「システム/ユーティリティ」カテゴリーアーカイブ

macOS 13 Venturaに対応した「TechTool Pro 17」リリース

株式会社アクト・ツーが、米国Micromat社のMac用検証・修復ツール「TechTool Pro 17」を1月19日(木)より発売すると発表しています。

TechTool Proは、メモリテスト、ドライブテスト、ビデオメモリテスト、センサーテストなどの診断機能や、パーティション修復、ボリュームの再構築・最適化・クローニング、アクセス権修復、データ復元といった修復機能を搭載したユーティリティです。

新バージョンでは、macOS 13 Venturaに対応しています。また、ファイル構造テストで任意のファイルを除外できる機能も追加されています。

価格は新規が26,400円、アップグレードが13,200円で、2022年11月18日以降にバージョン16を購入した場合、無償で最新バージョンにアップグレードできます。さらに、13,852円年間サブスクリプションも用意されています。

「Parallels Desktop」が10%オフ、1月26日(木)まで

Parallels International GmbHが、macOS上でWindowsなどを実行できる「Parallels Desktop」を10%オフで提供しています。

10%オフクーポンコード「CBP-ECJ-WV3」対象製品

  • Parallels Desktop (永久ライセンス)11,430円(通常12,700円)
  • Parallels Desktop (1年間)9,360円(通常10,400円)
  • Parallels Desktop Pro Edition (1年間)10,530円(通常11,700円)
  • Parallels Desktop Business Edition (1年間)13,230円(通常14,700円)

期間は1月26日(木)までです。

ブラックフライデー:「Parallels Desktop」が25%オフ

Parallels International GmbHが、macOS上でWindowsなどを実行できる「Parallels Desktop」を25%オフで提供するブラックフライデーセールを実施しています。

  • Parallels Desktop (永久ライセンス)9,525円(通常12,700円)
  • Parallels Desktop アップグレード (永久ライセンス)5,400円(通常7,200円)
  • Parallels Desktop (1年間)7,800円(通常10,400円)
  • Parallels Desktop Pro Edition (1年間)8,775円(通常11,700円)
  • Parallels Desktop Pro Edition アップグレード (1年間)5,400円(通常7,200円)
  • Parallels Desktop Business Edition (1年間)11,025円(通常14,700円)

期間は12月5日(月)までです。

VMware、Appleシリコン&Intel Mac対応の「Fusion 13」をリリース

VMware, Inc.が、Mac上でWindowsを実行できる仮想化ソフトウェア「Fusion 13」をリリースしています。

新しいバージョンでは、AppleシリコンとIntelを搭載した両方のMacでWindows 11を実行できるようになっています。

Intel Macでは、Windows 11をフルサポートしており、ホストとゲスト間でドラッグ&ドロップ、コピー&ペースト、共有フォルダ、USBおよびカメラデバイスのパススルーなどを利用できます。

AppleシリコンMacでは、ARM版Windows 11向けの最初の機能が提供されます。このリリースではVMware Toolsは仮想グラフィックスとネットワークを提供しており、さらに多くの機能が提供される予定です。win32およびx64アプリはARM版Windows 11の内蔵エミュレーションで動作します。

Fusion 13は、個人利用は無償で、商用利用の場合は22,440円の「Fusion 13 Player」と、仮想ネットワークのカスタマイズおよびシミュレーション、vSphere/ESXiサーバへの接続、vSphereホストのリモート電源管理、リンククローンおよびフルクローンの作成をサポートした29,975円の「Fusion 13 Pro」がラインナップされています。現在30%オフの15,708円と20,983円で提供中です。

「Parallels Desktop」が10%オフ、11月20日(火)まで

Parallels International GmbHが、macOS上でWindowsなどを実行できる「Parallels Desktop」を10%オフで提供しています。

10%オフクーポンコード「PARALLELS10」対象製品

  • Parallels Desktop (永久ライセンス)11,430円(通常12,700円)
  • Parallels Desktop (1年間)9,360円(通常10,400円)
  • Parallels Desktop Pro Edition (1年間)10,530円(通常11,700円)
  • Parallels Desktop Business Edition (1年間)13,230円(通常14,700円)

期間は11月20日(火)までです。

Windows 11とmacOS Venturaに最適化された「Parallels Desktop 18 for Mac」

Parallels International GmbHが、macOS上でWindowsを実行できる「Parallels Desktop 18 for Mac」をリリースしています。

Windows 11およびmacOS Venturaに最適化されたバージョン18では、ProMotionディスプレイとの互換性が向上し、M1 Ultraチップ搭載Mac Studio上ではWindows 11のパフォーマンスが最大96%高速となっています。ゲーム体験も向上しており、Windows/LinuxではXboxやPlayStation DualShock Bluetoothゲームコントローラーを自動で接続できるようになっています。

他にも、Appleシリコン搭載Mac上でWindows 11を実行している際のIntel (x86)アプリケーションとの互換性の向上、Elgato HD60m、Startech USB 3.0 Video Captureといったライブストリーミングデバイスのサポートも追加されています。

Pro Editionでは、Appleシリコン搭載Mac上で仮想マシンのネットワーク条件(帯域、パケットロス、遅延)を設定できる機能や、Appleシリコン搭載Mac上でのLinux ARM仮想マシンのネットワーク起動のサポート、Visual Studioで分離したVMのアプリケーションパフォーマンスを分析できる機能などが搭載されています。

Business Editionでは、企業アカウントでParallels Desktopをアクティベートできる従業員向けのシングルサインオン/SAML認証や、管理者がWindows 11仮想マシンを従業員のMacに展開、プロビジョニング、転送できる機能、Parallels My Accountを使用してParallels Desktopのアップグレードを管理できる機能などが搭載されています。

価格はStandard Editionが10,400円、Pro Editionが11,700円/年、Business Editionが14,700円/年です。

「Parallels Desktop」が25%オフ、7月4日(月)まで

Parallels International GmbHが、macOS上でWindowsなどを実行できる「Parallels Desktop」の発売開始16周年を記念して、25%オフで提供するバースデーセールを実施しています。

  • Parallels Desktop (永久ライセンス)7,363円(通常9,818円)
  • Parallels Desktop (1年間)6,259円(通常8,345円)
  • Parallels Desktop Pro Edition (1年間)7,364円(通常9,818円)
  • Parallels Desktop Business Edition (1年間)7,364(通常9,818円)
  • Parallels Desktop アップグレード版 (永久ライセンス)3,903円(通常5,204円)
  • Parallels Desktop Pro Edition アップグレード版 (1年間)3,903円(通常9,818円)

セール実施期間は7月4日(月)午後3時59分までです。

ATOK for Mac、「カスタムATOK」「ATOKプロテクトモード」を搭載

株式会社ジャストシステムが、日本語入力システム「ATOK for Mac」に新機能「カスタムATOK」「ATOKプロテクトモード」を追加したと発表しています。

カスタムATOKは、よく入力する文章の種類を4タイプから選ぶ「かんたんカスタム」、または、19項目の質問に答えてきめ細かく設定する「こだわりカスタム」で自身に最適な入力環境を設定できる機能です。

ATOKプロテクトモードは、ウェブ会議中などに文字入力時の推測候補の表示をオフにできる機能です。

ATOK for Macは、「ATOK Passport」で提供中です。

「Parallels Desktop」が10%オフ 6月21日(火)まで

Parallels International GmbHが、macOS上でWindowsなどを実行できる「Parallels Desktop」を10%オフで提供しています。

10%オフクーポンコード「1UH-7E2-6YT」対象製品

  • Parallels Desktop (永久ライセンス)8,836円(通常9,818円)
  • Parallels Desktop (1年間)7,510円(通常8,345円)
  • Parallels Desktop Pro Edition (1年間)8,836円/年(通常9,818円/年)
  • Parallels Desktop Business Edition (1年間)8,836円/年(通常9,818円/年)

期間は6月21日(火)までです。

Apple、新しいアクセシビリティ機能を発表

Apple Inc.が、障害を持つユーザ向けにナビゲーション、健康、コミュニケーションなどのための新しい機能を年内に提供すると発表しています。

視覚障害のあるユーザのための「ドア検出」
目的地に到着した際にiPhone/iPadのカメラ、LiDARスキャナ、機械学習を使用してドアを見つけ、ドアまでの距離やドアにある文字を読み上げる機能。

身体障害や運動障害のあるユーザのための補助機能
音声コントロールやスイッチコントロールといったiPhoneの支援機能を使用してApple Watchをコントロールできる「Apple Watchミラーリング」と、ダブルピンチジェスチャーによる電話の受話/終話といったような簡単なハンドジェスチャーでApple Watchをコントロールできる新しい「クイックアクション」。

聴覚障害のあるユーザのための「ライブ字幕」
iPhone/iPad/Macの電話、FaceTime、ビデオ通話アプリ、ソーシャルメディアアプリなどで会話の内容を自動で文字起こしする機能。

また、スクリーンリーダ機能の「VoiceOver」で20以上の新しい言語とロケールのサポート、2つのコントローラーを使って介護者や友人にゲームプレイを手伝ってもらうことができる「バディコントローラー」、Siriがリクエストに応答するまでの待ち時間を設定できる「Siriポーズタイム」、一文字づつ入力してカスタムスペルを音声入力できる「音声コントロールスペルモード」(英語のみ)、家のアラーム、ドアベル、電化製品など人の環境に固有の音を認識する「サウンド認識」、Apple Booksアプリの新しいテーマや、テキストの太字化や、行/文字/単語の間隔調整といったカスタマイズオプションといった新機能も提供される予定です。