Apple、「watchOS 8」を発表

Apple Inc.が、「watchOS 8」を発表しています。

watchOS 8では、ウォレットとホームアプリケーションのアップデート、新しいワークアウト、アップデートされた呼吸アプリケーションといった新機能を搭載しています。

watchOS 8の主な新機能

  • ウォレット
    Apple Watch Series 6上のデジタルの車の鍵を使って離れた場所から自分の車を解錠し、運転席から車を指導できる機能、Apple Watchのタップによる自宅、オフィス、ホテルの部屋の解錠、運転免許証や身分証明書の登録といった新機能を搭載。
  • ホーム
    再設計されたホームApp。HomeKit対応カメラの映像を確認したり、インターコムでHomePod miniなどにメッセージを送信したりすることが可能に。
  • ワークアウト
    太極拳とピラティスの追加。
  • マインドフルネス
    呼吸AppをマインドフルネスAppにアップデート。1分間でマインドフルな集中を行うことでストレスを軽減し体と心をリラックスさせる「リフレクト」を追加。
  • 睡眠
    睡眠時の呼吸数を測定。
  • 文字盤
    iPhoneで撮影されたポートレート写真を使った文字盤を作成可能に。
  • メッセージと連絡先
    メッセージAppで音声入力、スクリブル、絵文字の追加が同じ画面で利用可能に。GIFも選択可能。連絡先Appが追加。
  • 集中モード
    iOS 15で利用可能になった「集中モード」に対応。

対応機種はApple Watch Series 3以降です。

watchOS 8のデベロッパベータは本日より、パブリックベータは来月より、正式版は秋に無料で提供されます。