Apple、2024年にも生成AI機能を提供

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、ティム・クック氏は何年も前から生成AI技術に取り組んできたと述べているものの、Appleは遅れを取り戻すために昨年末より奔走していると伝えています。

ガーマン氏のニュースレター「Power On」によると、機械学習およびAI戦略担当上級副社長のジョン・ジャナンドレア氏と、ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏が生成AI技術開発を指揮しており、サービス担当上級副社長のエディー・キュー氏も関わっているとのことです。

ジャナンドレア氏は、新しいAIシステムの基盤技術の開発を監督しており、同部門はこの技術を服実装することでSiriを改良しているとのことです。よりスマートなバージョンのSiriは早ければ来年にも完成する可能性があるものの、この技術にはまだ懸念があり、全製品ラインに広まるにはまだ時間がかかるようです。

フェデリギ氏が率いるソフトウェアエンジニアリング部門は、iOSの次期バージョンへのAIの実装に取り組んでおり、Siriやメッセージappで質問に答えたり文章を自動補完する機能を改善するほか、開発ツールXcodeへの生成AIの導入も検討しているそうです。

キュー氏率いるサービス部門は、生成AIを利用したApple Miusicの自動生成プレイリストや、Pagesの文章作成支援、Keynoteの自動スライドデッキ作成などを検討しているそうです。