「フォント」カテゴリーアーカイブ

フォントワークス、動画共有サービス向け書体パック「mojimo-live」提供開始

フォントワークス株式会社が、用途に合わせた書体を提供する「mojimo」に、動画共有サービス向けの「mojimo-live」を追加したと発表しています。

mojimo-liveは、テレビ番組やアニメ、ゲームなどで使用されているフォント40書体を利用可能で、20書体に絞った「mojimo-live ライト」も用意されています。YouTube、ニコニコ動画、TikTokといった動画共有サービスに投稿する動画のテロップなどに使えます。

価格はmojimo-liveが年額9,800円(税別)、mojimo-live ライトが4,800円(税別)です。

ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart T」発売、「DynaSmart V」はウェブフォントが追加

ダイナコムウェア株式会社が、ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart」の新製品「DynaSmart T」を発売すると発表しています。

DynaSmart Tは、TrueTypeフォントのみを収録しており、1年版は6,800円(税別)、3年版は18,360円(税別)で利用できるようになります。

さらに、「DynaSmart V」にウェブフォントを利用できる「DynaFont Online(DFO)」を追加すると発表しています。

DynaSmart Tと新しいDynaSmart V は4月19日(金)発売予定です。

MORISAWA PASSPORTの新書体、提供開始

株式会社モリサワが、MORISAWA PASSPORTの新書体の提供を開始したと発表しています。

新書体は、モリサワタイプデザインコンペティション2016欧文部門でモリサワ賞金賞・明石賞を受賞した「Vonk」や、多言語書体「Clarimo UD」シリーズ、繁体字書体「UD新ゴ 繁体字 標準字体」、ハングル書体「UD黎ミン ハングル」、文字セットを拡張した「UDデジタル教科書体」、「2019版 筆順フォント」です。

「Monotype LETS」の新書体、2月1日(金)提供開始

フォントワークス株式会社が、年間定額制フォントサービス「Monotype LETS」の新書体を2月1日(金)より提供すると発表しています。

新書体は、日本語書体の「たづがね 角ゴシック Info」、欧文書体の「Neue Frutiger World」、中国語書体の「M XiangHe Hei」、韓国語書体の「Seol Sans」の計136書体です。