Apple、セルフサービス修理プログラムをMacデスクトップとディスプレイに拡大

Six Colorsが、Appleが米国と欧州で展開中のセルフサービス修理プログラムをMacデスクトップとディスプレイに拡大したと伝えています。

Self Service Repairは、電子機器修理の知識と経験のある個人ユーザを対象としたプログラムで、修理に必要な純正パーツやツールをオンラインのセルフサービス修理ストアで提供しています。

セルフサービス修理プログラムはこれまで「iPhone 12」以降とM1チップを搭載した「MacBook Air」「MacBook Pro」で利用可能でしたが、今回から新たにM1チップを搭載した「iMac」「Mac mini」と「Mac Studio」「Studio Display」でも利用できるようになっています。