「映像制作」カテゴリーアーカイブ

写真&ビデオ編集アプリ「Darkroom」のMac版が登場

Bergen Co.が、iOS/iPadOS向け写真&ビデオ編集アプリ「Darkroom」のMac版[Mac App Store]をしてリリースしています。

M1 MacとBig Surが動作するIntel Macで使用できるユニバーサルアプリとしてリリースされたMac版は、半透明のサイドバーやネイティブウィンドウのツールバーを備え、マウス/トラックパッド/キーボード入力操作に最適化されています。

Darkroomはユニバーサル購入をサポートしており、Darkroom+サブスクリプションの購入でiPhone版、iPad版、Mac版の全機能をロック解除できます。

ユニバーサル & 無料写真エディター
写真に命を吹き込むのに必要なツールは、Live Photos、RAWv画像、およびポートレート画像向けにすべて無料で提供され、iPhone、iPad、および Macで使用できます。

ビデオエディター (Darkroom+ サブスクリプション)
とんでもなく速く、シンプルでリアルタイムのカラーグレーディング。 フィルターや編集ツールはすべてビデオに対応しており、バッチ処理も可能です。

カーブ & 選択的カラーツール (Darkroom+ サブスクリプション)
これは Darkroom のコア機能であり、iOS で最も便利で使いやすいカーブおよび選択的カラーツールです。 機能性とシンプルさを兼ね備えた、強力な機能セットを搭載。

ポートレイトのぼかし編集
前景及び背景、またはポートレイト写真を別々に編集。 ポートレイト写真のぼかし程度だけでなく、前景・背景の明度、コントラスト、そして彩度も別々にカスタマイズできます。

RAW編集
RAW 形式の写真をフル解像度で編集し、シャドウやハイライトのディテールをすべて再現できます。

フルアルバム管理
弊社のアルバム管理ツールセットを使って、あなたのライブラリーをすばやく整理することができます。 Darkroom のすべてのアクションは、iCloud フォトライブラリに適用されます!

独自のフィルターを作成
本製品は、プロの写真家がフィルターを作るのと同じツールを提供します。 必要に応じて組み込みまたはプレミアムフィルターの中からいずれかを選択して編集するか、最初から独自に作成しましょう。

インポート不要
写真はすべて自動的にインポートされます。 Darkroom は、インポートの段階がありません。

バッチ処理
数多くの写真に、一度に編集やフィルターを適用。 多くの画像をシングルタップでお気に入り・削除・非表示。

ハッシュタグマネージャー & SIRI ショートカット
ハッシュタグのセットを作成し、シングルタップで好きな場所 (ホーム画面、今日ウィジェット、エクスポートシートなど) からエクスポートできるようになりました。 カスタムの Siri ショートカットを作成して、任意のアプリからお気に入りのハッシュタグをコピーできます。

Apple、「Final Cut Pro」「Logic Pro」「GarageBand」「iWork」をアップデート

Apple Inc.が、「Final Cut Pro」[Mac App Store]、「Logic Pro」[Mac App Store]、「GarageBand」[Mac App Store]と、「Pages」[Mac App Store]、「Numbers」[Mac App Store]、「Keynote」[Mac App Store]をアップデートしています。

Final Cut Pro、Logic Pro、GarageBandの新バージョンは、Appleシリコン搭載Macでのパフォーマンスおよび効率が向上しています。

Pages、Numbers、Keynote、GarageBandでは、macOS Big Surで新しいデザインを採用しています。

iOS/iPadOS版「iMovie」「GarageBand」がアップデート

Apple Inc.が、iOS/iPadOS向けアプリ「iMovie」[App Store]と「GarageBand」[App Store]をアップデートしています。

iMovieは、60fpsの4Kビデオの読み込み、共有、写真ライブライのHDRビデオの表示、編集、共有をサポートしています。

iMovie 2.3

  • 幅広い内蔵フォントを使ってタイトルをカスタマイズ
  • プリセットのグリッド、プリセットのスペクトラム、数値スライダ、またはビューアのスポイトを使ってタイトルの色を調整
  • タイトルのデフォルトのスタイル、大文字/小文字、継続時間を素早く変更
  • タイトルのサイズと位置をピンチとドラッグで調整
  • 3種類の新しいアニメーションタイトルを追加: スライド、分割、クロマティック(2色)
  • ムービーに単色、グラデーション、パターンの背景を追加
  • カラーピッカーを使って背景の色をカスタマイズ
  • スライダをドラッグして、写真やビデオに適用したフィルタの強度を変更
  • 60フレーム/秒の4Kビデオを読み込みおよび共有*
  • ハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオを写真ライブラリから表示、編集、共有**
  • 共有シートの上部にある新しいオプションボタンをタップして、プロジェクトやビデオファイルを共有したり、解像度、フレームレート、HDRなどのプロパティを選択したりすることが可能**

* 60フレーム/秒の4Kビデオを使用するには、iPod touch(第7世代)、iPhone SE(第2世代)、iPhone 7以降、iPad(第6世代)以降、iPad mini(第5世代)、iPad Air 3以降、10.5インチiPad Pro以降が必要です。

** HDRビデオを編集および共有するには、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8 Plus、iPhone X以降、iPad mini(第5世代)、iPad(第7世代)以降、iPad Air 3以降、10.5インチiPad Pro以降が必要です。

GarageBandは、150以上のキーボードループやピアノ、オルガン、エレクトリックピアノなどの50の音源パッチを収録した「鍵盤楽器コレクション」サウンドパックなどが追加されています。

GarageBand 2.3.9

  • GarageBand Appのアイコンをタッチして押さえたままにして、新規オーディオレコーディングをホームスクリーンから素早く開始できます
  • デフォルトのテンポでの曲の長さが最長23分から72分になりました
  • ルーラで小節とビートの表示を分と秒の表示に切り替えられるようになりました
  • ダウンロード可能な新しい“鍵盤楽器コレクション”サウンドパックには、150以上のキーボードループおよびピアノ、オルガン、エレクトリックピアノなどの50の音源パッチが含まれています

Adobe、iPad版「Illustrator」などをリリース

Adobe Inc.が、「Adobe MAX 2020」にて、iPad版「Illustrator」[App Store]、iPhone版「Fresco」[App Store]や、「Illustrator」「Photoshop」「Lightroom」「Premiere Pro」「After Effects」などのアップデートを発表しています。

IllustratorのiPad版は、タッチやApple Pencil向けに再設計したもので、ペン/鉛筆/塗りブラシといったコア描画ツール、20以上のカラーパレット、放射状/グリッド/ミラーのリピートツール、18,000種類以上のフォントなどを搭載しています。

iOS 13.4以降が動作するiPad Pro、第3世代以降のiPad Air、第6世代以降のiPad、第5世代iPad miniに対応しています。価格は月額1,080円です。

デスクトップ版では、ワンクリックでカラーテーマを全体に適用できる「オブジェクトの再配色」、Photoshopクラウドドキュメントを埋め込むことができる機能、スマートグリフのスナップ機能、テキスト配列の機能強化などが追加されています。

Photoshopのデスクトップ版は、Adobe Senseiの技術を活用してさまざまなアイデアを試すことができる「ニューラルフィルター」、空を置き換えてシーンのカラーを自動調整する「空の置き換え」、アプリ内で クラウドドキュメントのバージョンを管理できる機能、クラウドドキュメントをオフラインで使用できるオプション、パターンプレビューモードなどを搭載しています。

Lightroomのデスクトップ版とモバイル版は、シャドウ/中間調/ハイライトのカラーコントロールが可能な「カラーグレーディング」、グラフィック透かし機能、ベストショットの自動選択、編集内容の各段階をバージョンとして自動保存する機能などが追加されています。

Premiere Proでは、パフォーマンスの強化や、「テキストの書き起し」機能のプレビュー、After Effectsでは、前景オブジェクトと背景を分離する「ロトブラシ2」、3D変形ギズモや強化されたカメラツールなどが追加された「3Dデザインスペース」といった新機能を搭載しています。

Adobe、「Photoshop Elements 2021」「Premiere Elements 2021」リリース

Adobe Inc.が、「Photoshop Elements 2021」と「Premiere Elements 2021」をリリースしたと発表しています。

Photoshop Elements 2021では、Adobe Senseiを利用して写真に2Dと3Dのカメラモーションを追加できる「ムービングフォト」機能や、顔の向き調整、カスタマイズ可能なメッセージ入りグラフィックス、ダブルトーン作成/理想的な風景写真/オブジェクトを移動して拡大の3つのガイド付き編集を搭載しています。

Premiere Elements 2021では、オブジェクトや範囲を選択してエフェクトを追加できる機能や、GPUアクセラレーションによる効果のリアルタイム表示、二重露光/アニメーションマットオーバーレイの2つのガイド付き編集が追加されています。

価格は各17,800円(税別)で、Photoshop Elements 2021とPremiere Elements 2021のバンドル版は24,800円です。

オーディオクリーンナップ&リペアソリューション「Accusonus ERA 5 Bundle」

株式会社フラッシュバックジャパンが、ギリシャAccusonus社のオーディオクリーンナップ&リペアソリューション「ERA 5 Bundle Standard」「ERA 5 Bundle Pro」の販売を開始しています。

ERA 5 Bundle Standard/Proは、オーディオクリーンナップ、ノイズ除去、リバーブ除去、歯擦音除去、ボイスEQ、ボイスディープナー、ボイスレベラー、破裂音除去、音割れ補修といったオーディオ修復プラグインのバンドルです。

ERA 5 Bundle Standard収録プラグイン

  1. Audio Clean-Up Assistant (新機能):ERAシリーズ5プラグインをホスティング
  2. Voice Deepener (新機能):ボイス音源に「深み」と「温かみ」を追加
  3. Voice AutoEQ (新機能):ボイス音源やスピーチを自動でイコライジング
  4. Reverb Remover:リバーブ成分を除去/抑制
  5. Noise Remover:ノイズを除去/抑制
  6. De-Esser:ボーカルや会話中の歯擦音を除去/抑制
  7. Voice Leveler:スピーチやセリフなどの音声のボリュームを自動調整
  8. Plosive Remover:破裂音を除去/抑制
  9. De-Clipper:クリッピング(音割れ)した音声を補修

ERA 5 Bundle Pro収録プラグイン

  1. Audio Clean-Up Assistant (新機能):ERAシリーズ5プラグインをホスティング
  2. Room Tone Match (新機能):異なるシチュエーションで収録されたサウンドの音質を一定に
  3. Voice Deepener (新機能):ボイス音源に「深み」と「温かみ」を追加
  4. Voice AutoEQ (新機能):ボイス音源やスピーチを自動でイコライジング
  5. Reverb Remover (+Pro版):リバーブ成分を除去/抑制
  6. Noise Remover (+Pro版):ノイズを除去/抑制
  7. De-Esser (+Pro版):ボーカルや会話中の歯擦音を除去/抑制
  8. Voice Leveler:スピーチやセリフなどの音声のボリュームを自動調整
  9. Plosive Remover:破裂音を除去/抑制
  10. De-Clipper:クリッピング(音割れ)した音声を補修

Adobe Premiere CC、Final Cut Pro X、Media Composerや、Audition CC、Pro Tools、Logic Pro、GarageBandなどに対応しています。

価格は31,900円と105,900円です。

動的なフロアシャドウを生成するAfter Effectsエクステンション「Dynamic Shadow」

株式会社フラッシュバックジャパンが、After Effectsエクステンション「Dynamic Shadow」の販売を開始しています。

Dynamic Shadowは、制御可能な動的フロアシャドウを生成できるAfter Effectsエクステンションで、プリコンポーズ、シェイプ、テキストレイヤーで利用できます。

価格は2,420円です。

「Final Cut Pro」「iMovie」がアップデート

Apple Inc.が、「Final Cut Pro」[Mac App Store]、「Motion」[Mac App Store]、「Compressor」[Mac App Store]と、「iMovie」[Mac App Store]をアップデートしています。

Final Cut Pro 10.4.10では、Sony PXW-FX9カメラのXAVCメディア、ブライトネス、キーフレーム、変形ツール、FCPXML、共有に関する問題が修正されています。

続きを読む 「Final Cut Pro」「iMovie」がアップデート

「Premiere Pro」と「After Effects」がアップデート

Adobe Inc.が、「Premiere Pro」と「After Effects」をアップデートしたと発表しています。

Premiere Pro 14.4」は、Adobe Senseiを利用して自動で編集点を検出できる「シーン編集検出」機能や、Rec.2100 HLG色空間のサポートが追加されています。

またパブリックベータ版では、ヘッダーバーから頻繁に使用する書き出し設定にアクセスして書き出すことができる「クイック書き出し」機能が利用できるようになります。

After Effectsはパブリックベータ版で、3Dレイヤーを直感的にナビゲートおよび操作できる「3Dトランスフォームギズモ」やカメラナビゲーションツールが提供されます。

オールインワンのAfter Effects用ツール群「BluBluBar」

株式会社フラッシュバックジャパンが、オールインワンのAfter Effects用ツール群「BluBluBar」の販売を開始したと発表しています。

BluBluBarは、アニメーションツール、コンポジションツール、リネームツール、レイヤー移動ツール、イヤーミラーツール、スピードグラフツール、キーフレームシーケンサーツール、キーフレームコピー/ミラーツール、キーフレーム補間ツール、シェイプレイヤーツール、ストローク変形ツールといった20種類のツールを収録しています。After Effects CC2018以降に対応しています。

価格は6,320円で、9月18日(金)まで4,420円で提供しています。