「iOS 16」タグアーカイブ

iOS 16に常時表示ディスプレイに関する記述

9to5Macが、iOS 16 betaに常時表示ディスプレイに関する記述が複数見つかったと伝えています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は先週、iOS 16は常時表示ディスプレイをサポートし、「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」で利用できるようになると報じていました。

9to5MacによるとiOS 16 betaには、iPhoneのディスプレイのバックライト管理に関連する3つの新しいフレームワークが追加されており、これらのフレームワークには常時表示機能に関連する記述が含まれているそうです。

さらに、常時表示機能を未対応デバイス上でも有効にできる隠しフラグも含まれており、AppleのエンジニアがiPhone 13のProモデルで常時表示機能をテストできるようになっているとのことです。

Apple Watchではディスプレイのリフレッシュレートを1Hzに下げることで、バッテリーの消費を抑えて常時表示を実現しています。iPhone 13 Pro/Maxの可変リフレッシュディスプレイは10〜120Hz駆動です。

「iOS 16」は常時表示ロック画面をサポート 「iPhone 14 Pro」で利用可能に

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、「iOS 16」(コードネーム:Sydney)は常時表示ディスプレイに対応するようだと伝えています。

iOS 16はiPhone 13で当初計画されていた常時表示ロック画面を将来的にサポートするようで、常時表示ロック画面モードは「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」で利用できるようになるとガーマン氏は述べています。

また、ウィジェットのような機能を備えた壁紙がロック画面に採用されるようです。

iOS 16では他にも、通知、iPadのマルチタスキング、メッセージAppとヘルスケアAppのアップグレードなどを含むシステム全体の変更が追加されるとのことです。

「iOS 16」は新たな相互作用方法や新しいAppleアプリが追加

MacRumorsが、マーク・ガーマン氏がニュースレターのPower Onで、「iOS 16」はデザインの刷新はないものの、システム全体の大きな変更や、新たな相互作用方法、新しいAppleのアプリが追加されるだろうと述べていると伝えています。

さらに、「watchOS 9」についても大きな発表があるとしています。

ガーマン氏は先月、iOS 16とwatchOS 9は大幅な機能強化が追加されるだろうと述べていました。

「iOS 16」と「watchOS 9」は大幅な機能強化を搭載

9to5Macが、マーク・ガーマン氏によると、6月6日(月)開幕のWWDCで発表される「iOS 16」と「watchOS 9」では大幅な機能強化が図られるようだと伝えています。

ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、コードネーム「Sydney」(シドニー)と呼ばれるiOS 16では、通知のアップデートや、新しいヘルストラッキング機能といった大幅な機能強化が追加されるだろうと述べています。

iOS 16のインターフェイスが刷新されることはないものの、「iPadOS 16」のマルチタスキングのインターフェイスが新しくなる可能性があるとのことです。

コードネーム「Kincaid」(キンケイド)と呼ばれる「watchOS 9」については、アクティビティとヘルストラッキングが大幅に強化されるようです。

ガーマン氏は、WWDCではMacも発表される可能性があるとしています。情報によると今年半ばか下半期前半に2つのMacが発売される予定で、1つは「MacBook Air」とみられるようです。