「システム/ユーティリティ」カテゴリーアーカイブ

FileZilla 3.45.0 Release Candidate 1

FileZilla Projectが、FTP、FTP over TLS、SFTPなどをサポートしたFTPクライアント「FileZilla 3.45.0 RC1」を配布しています。

このバージョンでは、アップデートの確認が長期間実行されていない場合、古いバージョンを使用しているとの警告が表示されるようになっています。問題の修正も含まれています。

Loopback 2.1

Rogue Amoeba Software, Inc.が、ケーブルフリーのオーディオルーティングソフトウェア「Loopback 2.1」を配布しています。

このバージョンでは、ダークモードのサポート、オーディオ入力デバイスの扱いの改善、見つからないオーディオデバイスの警告の改善、macOS 10.15 Catalinaのサポートなどが追加されています。

Loopbackは、複数のアプリケーションやオーディオ入力デバイスをソースとして設定したバーチャルオーディオデバイスを作成して、FaceTimeやSkype、GarageBand、システムなどの入力ソースとして設定することができます。

iMazing 2.10.1

DigiDNA SARLが、iPhone/iPad用音楽&ファイル転送ツール「iMazing 2.10.1」を配布しています。

このバージョンでは、通話履歴、連絡先、Safariのデータ、カレンダー、メッセージ、WhatsAppのチャットを.xlsxファイルに書き出しできるようになっています。

iMazingは、Wi-FiまたはUSB接続でiOSデバイスを外付けストレージとして使用する、iOSデバイスのバックアップやクローンを作成する、iTunesやApple IDなどを使用せずにiOSデバイスとMac間で音楽ファイルをやり取りする、SMS/MMS/iMessagesのメッセージや連絡先、ボイスメール、ボイスメモ、写真などをMacに転送するといったことが可能です。

Jettison 1.7.3

St. Clair Softwareが、MacBookのスリープ時に外付けハードディスクを自動的に取り出すことができる「Jettison 1.7.2」を配布しています。

このバージョンでは、エラー処理の改善や、macOS 10.15 Catalinaとの互換性の改善が含まれています。

Jettisonは、システムがスリープする前に外付けドライブやDVD/CDなどを自動的に取り出すことができるユーティリティで、取り出し操作をすることなくMacBookのディスプレイを閉じて外付けドライブやDVD/CDなどを取り外すことができます。

iMazing 2.10.0

DigiDNA SARLが、iPhone/iPad用音楽&ファイル転送ツール「iMazing 2.10.0」を配布しています。

このバージョンでは、iOS 13とmacOS 10.15 Catalinaに完全対応しています。

iMazingは、Wi-FiまたはUSB接続でiOSデバイスを外付けストレージとして使用する、iOSデバイスのバックアップやクローンを作成する、iTunesやApple IDなどを使用せずにiOSデバイスとMac間で音楽ファイルをやり取りする、SMS/MMS/iMessagesのメッセージや連絡先、ボイスメール、ボイスメモ、写真などをMacに転送するといったことが可能です。

DropDMG 3.5.7

C-Command Softwareが、ドラッグ&ドロップでディスクイメージを作成できる「DropDMG 3.5.7」[Mac App Store]を配布しています。

このバージョンでは、問題の修正と改善が含まれています。

DropDMGは、ドラッグ&ドロップでディスクイメージやアーカイブの作成・変換が可能で、.dmgや、.sparsebundle、.zip、.tar.gzをサポートしています。また、暗号化したディスクイメージの作成も可能です。

Parallels Toolbox 3.6.0 for Mac

Parallels, Inc.が、「 Parallels Toolbox 3.6.0 for Mac」を配布しています。

このバージョンでは、キャプチャーエリア/レコーディングエリアの改善、ダウンロードビデオツール/ダウンロードオーディオツールのダウンロード速度の大幅な改善などが含まれています。

Geekbench 5.0

Primate Labs Inc.が、macOSやiOSなどに対応したクロスプラットフォームベンチマークソフトウェア「Geekbench 5.0」[App Store][App Store]をリリースしています。

このバージョンでは、CPU BenchmarkにARや機械学習といったアプリケーションエリアでCPUパフォーマンスを測定する新しいワークロードが追加されています。

また、macOS 10.14でダークモードをサポートしており、iOS 13でも利用できるようになるとのことです。