていますが、Touch IDの代わりにApple Watchを使って認証できるようになるかもしれないとのことです。

「macOS 10.15」、iPadを外部ディスプレイとして利用可能に

9to5Macが、「macOS 10.15」はアプリケーションのウィンドウをiPadや外部ディスプレイに表示する機能を搭載するようだと伝えています。

開発コード名「サイドカー」と呼ばれるこの機能は、アプリケーションウィンドウの緑のボタンにマウスを重ねると表示されるメニュー(全画面表示、タイル表示、外部ディスプレイに移動)から利用可能で、Macに接続された外部ディスプレイに加え、iPadにもウィンドウを移動できるとのことです。

さらに、iPadにMacのアプリケーションウィンドウを表示している場合、Apple Pencilを使って書き込むこともできるようです。