ローランド、最大4台のスマホカメラを切り替えながらiPadでライブ配信できる「AeroCaster」発表

ローランド株式会社が、複数のスマートフォンのカメラ映像をワイヤレス転送してライブ配信を行える「AeroCaster」を発表しています。

AeroCasterは、iPad向けライブ配信アプリ「AeroCaster LIVE」、iOS/Android向けカメラアプリ「AeroCaster Camera」と、スイッチャーとオーディオインターフェースを兼ね備えたコントローラ「VRC-01」で構成されたライブ配信システムです。

iPad本体のカメラと、最大4台までのスマートフォンのカメラの映像を切り替えて配信することが可能で、iPadからスマートフォンのカメラをコントロールすることもできます。さらに、Chromeを使うことでパソコン画面のワイヤレス入力も可能です。

VRC-01コントローラーは、オーディオミキサーや音声エフェクトを搭載し、2系統のXLRマイク入力、3.5mmステレオライン入力、ヘッドフォン出力、モニター出力を備えています。

価格はオープンで、3月下旬に発売予定です。