「iPhone 14 Pro Max」タグアーカイブ

AndMesh、iPhone 14シリーズ用メッシュケース発売

Hamee株式会社が、AndMeshブランドより、iPhone 14シリーズ用「メッシュケース」を発売すると発表しています。

メッシュケースは、背面にAppleロゴが透けるグラデーションメッシュが施されたTPU製ケースです。iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxに対応しています。

カラーはブラック、クレイグリーン、ライトベージュ、テラコッタ、コバルトブルーの5色で、価格は2,640円です。9月下旬発売予定で、9月15日(木)より予約受付がスタートします。

HIGHER、変色しにくいiPhone 14シリーズ用クリアケース発売

Hamee株式会社が、HIGHERブランドより、変色しにくいiPhone 14シリーズ用ケース「HIGHER ハイブリッドケース」を発売すると発表しています。

HIGHER ハイブリッドケースは、ドイツBASF社の耐久性や透明性などに優れ、黄変特性が改良された熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)「Elastollan」を採用したケースです。背面は2枚のPETフィルムでElastollanを挟んだ構造を採用しています。

四隅にはエアポケットを備え、米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃性能と、JIS Z2801に基づいた抗菌性能も備えています。

カラーはクリアとオーロラの2色で、価格は1,980円と2,420円です。オーロラは9月15日(木)より予約受付が開始される予定です。10月上旬発売予定です。

salisty、iPhone 14シリーズ用ケースを発売

Hamee株式会社が、salistyブランドより、iPhone 14シリーズ用ケースを発売すると発表しています。

  • salistyマットカラー耐衝撃ハードケース
    米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃ケース。内側にカードを収納可能、電波干渉防止シート付属。
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Pro
    カラー:グレージュ、パウダーブルー、オフホワイト、ターコイズ、コーラルレッド、スモーキーブラウン
    価格:3,080円
    発売日:9月下旬
  • salistyスエードスタイル ダイアリーケース
    スエード調素材を使用した手帳型ケース。カードポケット、オーバルミラー、着脱可能なフィンガーストラップ付き。
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro
    カラー:ペールグレー、ターコイズ、ミスティピンク、グレージュ
    価格;3,300円
    発売日:10月上旬
  • salistyキャッシュレスケース slim
    背面にマグネットで留められるフラップ式の2つのカードスロットとポケットを備えたPUレザー製ケース。
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Pro
    カラー:グレージュ、スモーキーブルー、ピンクベージュ、ナイトオリーブ
    価格:3,630円
    発売日:10月中旬

9月15日(木)より予約販売が開始される予定です。

iFace、「iPhone 14」シリーズ用ケース&スクリーンプロテクターを発売

Hamee株式会社が、iFaceブランドより、「iPhone 14」シリーズに対応したケースとスクリーンプロテクターを本日より順次発売すると発表しています。

ケース

  • iFace Reflection
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:ブラック、グレー、ネイビー、レッド、ベージュ、カーキ、ペールブルー、ブラウン
    価格:3,520円
  • iFace First Class Standard
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:ホワイト、ブラック、レッド、ホットピンク、ベビーピンク、ミント、エメラルド、イエロー
    価格:3,300円
  • iFace First Class Cafe
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:ミルク、カフェラテ、コーヒー
    価格:3,300円
  • iFace First Class KUSUMI
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:くすみホワイト、くすみブラック、くすみピンク、くすみブルー、くすみグリーン、くすみグレージュ、くすみパープル
    価格:3,300円
  • iFace First Class Metallic
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:ローズゴールド、コーラルブルー、ペールパープル、シャンパンゴールド、フォレストグリーン、シャイニーレッド
    価格:3,300円
  • iFace First Class Marble
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:ホワイト、ブラック
    価格:3,520円
  • iFace First Class Universe
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:ミルキーウェイ
    価格:3,520円
  • Look in Clear
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:クリア
    価格:3,080円
  • Look in Clear Lolly
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:ストロベリー/アクア、レモン/サファイア、レモン/サファイア、ピーチ/サファイア
    価格:3,080円

インナーシート

  • iFace Reflection インナーシート
    対応機種:iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max
    カラー:オーロラ/クリア、オーロラ/フロスト、オーロラ/プレーン
    価格:495円

スクリーンプロテクター

Simplism、「iPhone 14」シリーズ用スクリーンプロテクター&ケースを発売

トリニティ株式会社が、Simplismブランドより、「iPhone 14」シリーズに対応したに対応した各種アクセサリー製品を発売すると発表しています。

ケース、スクリーンプロテクター、カメラレンズプロテクターを合計204アイテム取り揃えています。本日より予約販売を開始しており、端末発売日の前日までに届けられる予定です。

Apple、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」を発表

Apple Inc.が、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」を発表しています。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、常時表示ディスプレイを実現するProMotionを備えた6.1インチと6.7インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載しており、時計、ウィジェット、ライブアクティビティを常時確認できるようになっています。フル点灯時の明るさはiPhone 13 Proの2倍の明るさを実現しています。

画面上部の切り欠きは形状が変わり、通知、アクティビティなどをインタラクティブに表示するハードウェアとソフトウェアを融合させた新しい「Dynamic Island」を搭載しています。

カメラは、明るさが足りない場所での写真の画質を向上させる「Photonic Engine」を搭載しており、メインカメラで最大2倍、超広角カメラで最大3倍、望遠カメラで最大2倍、TrueDepthカメラで最大2倍性能が向上しています。

メインカメラは48MPにアップグレードされてクアッドピクセルセンサーを採用しており、4つのピクセルごとに1つのクアッドピクセルにまとめることで12MPの写真サイズで4倍の光を捉えられるようになっています。クアッドピクセルセンサーにより2倍望遠オプションも利用できます。また、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正も搭載しています。焦点距離は24mmとなっています。

  • 新しい12MP超広角カメラは1.4µmピクセルを採用し、より細部まで捉えたよりシャープな画像を実現し、すでにパワフルなマクロ撮影機能をさらに向上させます。
  • 改良された望遠カメラは、3倍の光学ズームを提供します。
  • ƒ/1.9の絞り値を採用した新しいTrueDepthフロントカメラは、明るさが足りない場所での写真とビデオの性能を向上させます。初めてオートフォーカスを使って、明るさが足りない場所でも、より遠くから集合写真を撮影する場合でも、さらに高速にピントを合わせることができます。
  • 新しいアダプティブTrue Toneフラッシュは完全に再設計され、選択した焦点距離にもとづいてパターンを変える9個のLEDが並べられています。
  • パワフルなコンピュテーショナルフォトグラフィの利点には、ナイトモード、スマートHDR 4、ポートレートライティングを備えたポートレートモード、ナイトモードのポートレート写真、あらゆる写真の見た目をパーソナライズするフォトグラフスタイル、Apple ProRAWなどがあります。
  • 新しいアクションモードでは、動きながらビデオを撮影している時でも、大きな揺れ、動き、振動に合わせて調整を行い、驚くほどなめらかなビデオを撮影できます。
  • シネマティックモードは、30fpsの4Kと24fpsの4Kで利用できるようになります。
  • プロレベルのビデオワークフローには、ProRes3やエンドツーエンドのドルビービジョンHDRが含まれます。

最大256Gの重力を測定できる新しいデュアルコア加速度センサーと、新しいハイダイナミックレンジのジャイロスコープによる自動車衝突事故検出機能も搭載しています。衝突事故を検出した際に、ユーザーの意識がない場合やiPhoneが手の届かない場所にある場合、自動的に緊急通報サービスに発信されます。

さらに、携帯電話通信やWi-Fiの圏外でも衛星経由で緊急通報サービスにメッセージを送ることができる「衛星経由の緊急SOS」が11月より米国とカナダで利用できるようになります。2年間無料で提供される予定です。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、4nmプロセスを採用した「A16 Bionic」チップを搭載しています。A16 Bionicは、2つの高性能コアと4つの高効率コアで構成される6コアCPU、5コアGPU、16コアNeural Engineを搭載しています。

バッテリー駆動時間は、ビデオ再生がiPhone 13 Pro/Maxよりも1時間長い最大23時間/29時間、ビデオ再生(ストリーミング)がiPhone 13 Pro/Maxと同じ最大20時間/25時間、オーディオ再生がiPhone 13 Pro/Maxと同じ最大75時間/95時間です。

カラーはディープパープル、シルバー、ゴールド、スペースブラックの4色、容量は128GB、256GB、512GB、1TBの4種類です。価格はiPhone 14 Proが149,800円〜、iPhone 14 Pro Maxが164,800円〜で、9月9日(金)午後9時から予約注文が開始され、9月16日(金)から発売されます。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxに対応したケースも発売しています。

「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」は100ドル値上げか

MacRumorsが、「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の価格はiPhone 13 Pro/Maxより100ドル高くなるようだと伝えています。

Wedbush Securitiesのアナリストであるダン・アイブス氏は、iPhoneのベースモデルは価格が据え置きとなるものの、Proモデルはコンポーネントの価格上昇と機能の追加により価格が100ドル上昇する可能性が高いと述べているとのことです。

iPhone 13 Proの価格は999ドル〜、iPhone 13 Pro Maxは1,099ドル〜のため、iPhone 14 Proは1,099ドル〜、iPhone 14 Pro Maxは1,199ドル〜になる見込みです。

ミンチー・クオ氏は先週、iPhone 14シリーズのProモデルは価格が上昇すると述べていました。

「iPhone 14 Pro Max」(ダミー)とiPhone 13 Pro Maxの比較

MacRumorsが、「iPhone 14 Pro Max」のダミーのビデオと写真が公開されたと伝えています。

@lipilipsi@MajinBuOfficialは、iPhone 14 Pro MaxのダミーとiPhone 13 Pro Maxを比較した動画と写真を公開しています。

iPhone 14のProモデルは前面上部の切り欠きピル型と丸型が変更され、背面の広角カメラは48MPにアップグレードされると報じられています。

以前投稿されたCAD図面によると、iPhone 14 Pro Maxのサイズは幅77.58×高さ160.7×厚さ7.85mmで、背面カメラは幅36.73×高さ38.21×飛び出し4.17mmとなっています。

iPhone 13 Pro Maxのサイズは幅78.1×高さ160.8×厚さ7.65mm、背面カメラは幅35.01×高さ36.24×飛び出し3.60mmです。

「iOS 16」は常時表示ロック画面をサポート 「iPhone 14 Pro」で利用可能に

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、「iOS 16」(コードネーム:Sydney)は常時表示ディスプレイに対応するようだと伝えています。

iOS 16はiPhone 13で当初計画されていた常時表示ロック画面を将来的にサポートするようで、常時表示ロック画面モードは「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」で利用できるようになるとガーマン氏は述べています。

また、ウィジェットのような機能を備えた壁紙がロック画面に採用されるようです。

iOS 16では他にも、通知、iPadのマルチタスキング、メッセージAppとヘルスケアAppのアップグレードなどを含むシステム全体の変更が追加されるとのことです。

iPhone 14 Proの「A16」チップは5nmプロセスのまま

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、iPhone 14 Proに搭載される「A16」チップは引き続き5nmプロセスで製造されるようだと予想しています。

Appleのチップを製造する台湾TSMC社の半導体技術ロードマップによると、より優れた3nmプロセスの「N3」や4nmプロセスの「N4P」は2023年まで量産が開始されないため、iPhone 14 Proに採用されるA16チップはA15チップと同じ5nmプロセスの「N5P」が用いられ、性能や省電力性の向上は限定的になる見込みとのことです。

MシリーズチップもA16と同様の技術的制限に見舞われるため、今年登場する新デザインの「MacBook Air」のチップはマイナーアップグレードとなるとみられ、名称が「M2」となる可能性はあるものの、AppleがM2チップで大幅なアップグレードを目指しているのであれば、2023年のN3/N4Pプロセス採用チップがM2になるだろうと述べています。