「macOS 10.15」、iPadを外部ディスプレイとして利用可能に

9to5Macが、「macOS 10.15」はアプリケーションのウィンドウをiPadや外部ディスプレイに表示する機能を搭載するようだと伝えています。

開発コード名「サイドカー」と呼ばれるこの機能は、アプリケーションウィンドウの緑のボタンにマウスを重ねると表示されるメニュー(全画面表示、タイル表示、外部ディスプレイに移動)から利用可能で、Macに接続された外部ディスプレイに加え、iPadにもウィンドウを移動できるとのことです。

さらに、iPadにMacのアプリケーションウィンドウを表示している場合、Apple Pencilを使って書き込むこともできるようです。