「映像制作」カテゴリーアーカイブ

HandBrake 1.3.0

The HandBrake Teamが、ほぼ全てのフォーマットのビデオを変換できるオープンソースのビデオトランスコーダー「HandBrake 1.3.0」を配布しています。

このバージョンでは、新デザインのキューインターフェイス、PS4 ProおよびDiscord向けの新しいプリセット、Ultra HD Blu-rayディスク(コピーガードなし)のサポート、AV1デコーディング、WebMコンテナのサポートなどが追加されています。

フラッシュバック、「Boris FX Continuum 2020」を発売

株式会社フラッシュバックジャパンが、米国Boris FX社のAfter Effects、Premiere Pro、Final Cut Pro Xなどに対応したエフェクトプラグインコレクション「Continuum 2020」の販売を開始しています。

Continuum 2020では、4種類のエフェクト、6種類のトランジション、100種類のプリセット、ペイントのようなジェスチャーストロークでトラックとマスクが可能なMochaのエリアブラシ、エミッタや便利な機能が追加された「Particle Illusion」、テンプレート、マテリアル&シェーダーなどが追加された「Title Studio」などが追加されています。

価格は、永続ライセンス版が142,340円、年間サブスクリプション版が42,240円です。

Premiere ProやFinal Cut Proなどに対応したエコー除去プラグイン「EchoRemover 2」発売

株式会社フラッシュバックジャパンが、Premiere ProやFinal Cut Proなどに対応した米国CrumplePop社のエコー除去プラグイン「EchoRemover 2」の販売を開始しています。

EchoRemover 2は、音声のエコーやリバーブを自動で取り除くことができるプラグインです。 Final Cut Pro、Logic Pro、GarageBand、Premiere Pro、Audition、DaVinci Resolveに対応しています。価格は14,300円です。

フラッシュバック、After Effects用プラグイン「Modulation」発売

株式会社フラッシュバックジャパンが、After Effects用プラグイン「Modulation」を発売しています。

Modulationは、After Effectsでモジュレーションウェーブエフェクトを生成できるプラグインです。

価格は5,720円で、11月1日(金)まで4,400円で販売中です。

フラッシュバック、「Mocha Pro 2020」を発売

株式会社フラッシュバックジャパンが、英国Imagineer System社の平面トラッキングツール「Mocha Pro 2020」の販売を開始したと発表しています。

新しいバージョンでは、平面トラッキングと時間フレーム解析を利用して拡張フレームを作成し高度なエフェクトやクリーンアップタスクを実行できる「Mega Plate」モジュール、トラッキング検索エリアを定義できる新しいペイントルーツ「エリアブラシ」、OpenColorIOのサポートなどが追加されています。

価格は、Adobe/Avid/OFXプラグイン版が各99,440円、マルチホストプラグイン版が142,340円、スタンドアローン版+マルチホストプラグイン版が213,840円です。年間ライセンス版も提供しています。

Plugin EverythingのAfter Effects用プラグインバンドル「Everything Bundle」発売

株式会社フラッシュバックジャパンが、オーストラリアPlugin Everything社の9種類のAfter Effects用プラグインをバンドルした「Everything Bundle」を発売しています。

Everything Bundleは、テキストボックスを生成する「TextBox 2」、テキストアニメーションをディレイする「TextDelay」、1つのレイヤー上で複数のキーをミックスする「KeyMix」、リンク切れファイルを検索する「File Hunter」、GPU対応のグローシミュレーター「Deep Glow」、マットをレイヤーに追加する「Effect Matte」、カートゥーンのようなモーションブラーを生成する「Cartoon Moblur」、ベジェカーブを描く「Bezier Node」、エフェクトやトラックマットなどに基づいてレイヤー名を自動変更する「OCD Renamer」がセットになっています。

価格は17,160円です。

かすみがかったビデオをクリアにするAE/Pr用プラグイン「ClearPlus」

株式会社フラッシュバックジャパンが、After Effects/Premiere Pro用プラグイン「ClearPlus」を発売しています。

ClearPlusは、スライダーを動かすだけでかすみがかったビデオや、水中ビデオ、暗いビデオなどをクリアにできるプラグインです。GPUアクセサレーションをサポートしています。価格は3,740円です。

Adobe、「Photoshop Elements 2020」「Premiere Elements 2020」リリース

Adobe Inc.が、「Photoshop Elements 2020」「Premiere Elements 2020」をリリースしています。

 

Photoshop Elements 2020は、新しいガイド付き編集機能として、不要なオブジェクトを消去できる機能、パターンブラシ、Adobe Senseiを利用した新しい自動編集機能として、白黒写真をカラーにしたり、色を変更できる機能、ワンクリックで被写体を選択できる機能、顔のシワやシミを消して滑らかにする機能などを搭載しています。

 

Premiere Elements 2020は、新しいガイド付き編集機能として、タイムラプスビデオ作成機能、写真の空のアニメーション化機能、縦長の動画や写真を表示する際に左右の黒いバーを消す機能、新しい自動編集機能として、光量不足の粗いビデオをクリアにする機能などを搭載しています。

 

また、Photoshop ElementsとPremiere Elementsの両方に、写真やビデオを読み込む際に被写体に基づいたスマートタグを自動で追加する機能も追加されています。

 

価格は各17,800円(税別)で、Photoshop ElementsとPremiere Elementsのバンドル版が24,800円(税別)です。