Appleの自社製ディスプレイ、「Apple Watch Ultra」に採用後iPhone/iPad/Macに拡大

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターのPower Onで、Appleの自社製マイクロLEDディスプレイは、2024年発売の「Apple Watch Ultra」に最初に搭載され、その後iPhoneやiPad、さらにはMacに採用が拡大されるだろうとレポートしています。

Appleは2017年よりコードネーム「T159」と呼ばれるマイクロLEDディスプレイのプロジェクトを立ち上げ、2024年末発売予定のApple Watch Ultraに最初に搭載される計画です。

このマイクロLEDディスプレイは、明るさ、色再現、視野角に優れ、ディスプレイのガラスの上に描かれたように見えるとのことです。

ガーマン氏は、最初の登場から数年後にはiPhoneに採用され、いつかはiPadやMacにも採用されるだろうと予想しています。