macOS 10.15の「ミュージック」アプリはiTunesがベースに

9to5Macが、macOS 10.15で追加される「ミュージック」アプリは、iTunesがベースになるようだと伝えています。

macOS 10.15のミュージックAppは、iOSアプリをMacに移植できるMarzipanを利用したものではなく、iTunesのコードをベースとしたAppKitアプリとなり、スマートプレイリストや、デバイスとの同期、ディスクの読み込みと作成といったiTunesの機能を搭載するようです。