Apple、2025年までにバッテリーに100%再生コバルトを使用

Apple Inc.が、2025年までにAppleが設計した全てのバッテリーに100%再生コバルトを使用すると発表しています。

さらに、2025年までにAppleデバイスの磁石に完全再生希土類元素を使用し、Appleが設計したすべてのプリント基板に100%再生スズはんだと、100%再生金メッキを使用するとのことです。

Appleは2022年に主要なリサイクル金属の使用を大幅に拡大し、現在はApple製品で使用しているすべてのアルミニウムの3分の2以上、すべての希土類の4分の3近く、すべてのタングステンの95%以上を100%再生素材から調達しているとのことです。

Appleは2030年までに製品製造による炭素排出の影響を実質ゼロにするという目標を掲げています。

ー 広告 ー