「iPhone 14」は48メガピクセルカメラ、「iPhone 15」はペリスコープレンズを搭載

9to5Macは、「iPhone 14」は48メガピクセルのカメラレンズを搭載し、「iPhone 15」はペリスコープ構造の望遠レンズを搭載するようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は、2022年後半に発売されるiPhoneは48メガピクセルレンズ、2023年後半に発売されるiPhoneはペリスコープレンズを搭載するだろうと予想しています。

iPhone 14シリーズは、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Maxと、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxの4機種展開で、Proにはホールパンチディスプレイと48MPの広角カメラが採用されると見られています。

iPhone 15シリーズについては、少なくとも1つの上位機種がディスプレイに埋め込んだ指紋スキャナーや、ペリスコープレンズ、ノッチや穴のないフルスクリーンディスプレイを搭載すると予想されています。