Apple、「Final Cut Pro」「iMovie」「Motion」「Compressor」「Logic Pro」をアップデート

Apple Inc.が、MacとiPad向けの「Final Cut Pro」[Mac App Store][App Store]、Mac向け「iMovie」[Mac App Store]、「Motion」[Mac App Store]、「Compressor」[Mac App Store]、「Logic Pro」[Mac App Store]をアップデートしています。

Mac版のFinal Cut Pro 10.7では、再生中にクリップを再生ヘッドの下に表示する自動タイムラインスクロール機能や、クリップを役割ごとに識別してハイライトできるタイムラインインデックス機能、接続されたクリップをグループ化して接続されたストーリーラインにする機能、顔やその他のオブジェクトの動きの分析の向上、改良された「ブラウザに表示」機能といった新機能が追加されています。

また、Mac版Final Cut Pro、iMovie、Compressorでは、使用可能なメディアエンジンでビデオセグメントを同時に処理することで、HEVCファイルとH.264ファイルの書き出しを高速化できるようになっています。

iPad用Final Cut Pro 1.3では、iPadの内蔵マイクや外部マイクを使ってアフレコやライブオーディオをタイムラインに録音できる機能や、プロカメラモードでの手ぶれ補正制御、接続されたクリップをグループ化して接続されたストーリーラインにする機能、新しいカラーグレーディングプリセット、新しいタイトルとジェネレーター、アフレコとクリップのグループ化のための新しいキーボードショートカットなどを搭載しています。

Final Cut Pro 10.7

Final Cut Pro 10.7には以下の機能強化が含まれています:

  • 再生中にクリップが再生ヘッドの下に表示されたままになるよう、タイムラインが自動的にスクロールされます。
  • 接続されたクリップの選択したグループを接続されたストーリーラインにまとめることで、編集効率が向上します。
  • タイムラインの構成を一目で簡単に確認できるよう、ビデオとオーディオロールの両方のカラーが表示されます。
  • オブジェクトトラッカーの一新された機械学習モデルを使用してAppleシリコン搭載のMacコンピュータで顔やその他のオブジェクトの動きを分析すると、結果が向上するのが分かります。
  • 改良された「ブラウザに表示」機能を使用して、選択したキーワードコレクションまたはスマートコレクションをそのままにして、ブラウザで簡単にクリップを見つけることができます。
  • 使用可能なメディアエンジンでビデオセグメントを同時に処理することで、HEVCファイルとH.264ファイルを素早く書き出すことができます(macOS Sonoma以降、およびApple M1 Max、M1 Ultra、M2 Max、M2 Ultra、またはM3 Maxを搭載したMacが必要です)。

iPad用Final Cut Pro 1.3

iPad用Final Cut Pro 1.3には以下の新機能と機能向上が含まれます:

  • iPadの内蔵マイクまたは外部マイクを使用して、アフレコやライブオーディオをタイムラインに直接録音できます。
  • 魅力的な新しいカラーグレーディングプリセットを使用して完璧な見た目に調節できます。
  • 新しいタイトルとジェネレータのセレクションから選択できます。
  • 接続されたクリップをグループ化して接続されたストーリーラインにすることで、編集の作業効率を向上させることができます。
  • プロカメラモードで手ぶれ補正を制御できます。

新しいキーボードショートカット:

  • クリップをグループ化して接続されたストーリーラインにする: Command+G
  • 接続されたストーリーラインからクリップをグループ解除: Shift+Command+G
  • “アフレコを録音”パネルを表示/非表示: Shift+V
  • “アフレコを録音”パネルでのオーディオの録音を開始/停止: Shift+Option+R
  • フルスクリーンで再生: Shift+Command+F
  • ピクチャインピクチャを開始/終了: Command+3

iMovie 10.4

使用可能なメディアエンジンでビデオセグメントを同時に処理することで、HEVCファイルとH.264ファイルを素早く書き出すことができます(macOS Sonoma以降、およびApple M1 Max、M1 Ultra、M2 Max、M2 Ultra、またはM3 Maxを搭載したMacが必要です)。

Motion 5.7

Motion 5.7には、以下の機能強化とバグ修正が含まれています:

  • オブジェクトトラッカーの一新された機械学習モデルを使用してAppleシリコン搭載のMacコンピュータで顔やその他のオブジェクトの動きを分析すると、結果が向上するのが分かります。
  • タイトルテンプレートの背景がデフォルトで無効になるようになりました。
  • 分析をキャンセルするとFxPlugベースのプラグインで応答が停止するバグが修正されています。

Compressor 4.7

Compressor 4.7には、以下の機能強化とバグ修正が含まれています:

  • 使用可能なメディアエンジンでビデオセグメントを同時に処理することで、HEVCファイルとH.264ファイルを素早く書き出すことができます(macOS Sonoma以降、およびApple M1 Max、M1 Ultra、M2 Max、M2 Ultra、またはM3 Maxを搭載したMacが必要です)。
  • iTunes Store用のステレオスコピックパッケージを作成、構成、および構築できます。
  • Logが適用済みかどうかにかかわらず、Logエンコードされたビデオをプレビューできます。
  • コマンドラインの使用時にJSON出力とXML出力向けの対応がバッチ送信に追加されます。
  • HDRコンテンツが適切な色空間でビューアに表示されるようになりました。

Logic Pro 10.8.1

このアップデートには安定性の改善とバグ修正が含まれます。

ー 広告 ー