Apple、すでに第2世代のAR/VRヘッドセットに着手

MacRumorsが、Appleはすでに第2世代のAR/VRヘッドセットを開発しているようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、Appleは第2世代AR/VRヘッドセットの計画に着手しており、2024年後半に出荷が予定されているとのことです。第2世代モデルは初代モデルよりも軽くなり、形状、バッテリーシステム、プロセッサが改善されるようです。

2022年第4四半期に量産体制に入る見込みの初代のヘッドセットについては、重さが300〜400gで、シームレスにARとVRを切り替えることが可能で、革新的なヘッドセット体験を提供するとしています。

クオ氏は以前、AppleのAR/VRヘッドセットは、M1チップと同様の性能のハイエンドと、センサー関連の計算を担うローエンドの2つのプロセッサを搭載すると述べており、Bloombergのマーク・ガーマン氏は先日、複数のプロセッサや超高解像度ディスプレイを搭載し、専用のApp Storeが用意され、ゲーム、メディア消費、コミュニケーションにフォーカスしたものになるとレポートしていました。

ミンチー・クオ氏は他にも、「Apple Watch Series 8」、新しい「Apple Watch SE」と、Apple Watchのエクストリームスポーツバージョンが2022年後半に、第2世代の「AirPods Pro」が2022年第4四半期に、3GBメモリを備えた「iPhone SE」が2022年前半に、4.7インチよりも大きいディスプレイや4GBメモリを備えた「iPhone SE」が2023年に発売されるだろうと述べています。