「iOS 15」タグアーカイブ

「iOS 15」は食事追跡機能や強化された通知機能などを搭載

9to5Macが、「iOS 15」には新しい食事追跡機能や通知機能の強化などが追加されるようだと伝えています。

iOS 15を目撃したとするコナー・ジュイス氏によると、iOS 15にはダークモードUIの改善、メッセージAppの改善、ヘルスAppの食事追跡といった新機能、UIの変更、新しい通知設定と新しいロック画面の外観が含まれているとのことです。

Bloombergは以前、iOS/iPadOS 15では運転中、仕事中、睡眠中など現在の状況に応じた通知の設定ができるようになると報じていました。

「iPadOS 15」は通知やiPadのホーム画面がアップグレード

Bloombergが、次期「iOS 15」「iPadOS 15」は通知、iPadのホーム画面、ロック画面などが改良されるようだと伝えています。

iOS/iPadOS 15では、運転中、仕事中、睡眠中など現在の状況に応じた通知の設定ができるようになるとのことです。現在の状況に応じた自動返信メッセージを設定することも可能になるようです。

また、iMessageのアップグレードにも取り組んでいるそうです。

iPadOS 15では、ホーム画面が大幅にアップデートされる予定で、iOS 14のiPhoneのホーム画面のようにウィジェットをホーム画面の好きな位置に配置できるようになるとのことです。

情報筋によると、開発コード名「Sky」と呼ばれるiOS/iPadOS 15は、6月7日(月)からオンラインで開催される「WWDC21」で発表されるそうです。

「iOS 15」ではiPhone 6s/6s Plusと第1世代iPhone SEが非対応に

9to5Macが、来年リリースされる「iOS 15」ではiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE (第1世代)が非対応になるかもしれないと伝えています。

The Verifierは、iOS 15はA9チップを搭載したiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第1世代) に対応せず、iPhone 7以降をサポートするとレポートしています。

iPhone 6s/6s Plusは2015年9月、第1世代のiPhone SEは2016年3月に発売されました。

iPadOS 15については触れられていませんが、iPad (第5世代)はiPhone 6s/6s Plus、iPhone SE (第1世代)と同じA9チップを搭載しています。