「iPhone 14 Pro」はわずかに大きいディスプレイを搭載

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏が、今年発売される「iPhone 14 Pro」はiPhone 13 Proよりもわずかに大きいディスプレイを搭載するとツイートしています。

iPhone 14のProモデルは、ディスプレイ上部の切り欠きがピル型と丸型に変更され、ベゼル幅はより狭くなるため、「iPhone 14 Pro」は6.12インチ、「iPhone 14 Pro Max」は6.69インチのディスプレイを搭載するとのことです。iPhone 13 Proは6.06インチ、iPhone 13 Pro Maxは6.68インチのディスプレイを搭載しています。

また、iPhoneのアンダースクリーンFace IDとアンダースクリーンカメラのロードマップも公開しています。

2023年:iPhone 15全モデルにピル型と丸型の切り欠きを採用
2024年:iPhone 16 ProのみにアンダースクリーンFace ID採用、カメラはパンチホール型のまま
2025年:iPhone 17全モデルにアンダースクリーンFace ID採用、カメラはパンチホール型のまま
2026年:iPhone 18 ProのみにアンダースクリーンFace IDとアンダースクリーンカメラを採用