「iPhone 12 Pro Max」、120Hz駆動ディスプレイやLiDARスキャナを搭載

これまでいくつかの正確な情報を提供しているジョン・プロッサー氏が、6.7インチディスプレイを搭載した「iPhone 12 Pro Max」のPVT(生産検証試験)モデルの設定画面とされるスクリーンショットを公開しています。

この設定画面には、画面上に表示されているコンテンツに合わせてリフレッシュレートを120Hzから60Hzに切り替える適応リフレッシュレートの設定や、ビデオやナイトモードのオートフォーカスやの被写体検出に利用するLiDARの設定が含まれており、iPhone 12 Pro Maxの生産検証試験モデルは120Hz駆動対応のディスプレイやLiDARスキャナを搭載しているようです。

また、EverythingAppleProが、iPhone 12 Pro Maxの生産検証試験モデルの写真を公開しています。画面上部のノッチのサイズに変更はないようです。