Apple、「iPadOS 15」を発表

Apple Inc.が、「iPadOS 15」を発表しています。

iPadOS 15では、マルチタスク機能の強化、ホーム画面に配置できるようになったウィジェット、Appライブラリ、クイックメモ機能、新しいSafariといった新機能を搭載しています。

iPadOS 15の主な新機能

  • マルチタスクとキーボードショートカット
    アプリケーションの上部のマルチタスクメニューを表示、Split ViewやSlide Overにアクセス可能。複数のウインドウを扱うSafariやメールといったアプリでウィンドウを最小化して格納する「シェルフ」機能が追加。
  • ウィジェットとAppライブラリ
    ホーム画面にアプリケーションとともにウィジェットを配置可能に。アプリケーションをカテゴリ別に分類するAppライブラリがDockから利用可能に。
  • メモ
    素早くメモを取ることができる「クイックメモ」機能、アクティビティ表示やメンション機能、タグによる管理などを搭載。
  • FaceTime
    空間オーディオによりビデオ通話内で表示されている方向から聞こえてくる機能、機械学習により雑音をカットして声を届ける「声を分離」、雑音を含む周りの全ての音を届ける「ワイドスペクトラム」、グリッド表示、背景をぼかして顔にフォーカスする「ポートレートモード」、共有も可能なFaceTime通話のスケジュール機能「FaceTimeリンク」(AndroidやWindowsからも参加可能)などを搭載。
  • SharePlay
    FaceTime通話中に音楽やテレビ番組、映画、プロジェクトなどを同期再生して一緒に楽しめる機能。画面共有も可能。Apple Musicアプリ、Apple TVアプリや、サードパーティーのアプリ、ストリーミングサービスと連携可能。
  • Safari
    余計なものを省いた新デザインのタブバー、Mac/iPhone/iPad間で同期するタブグループ機能を搭載。
  • 集中モード
    「パーソナル」「仕事」「睡眠」に合わせて通知を許可するアプリケーションや人物を設定できる機能。
  • 通知
    デザインが一新され、より見分けやすくなり、メッセージの通知などを除く早急な対応を必要としない通知を設定した時間にまとめて届ける「通知要約」を利用可能に。
  • テキストの認識表示
    撮影した写真、スクリーンショットなどの電話番号、ウェブサイト、住所、追跡番号といった文字を認識してテキストデータとしてコピーできる機能。「画像を調べる」は写真の中の動物、ランドマーク、植物などを認識可能。Spotlightは場所、人物、風景、オブジェクトなどで写真を検索可能に。
  • 翻訳
    翻訳アプリケーションがiPadに対応。
  • Swift Playgrounds
    「Swift Playgrounds 4」はiPad上でiPhone/iPadアプリケーションを構築可能に。
  • ユニバーサルコントロール
    設定することなくデバイスを並べて置くだけで、1組のキーボードとマウス/トラックパッドで2台以上のMac/iPad間をシームレスに操作できる機能。ファイルのドラッグ&ドロップにも対応。
  • あなたと共有
    メッセージAppで共有された記事や音楽テレビ番組写真などを、写真、Safari、Apple News、ミュージック、Podcast、Apple TVアプリでアクセス可能。
  • 写真
    「メモリー」にApple Musicを導入。
  • プライバシー機能
    マーケティングメールなどの送信者にメールを開いたかどうかという情報や、IPアドレス、位置情報を知られるのを防ぐ「メールプライバシー保護」、アプリケーションが過去7日間に位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先にアクセスしたかを確認できる「Appプライバシーレポート」、Siriの音声認識をA12 Bionic以降を搭載したデバイス上で処理する機能を搭載。
  • iCloud+
    通常のiCloudの機能に加え、ユニークでランダムなメールアドレスを使用できる「メールを非公開」、HomeKitセキュアビデオのサポートの拡張、Safariでプライバシーが保護された状態で閲覧できる「Private Relay」を追加費用なしで提供。

対応機種は、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降、iPad (第5世代)以降、iPad Proです。

iPadOS 15のデベロッパベータは本日より、パブリックベータは来月より、正式版は秋に無料で提供されます。