AppleのAR/VRヘッドセット、イヤフォンはH2チップ搭載機種のみをサポート

9to5Macが、The InformationがAppleのAR/VRヘッドセットについて詳しくレポートしていると伝えています。

このレポートによると、第2世代AirPods Proに搭載されているH2チップは、ヘッドセットのH2チップと連携して動作する低遅延伝送モードをサポートしており、ヘッドセットはスピーカーを内蔵していますが、プライバシーを守りながら他の人と通信する場合はH2チップを搭載したイヤフォンが必要となる可能性があるようです。

Appleのヘッドセットは、左右の目の位置に配置される2つの4KマイクロLEDディスプレイ、ユーザの顔の表情を映し出す外向きのディスプレイ、12個のカメラやセンサー、M2チップを搭載するとのことです。

また、画面を通して外の世界を表示するパススルービデオモードに切り替えることができるApple WatchのDigital Crownに似たダイヤルも搭載するようです。ユーザ入力は、主に手のジェスチャーと音声認識で行えるとしています。

ヘッドセット本体はアルミニウム、ガラス、カーボンファイバーなどで構成され、3,000ドル前後で販売されるとのことです。