「写真/ビデオ」カテゴリーアーカイブ

Adobe、「Photoshop/Premiere Elements 2022」をリリース

Adobe Inc.が、写真編集ソフトウェア「Photoshop Elements 2022」と、動画編集ソフトウェア「Premiere Elements 2022」をリリースしています。

Photoshop Elements 2022は、Adobe SenseiのAI技術を用いて写真をアート作品のような仕上がりにするアーティスティックな効果や、写真に雪の結晶やきらめきなどの動きを追加できるムービングオーバーレイ、写真を別の写真の中に合成するワープ機能、ペットの写真を簡単に編集できる完璧なペット写真ガイド付き編集機能、写真の背景を広げる機能、新しいスライドショースタイルといった新機能を搭載しています。

Premiere Elements 2022では、SNS向けの縦横比の調整機能、Adobe SenseiのAI技術を用いて被写体をフレーム内に収めるオートリフレーム、アニメーションオーバーレイ、シャドウとハイライトの調整機能、新しいスライドショースタイルなどが追加されています。

価格は各19,580円で、Photoshop Elements 2022とPremiere Elements 2022のバンドル版は27,280円で提供しています。

iPhone 12 Pro/Max用Solid Bumperに取り付けられるアタッチメントレンズ「USHADOW X1」用マウント発売

株式会社ROOXが、ギルドデザイン社のiPhone 12 Pro/12 Pro Max用「Solid Bumper」に、中国Bright Shadow Technology社のiPhone用アタッチメントレンズ「USHADOW X1」を取り付けることができる「専用レンズマウント」を発売すると発表しています。

専用レンズマウントは、M17/P1サイズのネジを採用したUSHADOW X1のスマートフォン用レンズを装着できるレンズマウントで、Solid Bumperにネジで取り付けることができます。

また、シネマスコープ映像を撮影できるレンズ「USHADOW X1 1.33xアナモフィックレンズ」も発売しています。NDフィルタやPLフィルタなどを取り付けられる62mmフィルタリングが付属しています。

価格はレンズマウントが2,750円、1.33xアナモフィックレンズが8,800円で、9月1日(水)出荷開始予定でです。

DxO、RAWファイルのデジタルノイズやレンズの欠陥を取り除く「DxO PureRAW」リリース

DxO Labsが、RAWファイルを最適化する「DxO PureRAW」をリリースしたと発表しています。

DxO PureRAWは、RAWファイルのノイズ、色収差、不要なビグネット、ディストーション、シャープネス不足を自動で取り除き、PhotoshopやLightroomといった写真編集ソフトウェア向けに最適化できるソフトウェアです。

価格は12,900円で、5月31日(月)まで8,998円で提供中です。

MiggoのiPhone用カメラグリップとクリップ式レンズが最大44%オフ

株式会社エム・エス・シーが、イスラエルMiggo社のiPhone用カメラグリップとクリップ式レンズを最大44%オフで提供するウィンターセールを実施しています。

  • PICTAR ONE PLUS MARK II11,880円(通常15,180円、21%オフ)
    iPhone用カメラグリップ。半押しでフォーカスと露出ロックが可能なシャッターボタン、ズームリング/セルフィーボタン、露出補正ホイール、撮影モードを切り替えるスマートホイール、コールドシューマウント、三脚穴を搭載。
  • PICTAR SMART LENS Wide Angle 16mm/Macro X125,280円(通常6,820円、22%オフ)
    スマートフォン用クリップ式16mm広角レンズ+12倍マクロレンズ。
  • PICTAR SMART LENS Wide Angle 18mm4,180円(通常7,480円、44%オフ)
    スマートフォン用クリップ式18mm広角レンズ。
  • PICTAR SMART LENS Telephoto 60mm6,380円(通常8,580円、25%オフ)
    スマートフォン用クリップ式60mm望遠レンズ。

セール実施期間は2月25日(木)までです。

スマホやノートPCにつけられるクリップ式LEDリングライト

サンワサプライ株式会社が、スマートフォンやノートパソコンに取り付けられるLEDリングライト「200-DGCAM031」を発売しています。

200-DGCAM031は、厚さ3mmまでのスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどにクリップで取り付けられるLEDリングライトです。白色20灯、橙色20灯搭載で、暖色、暖白色、白色の3段階の色温度切替が可能です。USB充電式です。

価格は2,000円で、サンワダイレクト楽天市場PayPayモールau Pay マーケットAmazon.co.jpにて販売中です。

グリーンハウス、スマホホルダー付きLEDリングライトを発売

株式会社グリーンハウスが、LEDリングライト2タイプを発売すると発表しています。

GH-CSL48D-BK」は、3段階の色調調整と、10段階の明るさ調整が可能なUSB給電式LEDリングライトで、ミニ三脚が付属しています。

幅55〜85mmのスマートフォンに対応したホルダーが付属した「GH-CSL72C-BK」もラインナップされています。

価格はオープンで、11月中旬より順次発売される予定です。

Apple、「Clips」をアップデート

Apple Inc.が、iOS/iPadOS向けアプリ「Clips」[App Store]をアップデートしたと発表しています。

新しいバージョン3.0では、インターフェイスが刷新され、洗練されたインターフェイスやフルスクリーンブラウザを採用しています。

また、iPadでは、横向きや、Apple Pencilのスクリブル、Bluetoothマウスやトラックパッドを、iPhone 12/12 Proでは、背面カメラを使ったHDRビデオ録画をサポートしています。

  • 9:16縦向き、16:9横向き、3:4縦向き、4:3横向きを含む新しいサイズでビデオを録画および作成できます
  • iPadを縦向き、横向き、およびキーボードケースを付けて使用しているときにビデオを作成できます
  • セルフィーシーンを任意の向きで録画でき、周りの様子をさらに録画できます
  • 縦向きと横向きのすべてのビデオサイズに自動的に適応する、アップデートされたポスターを使用できます
  • 新しいフルスクリーンのデザインで、キャプチャしている内容を詳しく確認できます
  • 再設計されたエフェクトおよびメディアブラウザを使って、より簡単にコンテンツをブラウズしたり、ビデオに追加したりできます
  • Apple Pencilを使ってラベルやポスターのテキストフィールドに書くことができます
  • 14の新しいカラフルなテキストとシェイプのステッカーをソーシャルビデオに追加できます
  • ビデオの長さに合わせて自動的に調整される25の新しいサウンドトラックを選択できます
  • 新しい共有オプションを使って、サポートされている縦向きまたは横向きのすべてのサイズで動画を共有できます。送信する前にビデオをプレビューできます
  • iPhone 12およびiPhone 12 Proの背面カメラでハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオを録画できます
  • HDRビデオを写真ライブラリから表示、編集、共有できます*

* HDRビデオを編集および共有するには、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8 Plus、iPhone X以降、iPad mini(第5世代)、iPad(第7世代)以降、iPad Air 3以降、10.5インチiPad Pro以降が必要です

サンワサプライ、スマホ&パソコン用リングライトを発売

サンワサプライ株式会社が、スマートフォン&パソコン用リングライトを発売したと発表しています。

200-DG020」は、スマートフォンやパソコンのディスプレイなどにクリップで取り付けられる72灯式リングライトです。スイッチで色温度を8500K/3000K/6500Kの3段階で、ダイヤルで光量を変更できるようになっています。

三脚に取り付けられるアダプタも付属しています。バッテリー内蔵で、約1〜2時間の点灯が可能で、USB電源でも使用できます。

直販価格は2,980円です。

Boris FX、写真家向けビジュアルエフェクト「Optics」リリース

株式会社フラッシュバックジャパンが、米国Boris FX社のPhotoshop/Lightroom対応プラグイン&スタンドアローンソフトウェア「Optics」の取り扱いを開始しています。

Opticsは、光学カメラフィルター、特殊レンズ、フィルムストック&グレイン、レンズフレア、光学ラボプロセス、色補正や、自然光、フォトエフェクトをシミュレートする写真家向けのビジュアルエフェクトです。Sapphireの75種類のフィルタを含む160種類のフィルタと1,000以上のカスタマイズ可能なプリセットを収録しています。

Photoshop/Lightroomのプラグインまたはスタンドアローンソフトとして使用できます。

価格は21,340円で、8月4日(火)まで25%オフの16,000円で提供しています。

Adobe、Creative Cloudアプリをアップデート

Adobe Inc.が、「Photoshop」「Illustrator」「Indesign」「Lightroom」「XD」「Premiere Pro」などをアップデートしたと発表しています。

  • デスクトップ版Photoshopの新機能
    人物や毛髪のような複雑な要素を検知できるようになった「被写体を選択」機能、Adobe Camera RawのUI刷新、Adobe Fontsの自動アクティベーション、回転可能なパターン、マッチフォント機能の強化。
  • iPad版Photoshop[App Store]の新機能
    LightroomiPad版との連携機能。
  • Illustratorの新機能
    高速保存やバージョン履歴を利用できるクラウドドキュメントのサポート、最大100倍のカンバス、デザインのライブプレビューが可能な「リアルタイムの描画と編集」設定。iPad版Illustratorは近日リリース予定。
  • Indesignの新機能
    InDesignを離れることなくレビュー用のデザインを共有できる「レビュー用に共有」、Adobe Fontsの自動アクティベート、URLで指定したビデオファイルの配置、macOS 10.15をサポートしたInDesign Server。
  • デスクトップ版/iOS版LightroomApp Store][App Store]の新機能
    お気に入りの写真と編集内容を「見つける」セクションで共有できる機能、「指定範囲の色相調整」、「バージョン」、Raw画像の初期設定の調整、ISOアダプティブプリセット、「Photoshopで編集」オプション(iPad版)、センターに合わせられた切り抜きオーバーレイ、テキスト透かし。
  • XDの新機能
    共同編集機能、位置関係と間隔を維持しながら複数のオブジェクトの集合を扱える「スタック」、実際画面の一部の領域をスクロールさせる「スクロールグループ」、色や文字スタイルにカスタム名を追加できる「デザイントークン」、再利用可能な共有リンク。
  • Premiere Proの新機能
    Adobe Stockオーディオの追加、新しいファイルフォーマットのサポート、Apple Afterburner のサポート